「パナソニック ビューティ」から、いつものスキンケア化粧品が角質層までもっと浸透※2する導入※2美顔器「イオンエフェクター<高浸透※2タイプ>」がさらにパワーアップして登場。エイジングケア※3、ブライトニング、毛穴ケアまで、1台でなんと6役こなす多機能な美顔器! 日頃、頑張っている自分へのご褒美にぜひ、いかがでしょう。

パナソニック ビューティ 導入※2美顔器 イオンエフェクター〈高浸透※2タイプ〉

オープン価格※4  2020年5月1日(金)新発売予定

いつものスキンケア化粧品が角質層までもっと浸透※2!

「パナソニック ビューティ」から好評発売中の「イオンエフェクター<高浸透※2タイプ>」は、プレケア、保湿、ブライトニング、マルチ、スキンクリア、クールの6つのモードを搭載。プレケアモードでは、美容クリニックの技術に着目。電位パルスが角質層を一時的にゆるめて美容成分の通り道を作り、美容成分をしっかり浸透※2させる技術を採用。分子の大きい美容成分まで浸透※5させ、手での塗布に比べて、コラーゲンを5倍※1、ヒアルロン酸は5.7倍※6も角質層へ届け、お肌がぷりぷりに! エイジングケア※3としても活躍します。

保湿成分・ビタミンCを角質層まで届ける3つのモード

それぞれのモードも優秀で、保湿モードでは1.7倍※7、ブライトニングモードではビタミンCを1.5倍※8浸透がアップ。マルチモードは、保湿成分とビタミンCの両方を含んだ美白化粧品でも、それぞれモードを使い分けずに一度に角質層まで浸透※2させることができる新機能です。
角質、毛穴の開きが気になるときはスキンクリアモード、お手入れの後には約10℃※9の冷却で肌をキュッと引き締めるクールモードが便利。
 1台で様々な肌悩みを解決する多機能な美顔器。毎日のお手入れにぜひ取り入れたい!

※1 プレケアモード使用後、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積1,139 μ㎡ / ㎟ 、コラーゲン水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透面積225 μ㎡ / ㎟ 前腕での比較(パナソニック調べ)


※2 角質層まで


※3 年齢に応じた肌ケアのこと


※4 オープン価格商品の価格は販売店にお問い合わせください。


※5 角質層まで。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000、コラーゲン分子量1,000~5,000を使用した浸透量試験を実施。


※6 プレケアモード使用後、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透面積2,093 μ㎡ / ㎟ 、ヒアルロン酸水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透面積365 μ㎡ / ㎟ 前腕での比較(パナソニック調べ)


※7グリセリン水溶液をコットンに含ませて、保湿モード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量23.6 μg/㎠、グリセリン水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透量13.9 μg/㎠ 前腕での比較(パナソニック調べ)


※8 ビタミンC水溶液をコットンに含ませて、ブライトニングモード(イオンレベル:強、温感:高)で塗布した場合の浸透量18.5 μg/㎠、ビタミンC水溶液をコットンに含ませて、手で塗布した場合の浸透量11.6 μg/㎠ 前腕での比較(パナソニック調べ) 


※9 室温25 ℃で使用時

パナソニック

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


取材・文/佐藤 陽(MAQUIA ONLINE)

share