「今までは自分のためだけにしか生きてこなかったから」という伊藤千晃さん。
Image title

ママになって大きな心境の変化が

母になったことで生活はもちろん、心境にも大きな変化があった様子。子育ての大変さから母としての気負い、さらに、ママとしての今後の目標をうかがいました。

「ママとしての自分は60点。まだまだです」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part4_1_1

Q 子育ては大変ですか?
A 大変なことは、睡眠時間が減ったことかな。寝るのが大好きだから、3時間おきに授乳しなきゃいけないのはやっぱり辛いです。
それでもミルクを一生懸命飲む姿や笑顔を見ていると、そんな気持ちが一気に吹き飛んで可愛いな、幸せだなっていう気持ちで満たされます。可愛くて可愛くてもう、毎日胸が苦しいレベルです(笑)。日々、子供の成長を実感できて、仕草も表情もどんどん豊かになっていくから、大変さより喜びのほうが何倍も大きいです。

「ママとしての自分は60点。まだまだです」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part4_1_2

Q ママになって心境の変化は?
A 多くのことがガラッと変わった感があるけれど、家族への関わり方は以前とは全然違う気がします。こういう気持ちで母も私を育ててくれたんだなって思うと、言葉にできないほど感謝の気持ちがこみ上げてくるし、そんな母が私の子育てに協力してくれる姿を見ると心強い。家族っていいな〜って心から思う。
二人の姉もいつも私達を心配し、見守ってくれています。姉達もママなので、分からないことや困ったことを相談しやすいし、私の周りには心強い先輩がたくさんいてありがたい(笑)。

「ママとしての自分は60点。まだまだです」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part4_1_3

Q 今の自分に点数をつけるとしたら?
A 60点。まだまだです。毎日絵本を読んであげたいと思っているけど思うようにできていないし、ベビースイミングの下調べも予定より遅れてる……。
他にも子供のためにあれもこれもしてみたいことがあるんですけど、なかなか思うように進まなくてもどかしいです。ひとつひとつクリアして、できるだけ多くのことを子供に与えてあげられたらいいなと思っています。

「ママとしての自分は60点。まだまだです」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part4_1_4
「ママとしての自分は60点。まだまだです」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part4_1_5
「ママとしての自分は60点。まだまだです」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part4_1_6

リング ¥75,000/エナソルーナ(エナソルーナ 神宮前本店)
撮影/押尾健太郎  モデル/伊藤千晃 ヘア&メイク/岡田いずみ(KiKi inc.) スタイリスト/有本祐輔(7回の裏) 取材・文/通山奈津子


「伊藤千晃のBijyo Diary」ブログ一覧はこちら>>

モデル・アーティスト

伊藤千晃

1987年1月10日生まれ。愛知県出身。2018年9月にソロとしてアーティスト活動を本格始動。 2019年11月には1stアルバム「Be」をリリース。美容誌でモデルとして活躍しながらライフスタイルブランド「KIKI AND DAYS」のブランドディレクションを行うなど幅広く活躍中。ジュニア野菜ソムリエの資格も取得し、美容・ファッションに関する豊富な知識で同世代の女性からの支持も高い。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share