肌荒れをあまりしない私の肌なのですが、今年の秋は肌がゆらぎがちでした。



仕事が忙しかったり
マスクによって摩擦や雑菌の繁殖が起きていたり(コワイ)
生理痛対策で飲んでいたピルをやめたのもあって、

「季節の変わり目」という言葉だけでは
片づけられないくらい
肌の調子が悪かったのです。



そこではじめてみたのが
【ハトムギ(ヨクイニン)とドクダミを自分で煎じて作った漢方茶】でした。

漢方薬としてのヨクイニンとは

ハトムギ(ヨクイニン)とドクダミを煎じてできる、美肌のためのお茶【漢方初心者におすすめ】_1

ちょっと不気味?ではあるのですが
これがヨクイニン

ハトムギを原料としていて、
ハトムギの種子の殻を剥いたもの。

ヨクイニンは古くから
肌のイボを直す植物由来の薬として使われていたそうです。

ハトムギエキスの入った化粧水も色々ありますし、
肌に良いイメージはありますよね。

わたしは「美白」のイメージがあったのですが、
ヨクイニンは肌の水分代謝を促進する働きがあるそうです。
水分代謝がよくなることで肌のターンオーバーを正常化をし、
更に、ヨクニインには抗炎症作用や排膿作用もあり、
湿疹などの肌荒れにも効果的とのこと。

漢方薬としてのドクダミとは

ハトムギ(ヨクイニン)とドクダミを煎じてできる、美肌のためのお茶【漢方初心者におすすめ】_2

これがドクダミ(枯葉じゃないですよ)

ドクダミは漢方では十薬(ジュウヤク)と呼ばれており
利尿作用、動脈硬化の予防、解熱や解毒などの効果があると言われています。



期待できる効果は色々とあるのですが、
わたしが期待しているのは



血流促進
デトックス(余計な水分の排出)
肌荒れ抑制

です。

十薬と言われるだけあって、
高血圧やアレルギー、冷え改善など
様々な目的で飲まれていて、

とりあえず美容健康のためには
これ摂っとけ的な存在です。笑

毎朝10分煎じてお茶を作ります

ハトムギ(ヨクイニン)とドクダミを煎じてできる、美肌のためのお茶【漢方初心者におすすめ】_3

漢方薬局の先生に煎じ方を教えてもらいました。

・600mlの水にヨクイニンとドクダミを入れ火にかける
・沸騰したら弱火にして蓋を隙間を開けて被せ10分間煎じる

これだけです。

毎朝起きたらお茶を作って、
水筒に入れて
1日かけてちびちび飲みます。


気になるお味は?

表現するのがなかなか難しいのですが、
爽健美茶を更に薬っぽくした感じかと思いました。

爽健美茶が苦手な人は苦手かも…?

あと、香りが独特です。

臭いわけではないのですが、
ドクダミの独特な香りはします。
これも好みが分かれるかもしれないです。

最近はサプリメントではなくハトムギドクダミ茶。肌の調子がよいです

結構サプリメントオタクなのですが、
栄養素が渋滞しても困るので(?)

とりあえず今はこのお茶だけで効果を見ています。

結論、肌の調子はとても良いです。

悩みや症状に端的にアプローチする
西洋医学にばかり目を向けていましたが、

植物のパワーで総合的にアプローチする
東洋医学がどんどん気になってきています。

肌荒れがなかなか治らないという方、

身体の内側から
アプローチしてみるのもいいかもしれません。

share