シェーディングとハイライト

というと、

なんだか難易度高そうな。。。


そんなイメージあるじゃんね。

もしくは

ケバくなりそうとかね。


うんうん。ありがち意見。


私は、シェーディングとハイライトは

ナチュラルメイクにこそ必須アイテム

ファンデ塗らなくても、これだけおさえておけば

簡単にホリのある顔になれる!

と思ってるの。


そんなわけでね、以前もちょこちょこ

ストロビングだのコントゥアだので、

シェーディングとハイライトの入れ方を

話したことあるんだけど、


今回は、入れ方の細かい動画と、

現状あやこが、ガチで使ってるアイテムを

全部見せして、

どこよりも詳しい記事にしたい!


と思ってるわけです。

動画ではなるべく買い足すことなく

“手持ちのコスメ”だけで

仕上げる方法をのせています。

主に使用しているのはこの3つ。

Image title


写真左:

rms beauty

ルミナイザー

5ml 4,900円(税抜き)

公式サイトはコチラ


写真中:

MAQUILLAGE マキアージュ

アイブロースタイリング3D

70ハニーブラウン

1,944円(税込み)

公式サイトはコチラ


写真右:

MAC マック

限定チーク

(気に入って大事に使ってるものの1つなのですが、

だいぶ前のやつなのです。。。MACに限らず、

コーラル系の手持ちのチークでOK。)


はじめに下地&ファンデのベースを

すませてから行っていきます。

アイブロウパウダーの薄いベージュをとり、

Image title

Image title

(ブラシはNARSのワンドコントゥアー

アイシャドーブラシ#43、4,752円(税込み)です。)


眉頭のしたから鼻の脇までと小鼻の脇にのせます。

image


面長が気になる方は、鼻下に

残ったパウダーを少し仕込んでもアリ。


ハイライトは指にとり、

目と目の間の一番細く低くなってる所

中心にのせ、下にスッと指を落とします。

image

鼻先までハイライトを入れてしまうと

鼻が長く見えやすいので注意。


他に眉山や上唇の上に仕込むのも◎。

(これは動画で細かく場所を解説してます。)


みなさんご存知のハイライトの入れ方として

頬の高い位置にポンポンとのせるのが

ありますが、これはこの位置にツヤがあることで

肌がキレイに見えやすいから。


チークはチークブラシにとり、頬にのせてから

残った粉をアイホール全体にのせると

自然なホリが生まれやすいのです。

image

買い足す必要があるかな?と思ったので

動画では使っていないのですが、

人気の韓国コスメ、

アートクラスバイロダンの

ハイライトとシェーディングを使うことも

しばしばあるよ~。


ハイライト、シェーディングパウダーを

お持ちの方は以下を参考にして下さいませ♡↓↓

Image title


という時に使っているのですが、

口をすぼめた時に影になる部分に

スッと入れたり、

Image title


フェイスラインをなぞってます。


ハイライトは頬骨の高い位置を

メインに入れてますが、

Image title


先ほど紹介したrmsのルミナイザーの

かわりに、こういったパウダータイプの

ハイライトを使いたいときは、

頬骨の位置にはチークもしくはシェーディング

のブラシを使って入れて、

(ブラシ使いが本当に必須です。)

鼻や上唇の山の部分、眉山に入れたい時は

平たいアイシャドウブラシに持ち替えて

のせていくと失敗しにくいです。

Image title


アートクラスバイロダンの色だしは

上でリンクを貼ったブログにも書いて

いますが、アジア人の肌色に馴染みやすい

絶妙な色だしなので、

これから揃えたい!!という方にはオススメ。

動画の中では、、、


Image title


ジェーンアイルデール

ハイライトスティック

インタッチハイライター

#13105コンプリート

3,780円(税込み)

公式サイトはコチラ

も紹介しています。


ピンクっぽい色味で、こちらも

自然なツヤが出るので、

ちょくちょく使ってるアイテムのひとつ。


これからの季節乾燥が気になるのであれば、

ハイライトはクリームタイプがオススメ。

化粧崩れの方が気になる!!

のであれば、パウダータイプがオススメです。


Image title


立体感のあるツヤメイクを仕上げる際は

最後にのせるルースも動画で使用

しているような、粒子が細かくてツヤを

キープできるようなパウダーがよいかも。

ベースにはこれ使用しました↓

Image title


*左:CHICCAソリッドファンデーション、

*中:ケサランパサランのアンダーアイブライトナー、

*右:ジバンシイのプリズムリーブル


ナチュラルメイクの時にも、ハイライトと

シェーディングをキチンと仕込んであげることで、

ただの“手抜きメイク”からも脱出可能!!

難しそうに見えるのですが、、、

意外と簡単にできるので、

ぜひぜひやってみてね!!!

最後にBefore&Afterはこんな。

Image title

Image title


赤リップ塗ってしまってww

見にくい気もするのでw、

目元のアップも載せときます。

Image title


冬のイベントシーズンも

モテモテ決定♡

ってやつですな!

それでは今日はこのあたりで終わり!

ばいちゃーん!


=あやこのYouTubeチャンネル登録よろでございます♡=

☆チャンネル登録はコチラ!

Ayako

MAQUIA書影

MAQUIA2020年11月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。1月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share