今年7月、無事に第一子を出産した伊藤千晃さん。そこで、ママになって初のインタビューを敢行。

Image title

妊娠・出産を経験して今思うこと

「子育ては大変なこともあるけど、楽しいことのほうが多いです。だって可愛くて可愛くて仕方ないんです」と語る千晃さん。今回は、我が子と対面するまでの心境についてうかがいました。

「我が子に会ったとき、感動のあまり涙が溢れました」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part1_1_1

Q 出産前はどんな心境だった?
A やっぱり不安でした。
初めての出産だし、わからないことも多かったので。仕事についてもそう。ファンでいてくださる皆さんに恩返ししつつ、大好きな美容のお仕事や、新しいことへの挑戦など、ママになってもバリバリ働く女性でいるためにはどうしたらいいんだろうとか、ふとしたときに考え込んじゃうこともあったかな。
一方で我が子に会えるのが楽しみで楽しみで。生まれたときはあまりの感動に、今までの人生で一番っていうくらい泣きました。

「我が子に会ったとき、感動のあまり涙が溢れました」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part1_1_2

Q 我が子に会ってみて、感想は?
A
 さっきまでお腹の中にいた子に会うっていうことが不思議だったけど、10ヶ月ずっと一緒だったから“はじめまして”っていう感じは全然なかったです。むしろ“あなたのことはもう全部知ってる♡”っていう気分だったかな。
ものすごく痛くて絶叫したけど、そんなの一瞬で吹き飛んでしまうくらい、可愛い我が子が無事に生まれてきてよかったっていう安堵感と、喜びに包まれていた気がします。赤ちゃんは何もかもが小さくて、愛おしくて、言葉にできないほど可愛い天使。出産は神秘と感動のかたまりですね。

「我が子に会ったとき、感動のあまり涙が溢れました」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part1_1_3
「我が子に会ったとき、感動のあまり涙が溢れました」【伊藤千晃のBijyo Diary】独占インタビュー Part1_1_4

リング ¥130,000/エナソルーナ(エナソルーナ 神宮前本店)
撮影/押尾健太郎  モデル/伊藤千晃 ヘア&メイク/岡田いずみ(KiKi inc.) スタイリスト/有本祐輔(7回の裏) 取材・文/通山奈津子


「伊藤千晃のBijyo Diary」ブログ一覧はこちら>>

モデル・アーティスト

伊藤千晃

1987年1月10日生まれ。愛知県出身。2018年9月にソロとしてアーティスト活動を本格始動。 2019年11月には1stアルバム「Be」をリリース。美容誌でモデルとして活躍しながらライフスタイルブランド「KIKI AND DAYS」のブランドディレクションを行うなど幅広く活躍中。ジュニア野菜ソムリエの資格も取得し、美容・ファッションに関する豊富な知識で同世代の女性からの支持も高い。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share