女優・山本舞香さんが体験! 『Tokyo Beauty Spot』で美をアップデート【紅ミュージアム編 vol.2】

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_1

先週に引き続き、『紅ミュージアム』にて、江戸時代から現代の日本の化粧の歴史について展示物を見ながら、当時にタイムスリップ!

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_2

「常設展示室2」のブースでは、江戸時代を中心に古来からの化粧習慣と道具などについてや、明治時代~昭和時代中期の現代風に変化していく口紅や化粧水、白粉について学ぶことができます。

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_3

江戸時代では、赤(口紅や頬紅など)、白(白粉)、黒(眉墨やお歯黒)の3色が化粧には用いられていたよう。


『今では数え切れないほど、さまざまなカラーコスメがありますが、江戸時代は3色だったんですね。その3色を駆使して、それぞれの濃度を変えてみたり、塗り方を工夫してみたり、と追求したからこそ、現代の多種多様なコスメができたのかな!? 』(舞香さん)

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_4

『先ほど唇に点した紅が、ガラス越しでもとてもキレイ! 時間が経つと少しずつ色や質感のニュアンスも変わってくるので、現代のリップとは違った楽しみ方ができますね』(舞香さん)

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_5

近代の口紅と頬紅の変遷についてや、伊勢半以外の他ブランドの歴史や発展を当時の化粧品や看板などから辿ることができます。

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_6

『昔のパッケージってすごく古くさいイメージがありましたが、実際に見ると、レトロで可愛いし、むしろ今よりもデザインが豊富にあって洒落が利いてるような気がします。限定で復刻デザイン作ってほしいな~』(舞香さん)

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_7

リップスティック型の口紅が国産化されるようになったのは大正時代に入ってから。それまでのお猪口型がスティック状になり、紅を底から突き出す「押し上げ式」から、容器についている突起を押し上げて紅を出す「押し出し式」を経て、現在主流の「繰り出し式」になったとか。


『当時の口紅は今の半分くらいのサイズ。今ではリップを繰り出せば当たり前のように出てきますが、こうなるまでにいろいろな技術の進歩があったのですね。どのパッケージも雰囲気があって可愛い♡ 看板やポスターを見ると、最近デビューしたと思っていたブランドが、実は何十年も前から存在していたなど、紅だけでなく、化粧の歴史について知識を深めることができ、とても勉強になりました』(舞香さん)



次週1月23日公開の女優・山本舞香さんが体験!『Tokyo Beauty Spot』で美をアップデート【フィットネス スタジオ ヴィーライズ編 vol.1】もお楽しみに。

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_8

【紅ミュージアム】
営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週日・月曜日、7月7日の創立記念日、年末年始
入館料:無料(※但し、企画展は展示により有料)
住所:東京都港区南青山6-6-20 K’s南青山ビル1F
TEL:03-5467-3735

今も昔もメイクは楽しい! 山本舞香さんが『紅ミュージアム』で化粧の歩みについて学んできました
_9

山本舞香

女優

山本舞香

1997年生まれ。鳥取県出身。女優。現在は映画やドラマ、CMなどマルチに活躍中。主な出演作にドラマ『死にたい夜にかぎって』(MBS/TBS)、ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ)、ドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京)、映画『今日から俺は!!劇場版』、映画『とんかつDJアゲ太郎』がある。TBS『王様のブランチ』にもレギュラー出演中。日本テレビSPドラマ『アプリで恋する20の条件』が現在Huluで配信中。1月20日には映画『今日から俺は!!劇場版』DVD&Blu-rayが発売予定。

ニット ¥46000(アンディーキー)、スカート ¥13000(コージーコープ)/エスティーム プレス ピアス ¥26000、リング ¥27000/ジェムプロジェクター(バージュエリー)


撮影/中野与志夫 ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/山本舞香 構成・文/佐藤 梓 企画/中島和美(MAQUIA ONLINE)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年2月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。4月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share