最近メイクについて相談されることで多いのが崩れについてです。

時間がたつと崩れてしまって目の周りがパンダに、

目の下にアイシャドウがついてまるでクマのように、などです。

 

特に濃い色のアイシャドウやウォータープルーフでない時にはそんな悩みも出てきがち。

私がそれを防ぐためにやっている簡単なことをご紹介します。


Image title


 

①ベースメイク(ファンデーションやBBクリーム)の後、

目の上、まぶたのあたりはきちんとティッシュオフ!

油分が残っていたりすると崩れの原因になります。

これはメイクさんに教えてもらったのですが、意外とやっていないのでは?

 

②きちんとプライマーを使う!

私は以前エキスパートのギちゃんに教えてもらってから

なるべく使うようにしていたのですが、昔はアイシャドウの色を

しっかり出したいと思って使っていました。

最近ではそれに加えて、アイメイク崩れを防ぐものを使っています。

 

③時間があるときには目の上をクールダウンしてから!

保冷剤でもいいし私は、こんなゴーグルタイプを使っています。

冷蔵庫に入れておきますが、冬は少し寒いですが

引き締め効果もあるので朝しゃきっとします。



Image title


 

 

簡単すぎるんです(笑)。

でも朝忙しいとなかなか習慣になっていないとしないもの。

ぜひTRYしてみてください。


さて、②について使っているアイテムをご紹介します。


次へ⇒⇒⇒


 

ADDICTION

『アディクション アイシャドウ プライマー』

お誕生日に美セレブyu-kaちゃんから頂いたもの❤︎


Image title

 

このようにスティックタイプになっていて塗りやすい。


Image title


色はマットになるのでアイシャドウの発色がキレイになるのと、

接着力があるのでアイシャドウのモチもよくなります。



 

cle de peau BEAUTE

『クレド・ポーボーテオンブルクレームソロ』 306(シマー)

お誕生日にエキスパートmacleちゃんから頂いたもの♥


Image title

 

落ち着いたグレーとブルーの間のような色合いで、

オトナ感を演出できる1カラーのクリームタイプのシャドウ。


Image title


手で使うとツヤ感が出ますが、一緒に入っているチップが

太と細の両方あって、それを使ってもきれいに描けます。


 

この2つで実験をしてみると・・・


Image title


上はプライマーなし、下はプライマーの後にシャドウを使っています。

色の出方が明らかに違うのと共に、綿棒でなぞってみると

上の方が落ちやすいことがわかります。


Image title

 

左右の目でも試してみましたが、

左はプライマーあり、右はなしですが明らかな違い!

発色にこれだけ大きな違いがありますが、

時間がたっても落ちないのはプライマーありのほうです。


 

アイテムを追加するもよし、意外とやってないことをひと手間加えるもよし。

夕方にパンダやクマにならないのはとっても簡単に解決できます!

 

 

MAQUIA2020年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share