“今日は2月の平均気温”とか

“今朝は今年一番の冷え込み”とかさ

毎日聞いてる気がするんだよね。


ここで私は声を大にして言いたい。

そんな簡単に今年一番の冷え込みを

更新するんじゃないよ。


というのも、わたし自転車通勤なんですよ。

真冬は耳あてしてムートンのミトンして

ヒートテック着てニット着てマフラーして

ダウン着こんで、マスクして(鼻水が流れるから)

マッハでチャリこいでるの。

(会社に遅刻しそうだから。)


それはもうね。

暴走するダルマのよう。


いや、ムッチムチに着込んでるかんじは

どちらかというとタイヤマンかもしれない。


あやこがだるまという話については

掘り下げるととても面白そうですが

ブログの内容からは外れるので

本題に戻します。


ようは何が言いたいかというと

基本、冷え症なんですよ。


自転車のくだりは、ちょっと

話したかっただけなんですけど。

自転車に乗ってなくてもよく冷えてる。

寝る前だってさー、

“あやことうとう死んだか?”

と思うくらい自分の体の冷たさに驚愕する。


みなさん分かりますよね涙??


そんなんで、寒い寒い言ってたら

あやこママが“腹巻しなさいよ”ってなり、

今月号のマキアでも美容家さんたちが

ひたすらあったかインナー推しだったので

Image title

Image title


いろいろチェックしてみる

買う&試すを繰り返す

お気に入りに出会う

びびる程良かったので即リピし、

現在のブログを書くに至ったわけです。


はい、これー。

Image title

Image title


Suppor+(サポータス)

めぐりサポート腹巻

A.A.TH®

9,504円(税込み)

詳しいサイトはコチラ


あやこはamazonプライム会員なので

アマゾンを推しだけど。


ぶっちゃけると、腹巻にしては少しお高め。

去年とかは4~5千円くらいの

シルクの腹巻をしていたので、それより

少し価格は上がってしまったのですが、、、


個人的に暖かさと使いまわしやすさは

格段にこちらの方が上!!!

しかも縫い目がなくて超着やすい。

Image title


A.A.THという体の代謝をアップすることを

目的とした、次世代繊維が織り込まれ、

体内のめぐりを整えてくれるんだとか。


つけているだけで、

・肌の調子がよくなったり

・コリや便秘の解消。

・ムクミが消えやすくなることで

・サイズダウンの効果がでることも!

めっちゃスゴイじゃん!!


続いて感動の使い方をレポ♥⇒

特にイチオシしたいのは着丈の長さ。

通常の腹巻は“お腹のみ”を覆うのに対し、

こちらはお尻まで隠れるほどの長さ

(ちなみに私の身長は151センチ)

Image title

(ボディコンのようになってしまいましたがw)

真冬に着たくても、寒さでなかなか着れない

ワンピースの下にも仕込みやすいの♥


半分に折ることで通常の腹巻としても使えるし、

Image title

(パンツにインしてもモコモコしない)


長さを調節して、ベアトップインナー

ようにも使えたりして!!

Image title


締め付け感はほぼないのに、キチンと

体にフィットし、ズレにくいのも

嬉しいポイントなのです。


今までは、腹巻+ホッカイロの組み合わせで

使うことが多かったのですが、

お腹周りを集中的にサポート出来ることで

現在はホッカイロなしで使用しております。


こちらの腹巻、お腹まわりに使う

以外でもオススメしたいのが


ネックウォーマー♥

Image title


冬の時期って、寝るときはしっかり

布団をかけているんだけど、就寝中に

寝がえりをうったり、動いたりして

しまうことで、起床時に首元が寒いなーと

感じることってないですか??

(気づけば喉が痛いみたいな。)


これが風邪ひく原因だとは分かっては

いるものの、寝てるからどうにも

こうにも防ぎようがない。


横に布団を剥いだら掛けなおして

くれる人でもいたらいいんですけどね!!

そうもいかないのでね。。。

こちらがあると安心だねっていうわけ。


首回りの使用には、かなり

ゆったりとした設計になっているので、

気持ち悪さがなくいいですよ~。


みなさんもぜひためしてみてね!!


それでは今日はここまで!!


ばいばーい!

Image title


Ayako

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share