「MAQUIA」2月号では、ここ数年で俄然注目され始めた「菌活」にクローズアップ。正しい美肌菌活で、トラブル知らずの素肌を目指して!

Image title

美肌健康メンタルも。

始めた人からQOLアップ
菌活100問100答

スキンケアやダイエットに励んでも、美肌や美ボディが手に入らないのはなぜ? その答えのカギを握るのが、私たちのカラダに棲む、美の運命共同体「菌」の存在だった!


お話を伺ったのは…

皮膚科医
工藤清加先生

わかばクリニック院長。早くから美肌菌に着目し、自身のスキンケアブランド「フラセラ」を開発。


皮膚科専門医
出来尾 格先生

ミルディス皮フ科勤務。さまざまなメディアで美肌菌の新常識を啓蒙する、皮膚常在菌の権威。


早稲田大学
服部正平先生

「菌界のドン」。常在菌のメタゲノム解析に携わり、菌の常識を塗り替える、菌研究のパイオニア。


スキンケアで美肌菌活

美肌菌を育ててキープする美肌菌活で、肌トラブルを解消し、エイジングもケア!


Q 改めて、美肌菌って何のこと?

A 肌に棲む常在菌叢

「肌に棲む常在菌叢(菌の集団)のこと。環境から肌を守るだけでなく、ダメージからの回復を促したり免疫力をつかさどったり、働きは多彩」(服部先生)。「代表格は表皮ブドウ球菌。ニキビの原因と思われているアクネ菌も、通常時は美肌に導く物質を生み出しています」(出来尾先生)


Q 美肌菌は皮膚のどこにいるの?

A 角層の外側と内側

「肌の表面だけでなく、角層の内側や毛穴も棲み家。洗顔などで表面の美肌菌は流れても、どこからともなく現れて増殖しもとの状態に戻ります」(出来尾先生)

Image title

【表皮】目には見えないが肌表面にびっしり菌が。外界との最前線でバリアを張り肌を守っている。

【角層細胞の隙間】美肌菌たちの格好の“隠れ家”。およそ10層ある角層のかなり下のほうまでもぐりこんでいる。

【毛穴】毛穴も美肌菌の棲み家。特に皮脂が大好きな菌たちが好んで棲んでいる。


Q 美肌菌は遺伝する?

A しません

「母親の胎内にいるときは、ほぼ無菌状態。出産やスキンシップでお母さん、お父さんの菌が定着することはありますが、遺伝ではありません」(出来尾先生)


Q 美肌菌をセルフチェックしたい!

A 残念ながらセルフは無理

「どんな菌がどれくらいいるかは、専門の研究機関では調べることはできますが、今のところ自分だけですぐにできるチェック法はありません」(工藤先生)


Q 顔の常在菌って何個?

A 1億〜10億個

「1平方センチメートルあたり、多い人で約100万個の常在菌がいる計算。半分はアクネ菌で、多い人はアクネ菌99%という人も」(出来尾先生)


Q ひとりの人の顔に常在菌の種類はどのくらい?

A 約1000種

「同じ人はひとりとしていないが、国により似る傾向が。日本人と似ているのはフランス人とスウェーデン人。抗生物質の使用状況が影響します」(服部先生)


Q 常在菌はどう決まるの?

A 18歳くらいまでの環境と食べたもので決まります

「生まれたときからさまざまな菌がついては消え、その人にとって必要で共存関係を保てる菌が定着。このベースは思春期以降、生涯変わりません」(服部先生)


Q 顔ダニとは親戚?

A 別モノです

「同じ微生物ではありますが、顔ダニは虫、美肌菌は細菌。顔ダニも、肌を棲み家としている点では似ていますが、種類も生き方も違います」(出来尾先生)


Q 美肌菌は多いほどいい? 少ないとどうなる?

A 多いほうがいい。
少ないと肌トラブルを起こしやすい

「外界から肌を守り、うるおいを作り出している美肌菌。少なくなると肌が乾燥したり、ニキビやゆらぎ肌などのトラブルを招きやすくなります」(工藤先生)


Q 美肌菌が整っているとどんないいことが?

A うるおってトラブルを起こしにくい

「黄色ブドウ球菌やアクネ菌のバランスが崩れないので、ニキビなどのトラブルが起きにくく。うるおってキメが整い、毛穴も目立ちません」(工藤先生)


Q 年齢とともに美肌菌は減る?

A 減る

「美肌菌のエサとなる皮脂と汗の分泌が少なくなるのが理由。スポーツをしたりサウナに入る習慣がある人は、美肌菌が減りにくい傾向あり」(工藤先生)


Q 美肌菌を増やして整えるためのポイントは?

A 汗、皮脂、腸活。豆乳も美肌菌を増やす

「汗や皮脂を出し、腸内環境を整えて。豆乳もおすすめ。実験で美肌菌を増やす際に使う培地は豆乳。飲んだり、豆乳パックをすると効果あり」(工藤先生)

Image title

a 乳酸菌S-PT84&ビフィズス菌BB536のサプリ。ラクフィット 30粒 ¥5000/サントリーウエルネス b ローヤルゼリーに乳酸菌を225億個プラス。とどく乳酸菌 2g×31包 ¥4800/山田養蜂場


Q 美肌菌のためにはどんなクレンジングがいい?

A 菌を適度に残す

「摩擦が美肌菌に負担をかけるので、こすらずメイクが浮くものを。またオイル、クリーム、ミルクなど油分多めのクレンジングは防腐剤が少ない傾向があり、美肌菌に優しい」(工藤先生)

Image title

a 摩擦レスで界面活性剤も少なめ。ファミュ ブリリアント クレンジングオイル 125ml ¥6800/アリエルトレーディング b 美肌菌を整える。ホワイトモイスチャークレンジング〈医薬部外品〉200g ¥3700/FTC c ミツロウ、ハチミツの力でオフ。俳句(クレンジング)95g ¥2864/ラッシュジャパン d 美肌菌に着目。オリゴロジック カルチャリングクレンズ 150g ¥1800/日東電化工業


Q 汚れた空気や紫外線、ブルーライトは菌に負担?

A 一部は負担

「大気中のちり、PM2.5は負担に。紫外線が菌にとって負担かは、今のところ不明。PCやスマホから出る程度のブルーライトなら菌の負担にはなりません」(出来尾先生)



MAQUIA 2月号

撮影/岩谷優一〈vale.〉(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/清水美知 スタイリスト/金山礼子(モデル) 山本瑶奈(物) モデル/Rei イラスト/こさかいずみ 取材・文/小田ユイコ 柏谷麻夕子 構成/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA2月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share