「MAQUIA」11月号では、日本の美の請負人、河北裕介さんにインタビュー。美しい女性に共通することは? 大人の女性がメイクで大切にすべきことって? etc. ……大人のキレイの本質についてQ&A形式でお届けします。

Image title


Image title

YUSUKE KAWAKITA
ヘア&メイクアップアーティスト。鋭い観察眼でその人の美しさを瞬時に見抜き、ミニマムなメイクで最大限に魅力を表現。マキア読者が選ぶ好きなメイクでも、常に上位にランクイン。


Q 大人のキレイの正解って?
A TPOをふまえていること

「いつ、どこで、誰に会うかを考えてメイクすることこそが大人の嗜み。結婚式にスッピン風メイクで行くのはNGだし、会社にアイラインをガッツリ効かせたメイクは不似合いでしょ。できるならば、シーンと同時に肌にあたる光までを想像しながらメイクするといいよね」


Q 美しい女性に共通することは?
A プロデュース力

「自分を知っていて、印象を自在にコントロールできるセルフプロデュース力は、大人の女性にこそ必要なもの。そのためには、洋服を着替えてからメイクすること。大きな鏡の前で全身を引いて見つつ、シチュエーションに合った“なりたい自分”にメイクで近づけていって」


Q 自信が持てない時はどうすればいい?
人とちょっと違ったメイクをしてみればいい

「自信がないのは、自分のポテンシャルを信じきれずに人と比べてしまっている証拠。そんな時は、メイクで冒険するのがいいと思う。みんなと一緒、いつもと一緒は安心するけど、違いを楽しむ余裕こそが表情を輝かせ、自信をつけてくれる。今季なら、グレーのアイシャドウやくすみっぽい赤リップがおすすめ」

Image title

「いつものベージュやブラウンシャドウの上から、二重幅にだけBのグレーを効かせてみて。すると、怖い顔にならずになじんで、失敗がない。リップCは直塗りして、輪郭を指で少しぼかしてラフに」。

Image title

使用アイテム

ハイピグメント ロングウェアアイライナー 8191¥3000/NARS JAPAN トーン タッチ アイズ 15 ¥3700/SUQQU ルージュ ディオール ウルトラ リキッド 989¥4200/パルファン・クリスチャン・ディオール D「チークはあくまでも気配でいい」。ピュア カラー ブラッシュ 11¥5500/SUQQU


Q 年齢を重ねることが怖いんです
A 自分目線で、幸せについて考えてみて

「気持ちはよくわかります。でも避けられないことだから、他人の目を気にするんじゃなく、自分がどんな風に年齢を重ねていきたいかに視点をシフトすべき。積み重ねていく経験は人生に深みを出してくれるし、流れゆく時間を目一杯に楽しんでいる人は魅力的だよね。絶対」


Q 大人の女性がメイクで大切にすべきことって?
A やっぱり眉

「リップやアイメイクよりも顔の印象を左右して、意志を醸し出すパーツが眉。アンダーラインをまっすぐフラットに描くだけで、甘さがいい感じに消えて、顔に知性が宿ってくる。それから、まつ毛を上げすぎないこと、チークを主張させないことも大人には効く」

Image title

「薄すぎず濃すぎない絶妙な発色のリキッドとパウダーだから、顔が一気にあか抜ける。色持ちも最強」。&be リキッドアイブロウ ダークブラウン ¥1400/Clue



MAQUIA11月号

ヘア&メイク&出演/河北裕介 撮影/中村和孝〈まきうらオフィス〉 橋口恵佑(物) スタイリスト/杉本学子〈WHITNEY〉 モデル/加冶ひとみ 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 企画/火箱奈央(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

\アスタリフト版のご購入はこちら/


\アベンヌ版のご購入はこちら/

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share