「MAQUIA」12月号の『神崎 恵の恋させる瞬間 美容劇場』では、戸惑ってしまいがちな年下彼とのデートがテーマ。年上であることを魅力に見せる、神崎さんならではのテクニックは必見です!

Image title

神崎 恵
Megumi Kanzaki

mnuit主宰。美容家としての活動の他、累計130万部を超える著書の執筆をはじめ、雑誌の撮影やトークショー、セミナーなどで全国を飛び回る日々。また、来年の手帳『MEGUMI KANZAKI SCHEDULEBOOK2020』(長岡書店)も大好評で、現在は次の著書の執筆活動に入り、ますます多忙を極めている。


Image title

年下彼とデート

“キレイなおねえさん”を感じさせる上質艶感メイク

デートというものは、何度経験してもどきどきするものだ。10代のときも、40代になるいまも、経験は関係なく、あの独特の緊張感がじわじわと湧き出てくる。「何を着て行こう」、「メイクはどうしよう」、「待ち合わせはどんな顔で?」、「ご飯は食べてきたと言ったほうがいいか、まだ食べていないと言ったほうがいいか」とか。普段はさらっととおりすぎるようなたわいもない瞬間を、ひとつひとつ取り出してはあれこれと考え悩んだりする。そんなそわそわもデートの醍醐味と言ってみれば確かにそう。その悩みは、可愛いし、楽しい。はたから見たら、それって紛れもなく幸せの風景であるだろう。

でも、そんなそわそわが切実なものに変わるデートがある。それが、「年下とのデート」だ。同じ年齢や年上とのデートは、それほど臆する理由はない。同い年は同じ年齢の女を見慣れているだろうし、年上なら、年下の女は無条件で可愛いフィルターがかかって見えるという。問題は、年下とのそれだ。恋となると、相手にできるだけ可愛く思われたい。綺麗だと思われたい。そう思うのが女心。そんな女心が、相手が年下になった途端、ちくんとしたり、ぞわぞわしたり、ぎゅんと臆病になるのだ。自分より肌つやのいい男の目に、わたしはどううつるのだろうか。やっぱり年だな、と思われたらどうしよう。そんな苦い予想が、ちくちくと心をつついてくる。最近は、友人たちも「ねえ、年下とのデートなんだけど、なに着てどんな顔でいったらいいと思う?」と頼りなさげに聞いてくる。経験とともにたくましく育ててきたはずのキモも、恋絡みになるととたんに可愛くなるものだ。

そんな友人たちへのアドバイスは、「髪と肌に艶!!」のひとことにつきる。髪と肌に艶があるだけで女は相当美しくなる。年齢なんて一瞬で関係なくなる。それどころか、「みずみずしい艶」と「大人」の組み合わせは、若さでは到底叶わないほどの美しさを見せつけてくれる。これはある有名カメラマンも言っていたから間違いない。だから、年下とのデートには、艶肌と肌をみずみずしく見せる唇があればいい。それと、人生の先輩としての余裕。大人の艶と余裕ほど心地よく心を包むものはないと思う。


Image title

顔も、髪も、服もやわらかく心地よくが合言葉

年下とのデートに行くなら、何を着て、どんなヘアメイクをするだろう?と真剣に想像してみた。例えば、昼間からのデートなら断然ニットのセットアップ。見ても触れてもやわらかい素材は、表情までやわらかく可愛げのあるものに見せてくれるし、ほどよく体のラインをひろってくれるから、気張らずに女らしさをそっと伝えることができる。キメすぎず頑張っていないゆるさが、大人のやわらかな余裕と包容力を感じさせてくれる。こんなにパーフェクトな服は他にはない。これに艶を仕込んだゆる巻きの髪。風や仕草で髪がゆれるたびにいい香りがしたら、もう完璧。ときには年上だからこその魅力を見せつけて。


神崎流・美人レシピ

Image title

かしこまりすぎず休日感があって、柔らかさも表現できるニットのセットアップ。上質素材を選ぶことで、若い女のコにはない包容力を感じさせられるので、肌触りや質感選びも大切に。


Image title

スキンケアで肌をふっくらさせ、透明感を高めてから、最新のクリームファンデーションを肌に。厚塗りはせずに、ほうれい線や目尻のシワなど、老いを感じさせる部分は綺麗にカモフラージュ。

Image title

a 艶肌を格上げするソフトマット質感の口紅。大人の余裕を感じさせるのに最適なベージュブラウン。ザ ルージュ ベルベット BR302 ¥3500/コスメデコルテ b 5つの美肌オイルをブレンドし、艶やかでハリ感あふれる肌に仕上がる逸品。RMK クリーミィファンデーション EX SPF21・PA++ 102 ¥5500/RMK Division


Image title

肌と同様に髪の艶感も重要。気合を入れて巻きすぎると、“迫力”が出てしまうので、毛先にカールのニュアンスがあるぐらいがベスト。動作や風でなびく軽い仕上がりを目指して。



MAQUIA12月号

モデル・メイク・文/神崎 恵 撮影/花盛友里 ヘア/赤羽麻希〈joemi by Un ami〉 スタイリスト/松島 茜〈io〉 構成・文/若菜遊子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA12月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share