こんにちは、チーム☆マキアのまりりんです♪




さて、最近対面でのメイクレッスンをやらせていただいているのですが、


すごく肌を褒められる機会が多いです。




在米中は肌が乾燥したり、吹き出物ができることが多く、


肌に自信がなかった私がなぜドイツに来てから肌がキレイになったか?




その理由は3つあると考えています。


1つ目:ファンデーションをやめたから

美肌をはぐくむ♡ヨーロッパの美容法_1

●ヨーロッパ人のメイクが超薄いことに触発された


●マスクにファンンデがベッタリつくことがイヤだった



この2つの理由からここ1年ほどファンデをやめました。


代わりにカバー力のある化粧下地を使っています。


厚塗りすることがなくなったので、日中も皮膚が呼吸できている感じがしますし、


肌への負担も軽減されて、結果的に肌荒れする機会が減りました。

2つ目:洗い流すクレンジングからふき取りクレンジングに変えたから

美肌をはぐくむ♡ヨーロッパの美容法_2

実際の使い方を動画でご紹介しているので是非チェックしてみてください!

写真をタップするとInstagramにリンクします。

もともとは硬水対策というヨーロッパ特有の理由からふき取りクレンジングを始めたのですが、


私の場合は以前から気にしていた乾燥肌の症状が軽くなり、コメドができる頻度もかなり減りました。



日本ではふき取りクレンジングは摩擦や刺激が強く悪いイメージが持たれがちですが、


これについては完全に使うアイテム次第といいきれます!



滑りが良く保湿成分が多く配合されたふき取りクレンジングも多く販売されていますし、


柔らかいコットンで使用量を多めに取ればこれらの課題は軽々クリア。



むしろ、洗浄力の強いクレンジングを肌に長時間のせる必要がないので結果的にクレンジングの時間が短くなり、肌の潤いを守ることにも繋がります。



将来的に日本やその他軟水の国に引っ越したとしても


私はずっとふき取りクレンジングを選んでいきたいです。

3つ目:オーガニックスキンケアに出会えたから

仕事柄、話題性の高いスキンケアを手あたり次第試す日々を何年も送ってきたのですが、


ドイツに来てから使用するスキンケアの大半がオーガニックにシフトしていったんです。



しかも、美容液は週に数度しか使わず、基本は化粧水とクリームだけ。



日本ではオーガニックに関する規定があいまいですが、ヨーロッパでは厳しい審査基準をクリアしたアイテムだけに認証マークが貼られます。



私は手始めにドクターハウシュカの化粧水やクリームを使ってみたところ、明内部がふっくら潤っていく感覚に驚きました。

美肌をはぐくむ♡ヨーロッパの美容法_3

今はProvidaのトナーとクリームを愛用中!


トナーには肌荒れ予防効果があり、


クリームにはコエンザイムQ10が配合されていてアンチエイジングにも◎ 



ちなみに、ドイツの日本人女性がbioloungeというオンラインストアを運営されており、


日本への配送もしてくれるんです♪


日本語表記なのが最高に嬉しい♡


もちろんEU圏にも配送してくれるので、私はこのショップをよく利用しています(#^^#)


 


ちなみに私はこてこてのオーガニックラバーではなく、ケミカルコスメも大好きです。


ここでお伝えしたいのは、いろいろ塗りたくる美容をやめ、少ない工程でもしっかりと肌に水分と油分を入れ込むことが大切である、ということです。


 




住む場所問わず取り入れられるヨーロッパ美容。


ぜひぜひ皆さまもお試しください♡

Instagramもよろしくお願いします♡


ヨーロッパ生活のアカウントと美容アカウントの2つがあります!


@marilovesbeauty.de


@mari_loves_beauty

美肌をはぐくむ♡ヨーロッパの美容法_4

美肌をはぐくむ♡ヨーロッパの美容法_5

チーム★マキア/メイク

まりりん

5年目/混合肌

ヨーロッパ発ビューティークリエイター

ミュンヘン在住ビューティークリエイター。メイクの本場NYで知識・技術を修得。メイクレッスン講師、美容ライター、美容系インフルエンサーとして活動。

share