女優・山本舞香さんが体験! 『Tokyo Beauty Spot』で美をアップデート【紅ミュージアム編 vol.1】

江戸時代から続く最後の紅屋『伊勢半本店』が運営する資料館『紅ミュージアム』は、文政八年(1825年)の創業時から今日まで受け継いできた紅づくりの技と、化粧の歴史や文化を学ぶことができる唯一のスポット。日頃から化粧の歴史に関心を持っていた舞香さんが、化粧について、紅についての造詣を深めるため訪れました。

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_1

『今では当たり前のようにルージュやリップスティックと呼んでいますが、日本語だと“口紅”。日本古来では紅花の花びらを原料にして口紅は作られていたんですね。黄色い花びらが赤色になるって不思議!』(舞香さん)

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_2

水を含ませた筆で玉虫色に輝いているお猪口内の紅を溶くと、鮮やかな赤色に変化。唇はもちろん、アイメイクやチーク、マニキュアのほか、耳たぶにも点して高揚感を演出するなど、さまざまなパーツに点すことができる。

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_3

『はじめは色のついた水を塗っているようで、ちゃんと色がつくのかな? と思いましたが、時間が経つと少しずつ発色がしっかりしてきて、内側からじゅわっと発光しているような仕上がりに。角度によっては玉虫色の輝きを感じることもできます。内側が濃くなるように何度か重ねて、外側は軽めに重ねたグラデーション塗りは、まさに今っぽい! アイテムは違えども、塗り方は今も昔も変わらず、トレンドがまわるってこういうことなんだなと実感しました』(舞香さん)

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_4

「コミュニケーションルーム」では、実際に紅を手に取って体験することが可能。普段とは異なるツールでのメイクは新鮮かつ、おしとやかな表情や気分になれると話題に。

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_5

日本で昔ながらの紅を江戸時代から作り続けているのは『伊勢半本店』のみ。「常設展示室1」のブースでは、紅花の生産や流通、紅屋の商い、紅づくりの様子、紅にまつわる習俗を模型や動画、関連資料などで分かりやすく展示してあります。

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_6

『創業当時の紅屋伊勢半の復元模型を見ていると、今も昔も変わらない伊勢半さんの“人を美しくさせたい!”っていう熱い気持ちが伝わってきます。こういうミニチュアの模型ってずっと見ていても飽きないですね』(舞香さん)

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_7

『ひとつの紅花から採取できる赤色色素の量はわずか1%! 約1000個分の紅花からお猪口1個分の量しか取れないとは! とっても貴重なんですね』(舞香さん)


江戸時代ではとても高価な代物で、お猪口ひとつ分の紅の量で、今の価値に換算すると60000~70000円。下唇に紅をたっぷり塗って玉虫色に輝かせる笹紅というメイクは、1回の化粧に20000~30000円分の紅を使っていたそうで、歌舞伎役者や売れっ子の芸者さんなど、ステイタスのある特定の人を中心に大流行。一般庶民からすると憧れのアイテムだったとか。



次週1月16日公開の【紅ミュージアム編 vol.2】では、時代とともに変わりゆく化粧の歩みについてご紹介します。

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_8

【紅ミュージアム】
営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週日・月曜日、7月7日の創立記念日、年末年始
入館料:無料(※但し、企画展は展示により有料)
住所:東京都港区南青山6-6-20 K’s南青山ビル1F
TEL:03-5467-3735

はんなり美人に変身! 日本古来の“赤”の化粧品『紅』で山本舞香さんが、いつもよりも大人っぽい表情に
_9

山本舞香

女優

山本舞香

1997年生まれ。鳥取県出身。女優。現在は映画やドラマ、CMなどマルチに活躍中。主な出演作にドラマ『死にたい夜にかぎって』(MBS/TBS)、ドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京)、映画『今日から俺は!!劇場版』、映画『とんかつDJアゲ太郎』がある。TBS『王様のブランチ』にもレギュラー出演中。日本テレビ新春SPドラマ「アプリで恋する20の条件」が2021年1月10日(日)22:30~OA予定。(※2021年1月7日(木)18:00~Huluで先行配信、地上波放送終了後からHuluオリジナルストーリー「アプリの向こう側編」を独占配信予定。)

ニット ¥46000(アンディーキー)、スカート ¥13000(コージーコープ)/エスティーム プレス ピアス ¥26000、リング ¥27000/ジェムプロジェクター(バージュエリー)


撮影/中野与志夫 ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/滝沢真奈 モデル/山本舞香 構成・文/佐藤 梓 企画/中島和美(MAQUIA ONLINE)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

1997年生まれ。鳥取県出身。女優。現在は映画やドラマ、CMなどマルチに活躍中。主な出演作にドラマ『死にたい夜にかぎって』(MBS/TBS)、ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ)、ドラマ『コタローは1人暮らし』(テレビ朝日)、ドラマ「嘘から始まる恋」(日本テレビ)、映画『今日から俺は!!劇場版』、映画『とんかつDJアゲ太郎』がある。テレビ朝日系ドラマスペシャル「警視庁ひきこもり係」が8月5日(木)20:00〜とWOWOW連続ドラマW宮部みゆき「ソロモンの偽証」が2021年10月3日(日)22:00~の放送が控えている。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share