お金がない、時間がない……などなど、キレイになれない“言い訳”っていっぱい。でも、大丈夫。「MAQUIA」3月号では水井真理子さんが、そんな言い訳に寄り添って、がんばらなくてもきれいになれるケア法を伝授します。

Image title

がんばらないくらいがちょうどいい
水井真理子の言い訳スキンケア

Image title

言い訳して良い理由
「カウンセリングをしていると『だって○○だから』と、キレイをあきらめかねないお話をされる方がとても多いんです。そんな時、私は『あ、大丈夫。この人は絶対キレイになれる』と確信します。だって言い訳こそ、本当はキレイになりたい心が残っている証。その言い訳のなかにキレイの種を探して、無理なくできるケア法を考えればいいのですから。最近は化粧品も進化しているから、あなたが頑張らなくても化粧品ががんばってくれる。スキンケアすることさえ諦めなければ、絶対にキレイになれますよ」

キレイが遠いと感じる女性に寄り添う水井流美容提案が満載。『水井真理子の寄り添い美容』(集英社インターナショナル)


言い訳
お金がないからエイジングケアできません

「安い化粧水と乳液で充分。お手頃の実力派美容液も◎」
高いアイテムをいろいろ使わなくても大丈夫なんです。化粧水で肌をしなやかにする、乳液で蓋をするという基本を毎日、朝晩続けることでもエイジングケアはできます。最近は企業努力で、低価格帯でも先進技術搭載のものが充実。上手に取り入れてケアを。

Image title

低価格で先進技術がギュッ

毎日の化粧水と乳液だけで高いシワ改善効果が。表皮と真皮の両方のシワ改善にアプローチ。A ルシェリ リンクルリペア ローション 160ml ¥3500、B 同 エマルジョン 120ml ¥3800(共に編集部調べ・医薬部外品)/コーセー シミ・ハリ・乾燥をすべてケア。資生堂が誇るベビーコラーゲンの技術を惜しみなく搭載。C アクアレーベル ホワイトケア ローション 2種 200ml 各¥1400、D 同 ミルク 130ml ¥1600(共に編集部調べ・医薬部外品)/資生堂 E シワ改善と美白の両方に薬用パワーでダブルアプローチ。本格的ケアの美容液で嬉しい価格。リンクルホワイトエッセンス (医薬部外品) 30g ¥4500/オルビス



MAQUIA 3月号

撮影/恩田はるみ 取材・文/山崎敦子 構成/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share