マキア公式ブロガーのMisatoです。

こんばんは☆


先日、受けてみたいな・・と思っていたメイクレッスンを受けて参りました!
Image title

現在私が住んでいる徳島で起業され、今や沖縄・福岡・大阪・東京と幅広くメイクレッスン等で活躍されているのりぴ先生(ブログはコチラ⇒)によるメイクレッスン。

先生にOKをいただき、写真やら動画やら色々撮らせていただいたのでじっくりレポさせてください♪


徳島には先生のサロンがあるので、カウンセリング後にベッドでクレンジング&マッサージを受けることが出来ます。

マッサージ後の肌がふかふかのやわ肌でびっくり。

角質ケアとしっかり保湿で更に透明感もアップ。

これから行うメイクのノリも持ちも断然良くなります。
Image title

そして、いよいよメイクレッスン。

カウンセリング時に、私は”カラーTシャツに合うメイク”をお願いしていました。

今や毎年夏になるとファッション誌に取り上げられる”ユニクロユー”のTシャツ。

今までホワイトばかり購入していたのですが・・今年は思い切ってカラーTシャツを購入。

(写真のグリーンとマスタードイエローを購入。)

でも・・つい着るのを躊躇う・・。

何故か?

カラーのインパクトが強くてそれに似合うメイクが分からなかったから!

という訳で、ユニクロユーのカラーTシャツが”高見え”する洗練されたメイクをお願いしました。


コンセプトは"マットブラウンのアイメイクをポイントにした夏の洗練カジュアルメイク"に。

ベースメイクは立体感と透明感のあるツヤ肌。

それに合わせたアイメイクはマットなブラウンアイシャドウ。

そこに同じくマットなピンクベージュを合わせた上品なメイク。

ですが、そこに赤いアイライナーでアクセントと遊び心を。


先生にパパッと組み立てていただき、実際にどんなメイクになるかワクワク。

期待が高まります♡
Image title

【ベースメイク編】

ベースメイクはまず半顔を仕上げていただきます。

ちなみに、使用アイテムは写真左から、

♥RMK メイクアップベース

♥RMK コントロールカラー04

♥RMK リクイドファンデーション101

♥NOEVIR コンシーラー

♥THREE アルティメイトダイアフェネスパウダー(グロー)01

先生はRMKでBAをされていた経験をお持ちなので、RMK率が高め。

その他THREEやトムフォード ビューティー、シャネル等、トレンドを押さえたデパコスを使ってメイクレッスンをされています。

なので、ありがちな”コスメカウンターで(一つのブランドで)フルメイクをして貰う”→”何か買わなきゃ・・。”なんて思うことなく、ブランドの垣根を越えた”今の自分”にフィットするメイクが習えるんです。

しかも、メイクレッスンなのでコスメを購入することもナシ。


動画の出だしが変な顔しておりますが(笑)・・撮ってみたので載せてみます。

(実際はメイクのコツ等を教えていただきながら進めていますが、リアルに”へぇ~”とか私の声も入っているので、音声はオフにしてあります。)




Image title

ベースメイク前に比べてベースメイク完了の方がグッと顔がリフトアップしているのが分かりませんか?

クマやくすみも取れてムラの無い、透明感のある肌に。

先生のテクニックでハイライターをプラスしていないのに程良いツヤ肌が生まれます。


アイメイクやリップメイクは次ページにて》》》

アイメイクはブラウン(シャネル レ キャトル オンブル308)を丁寧にブラシで入れていきます。

目が大きい人はノーズシャドウを入れない方が良い等、その人に合ったメイクアドバイスを受けられるのが嬉しいポイント。

また、一言で”Tシャツに合うメイク”と言っても靴がヒールなのかスニーカーなのかでも仕上げ方が違ったり・・メイクは奥が深い。

まつ毛は根元からくるんとカールさせるのではなく、Jカールをイメージ。

大人の洗練された眼差しに。

Image title

目尻にアイライナー(RMK インジーニアスリクイドアイライナーEX04)を入れて。


リップメイク(シャネル ルージュアリュール ヴェルヴェット102)はぼやけないようにしっかりとブラシで。


いよいよ仕上げ&世界に一つだけのメイクレシピの完成!次ページにて》》》

チーク(THREE チーキーシークブラッシュ13)をサラッと乗せて、一番最後は白いケープを取って実際の洋服とのバランスを見て仕上げます。

自分ではなかなか思い付かなかったメイクと仕上がりに大満足。

そして・・、ここからがのりぴ先生の真骨頂。

”世界に一つだけの私のメイクレシピ”を作成していただけるんです。

使ったアイテム等を記入した詳しいレシピはデータでいただけるのですが、その場でポイントを記入したレシピカードをいただくことが出来ます。


そのカード作成シーンを撮影。

さらさら~っと描き上げてくださるのですが、

”自分のための”

”リアルに使える”

メイクレシピと思うと凄く気分が上がりますよね。

メイクはシチュエーションやファッションによって合わせる必要がある。

そう思わせてくれるメイクレッスン。

となると、季節毎にメイクも変わる。

なので次のシーズンも受けたみたい・・!となる訳です♡

Image title

自分と向き合う大切な90分。

またレッスンを受けてみたいです♡


Instagram⇒

Image title

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share