清潔さ。を考えて、
こまめにメイクブラシを洗っていると
どんどん進むのが

ブラシの毛ガビガビ問題。


メイクブラシに使われてる毛は
言ってしまえばすでに


“抜け落ちてしまった毛”


なわけで、使用頻度&洗う頻度が
多くなればなるほど
パサパサになり、固くなり


購入した頃の
あの柔らかさはいずこへ、、、
状態になるわけじゃないですか。


*物である以上、必ず寿命はあるので、
毛が固くなり、メイクがノリにくくなった
ものは買い替えましょう。


メイクブラシ用のクリーナーって
100均でも売られるようになってさ、
柔軟剤入りもあれば、洗濯用洗剤で洗うとか
いろんな情報がありますが、


落ちが悪い物でも何度も洗ってれば
いつかは落ちるし、
脱脂力が強ければ、ブラシは固く
なりやすいけど汚れ落ちは良いはずで。


言ってしまえばどれを使っても
落ちるには落ちるんですよ


ただ安いものは安いなりの理由があるぞ
というのが私の意見ですけどw


物である以上、寿命はありますが、
とはいえ、せっかく購入したメイクブラシ
適当に洗うんじゃなくて、
大事に、なるべく長く使ってあげたいな
とは思うじゃないですか。


でね。


最近購入して、個人的に
『これは!!!』
と思ったのがBISOUの石鹸。

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_1

BISOU ビズゥ
コールドプロセス石鹸
2,200円(税込)
公式サイトはコチラ

スペイン産の有機オリーブオイル、
西アフリカ産の有機シアバター、
東南アジア産の有機ヤシオイルなど
厳選された植物オイルを使用して
丁寧に作られた弱アルカリ性の固形石鹸。

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_2


油分が多いからこその汚れ落ちも抜群!
でも潤いを残して洗い上げることが可能でさ
パフォーマンスめっちゃ高!
な石鹸なんですよ。


元は洗顔石鹸として作られた
アイテムですが、清潔さと潤いを
同時に実現させることにより、
メイクブラシも優しくしっかり洗える
仕組みなんですね。


石鹸をある程度濡らしてから
使用するんだけど、


そこまで泡立ちとかはなく、

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_3

モコモコ泡で落とすというよりも
油分で浮かせる。
といったイメージ。


保湿感のある美容液で洗ってるみたいな
ヌルん。って感じの肌触りが
いつまでも洗っていたくなるような
気持ちよさです。


落としにくいリキッドファンデや
クリーム系のコスメを使った
ブラシの汚れもスルッと簡単オフ。

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_4


石鹸の上を円を描くように
クルクルしていくうちに
いつの間にか落ちてます。

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_5

石鹸の作り方って、昔ながらの
釜焚きとか中和とかいろいろありますが、
ビズゥの石鹸で採用されている
“コールドプロセス”の方法は
超簡単に言うと、


油脂に水酸化ナトリウムを
加えて混ぜ混ぜ。



釜焚きのように加熱することなく
混ぜることによって起こる反応熱だけで
石鹸化しよう!という作り方。


熱を加える作り方に比べて、
油脂に含まれる天然のグリセリンとか
熱に弱いアミノ酸とかビタミン類を
壊すことなく閉じ込めることができて
しっとり滑らかな洗い心地を
実現することができるんですね。


未反応の水酸化ナトリウムが
石鹸内に残らないよう、しっかりした
温度管理や熟成乾燥期間を十分に
取る必要があり、完成までに1ヶ月以上を
必要とする、とても手の込んだ石鹸に
なっているのです。


というかですよ?


まじでブラシの洗い上がりが

ふわぁっ♡

で超しっとり。


ビズゥの石鹸で洗ったものと
今まで使用してた洗浄料で洗った
ブラシを比べると
(*同じブラシを2回洗いました)

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_6

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_7

え。めっちゃ違う!!


以前の洗浄料もふわっとはしますが、
“まとまり”はビズゥの石鹸のがあるような。


もはや想像に容易いと思いますが
肌あたりも本当に滑らかになるの!

これはすごい。


以前までは洗浄料を使ってブラシを
洗っていると、ちょっと手がカサカサに
なりやすいなと感じていたのですが、、、


ブラシを大量に洗った後の手も
なんだかしっとり。


元々は洗顔石鹸なこともあり、
ウォータープルーフタイプは
ちょっと厳しいですが、
石鹸を濡らし肌をクルクルと
滑らせれば、メイクオフも可能です。


そして洗い上がりはさっぱりなのに
つっぱらない!というね。


最高に好き。


ビズゥを主宰されてるメイクアップ
アーティストのyUKIさんは、
名品すぎるメイクブラシも多数企画を
されていて、


だからこその洗顔もメイクブラシも
しっとり洗える石鹸というのが
作れるんでしょうね〜♡


さすがです。



最後にメイクブラシを洗う頻度について
少しだけ。。。


よくよく耳にするのが


『メイクブラシを洗う頻度って
どのくらいが正解ですか?』


という話。

これ聞かれる度に実はものすごく
考えてて。ぶっちゃけ、


なんて答えるのが正解なんだろう?


って思ってました。






…うーん。


例えばですよ?


毎日身につけてる靴下って
どのくらいの頻度で洗うのが正解ですか?
って聞かれたとして、


みなさんなら、どう答えますか?


私だったら毎日って言いたくなるし、
例えその靴下を10分しか履いていなかった
としても、そのままクローゼットに戻すのは
雑菌繁殖しそうでちょっと抵抗があるかなと。
私ならおそらく洗濯機行きにします。


でもその靴下を履いていた状況を
私は知らないわけで
(もしかしたらアルコールで消毒しまくって、
スーパー無菌室で履いてたかもしれないし笑
まぁ、そんな状況はほぼないと思いますが。)



汚れに対する感覚も人それぞれあるしさ
私が一言で汚い!とは言えないわけ



ただ、顔も足も同じように自分の一部で
同じように汗や皮脂が出ます。
(なんなら皮脂は顔の方が出るはずだし。)



私なりの結論言ってしまえば
毎日洗った方が良いに決まってるの。



ブラシだって、コスメがぐっちゃぐちゃに
ついてるものよりも、
綺麗な状態のものを使った方が
メイクの仕上がりだって変わるはず。


とはいえ、こういった“洗う”作業って
めんどくさいからこそ、
おそらく誰かに強制されても
習慣化することってできないもんだしさ。


クローゼットに戻すことが罪
とは言いません。


汚いと思えば洗えば良いし、
汚くないと思えば洗わなくて良い
コスメが付きまくってても、そのブラシで
ちゃんとメイクが仕上がってるなら
好きにしたらいいんじゃないか。。。?
と最近思ってます。


ただ、1つだけ言えるのは
顔だから綺麗、足だから汚い。
ということにはならないのでは。。。
っていう話で。


“毎日洗う”ができないなら
せめて“こまめに洗う”
を念頭に置いておくと良いかな
と思います。


なんかただのボヤきみたいになってしまったw



本日も長々と書いてしまいましたが、
メイクブラシを大事に長く使いたいなら!

BISOUコールドプロセス石鹸

激推しです。


それでは今日はここまで!
また来週金曜も夜10時にお会いしましょ♡

【メイクブラシ洗い方&洗う頻度】毛がふんわり仕上がるオススメBISOUコールドプロセス石鹸_8

MAQUIA エキスパート

Ayako

7年目/乾燥肌

クリーンビューティ・コスメ研究家

フェムテックやパーツ美容の知識を活かして、オリジナル化粧品の開発・プロデュースに携わるなどコスメプランナーとしても活躍中。

share