【アイブロウ・アイライン・リップ】黒田啓蔵流の「ひと手間」ぼかしテクでこなれ顔に変身!

メイクアップ

アイラインなら、中間色を間に挟むのがポイント。「MAQUIA」2月号から、”メイクをしている感”を与えない仕上がりになる、ぼかしのテクニックを伝授。

Image title

絶世の美女を作るメイクに、
この「ひと手間」あり。

これぞ、黒田啓蔵流
”ぼかし”にこそ美は宿る

どんな女性をも品格溢れる佇まいへと導く、ヘア&メイクアップアーティストの黒田さん。でも決して“メイクをしている感”を与えない仕上がりは、なじませるための“ぼかし”がカギに。

Image title

ヘア&メイクアップアーティスト
黒田啓蔵さん

今までヘアメイクをしてきた人数は数知れず、幅広い年齢層を美女へと変身させてきた美の魔法使い。独自のテクニックも常に話題。

Image title

黒田流
ぼかしテク大解剖

前ページの仕上がりをパーツごとにレクチャー。リアルに黒田さん愛用品で作るぼかしテク=なじませワザをマスターすれば、新しいキレイが花開く!


パウダーを使えば、
こんなに簡単

アイブロウ
ペンシルで眉の骨格を整え、パウダーで全体のトーンを揃えるのが黒田流。最後にぼかさずともこの仕上がり!

Image title

Image title

USE IT

1 黒田さん絶賛のアイブロウ。ヴィセ リシェ ソフト&スリム アイブロウ ペンシル BR304、2 同 BR300 各¥800(編集部調べ)/コーセー 3 マキアージュ アイブロースタイリング 3D( レフィル) 60 ¥1800、同 ケース ¥700(編集部調べ)/資生堂

Image title

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

まず最初に毛流れを調整
スクリューブラシで、眉山は上向きに、中間から眉尻は斜め上にとかし上げる。

アウトラインを調整する
まず眉頭から。足りない部分に軽くスッスッと描き足して眉毛の形を整えて。

眉山から眉尻を濃く
この部分を濃くすることで骨格が立ち、顔全体に立体感が宿る黒田流の隠しワザ。

POINT
中間からパウダーを重ねる
3の左2色を混ぜて、眉中間から眉尻、その他全体へのせる。眉頭付近は淡めに。

眉の印象が際立つひと手間
手持ちのクリームファンデーションを眉尻下にのせて明るく整えると、印象的に。

Image title

RECENT POST

記事一覧へ

UPDOWN