今年らしいヌケ感を出しながら、印象的な目元に見せるメイクテクを朝日光輝さんがレクチャー。「MAQUIA」7月号では、目の形に合わせたHow toを紹介しています。アイラインの幅を広げたり、濃い色のシャドウを広く入れて目を大きく見せようとしがちな奥二重メイク。グリッター入りコスメやハイライトを活用して、クリアで目力のある美人顔を目指しましょう。

Image title

 

朝日光輝さん

モデルや女優が数多く通う人気ヘアサロン「air」プロデューサー。愛され感のあるヘア&メイクに定評。サロンワークの傍ら、女性誌やTV、CMなどのヘア&メイクでも大活躍。


 

Q. 求心的で奥二重の私。まなざしにヌケ感を宿すには?

A. 下まぶたのキラめきで白目を印象的に

下まぶたにグリッターのキラめきを添えることで、ラメが白目に反射して瞳がうるうる。自然な解放感が生まれてつぶらな印象を払拭。同時に、フレームがひと回り大きく、印象的に仕上がる。


 

Q. マスカラはどのくらい塗るべき?

A. ブラウンをさらっとくらいがちょうどいい

ラメやハイライトで瞳印象を膨張させた分、輪郭はより広がりをだすべく、やわらかなブラウンを軽く上下に。やさしい印象を誘うはず。


 

Q. 眉間は離した方がいい?

A. YES! バランスが良くなります

本来眉頭がある位置から少しだけ外側を起点にパウダーでふんわり。眉間を広げて見せる眉メイクも、まなざしのヌケ感作りに欠かせない。


 

Q. 上まぶたのアイシャドウはダークカラーにすべき?

A. むしろハイライトで解放感を演出して

アイシャドウが隠れてしまいがちな上まぶたは肌の色のくすみを払ってまなざしをすっきりさせる色を。その分、下まぶたに遊び心を添えて、色っぽく。


 

【次ページをチェック!】ヌケ感アイメイクを実践!

 

1.ライトベージュで目頭に明るさをオン

Image title

右上と左下を混ぜて、目頭をくの字に囲むようにふわっ。目頭→目尻、アイホールにも。

Image title

レディなブラウン系。サンク クルール デザイナー 708 ¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール(6/5発売)


 

2.ラメライナーを下まぶたに

Image title

目頭~黒目の内側はまぶたキワに、黒目の内側~目尻はインサイドに、筆先で点置き。

Image title

カラフルなラメ入り。汗や水に強い。メタルインク アイライナー G レインボー¥3400/シュウ ウエムラ(6/1限定発売)


 

3. 黒目の外側~目尻にブラウンの締め色を

Image title

1の右下を上まぶたにライン使い。黒目の外側からスタートし、目尻でスっと抜く。


 


 

4. ツヤローズで下まぶたを彩る

Image title

目尻側1/3のキワに直接のせてぼかしていく。ツヤピンクが瞳を開放的な印象に。

Image title

赤のニュアンスを宿したローズ。ウェットな質感が色っぽい。スティロ アイシャドウ 127 ¥3800/シャネル(限定)


 

次回は、離れ目をぐっと印象的に仕上げるマル秘ワザをご紹介します。


 

MAQUIA7月号

撮影/天日恵美子(モデル) 石沢義人(物) ヘア&メイク/朝日光輝〈air〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/野崎萌香 谷口 蘭 林田岬優 取材・文/石橋里奈 構成/山下弓子(MAQUIA)


 

【MAQUIA7月号☆絶賛発売中】

Image title

≪関連リンクはこちら≫

 

タレ目を大人っぽく見せる美人ルールは【甘辛バランスを調整】すること≫≫


 

メイクマニアのマキアブロガーが毎日更新【梅雨ときどき夏メイク】≫≫

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share