2022年を締めくくるにあたり、今年も「マキア美容流行語大賞」を決定! 相変わらずのマスク生活は、肌コンディションやコスメ選び、メンタルにも大きな影響を与え、ビューティトレンドにも密接に関係。アジアンビューティなメイクやパーソナル美容の流れを受け継ぎながら、新しいトレンドも生まれています。マキア読者をはじめ一般の投票で選ばれた、リアルな美容流行語とともに、今年を振り返って。

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_1

マキア美容流行語大賞とは?

この一年で美容界を中心に賑わせた言葉やコスメ、SNSで話題になったハッシュタグなどを編集部が独自にリサーチし、候補となるキーワードを選出。美容通のみなさんの一般投票を経て、一番得票数を獲得したキーワードを「マキア美容流行語大賞」として決定! 2022年の美容トレンドがわかります。

【10位】ビタミンC

定番の美容成分である「ビタミンC」が、10位にランクイン。長引くマスク生活によってニキビや毛穴の悩みが深まり、そのレスキュー成分として改めて注目を集めている。ビタミンCの効果は多岐にわたり、詰まり毛穴やたるみ毛穴、炎症ニキビなどあらゆる種類の毛穴&ニキビのケアに有効。本来ビタミンCは、安定性が低い、刺激が強いなどのデメリットもあるものの、それを見事にクリアした高機能コスメの存在も、ビタミンCの人気に貢献。

■投票者のコメント



毛穴が気になり、ビタミンCコスメをチェックするように」

プチプラにデパコス、SNSなどあらゆるところで『ビタミンC配合』という言葉を見聞きした」

「マキアの企画を読んで、黄ぐすみ対策にビタミンC化粧水を積極的に使うようになりました」




肌に刺激は与えず、結果を出す! 高機能なビタミンCコスメが続々

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_2

(左)浸透性と持続性に優れたビタミンCを高濃度に配合。濃密なとろみがあり、美容液のような充実感。VC100エッセンスローションEX 150mL ¥5170/ドクターシーラボ

(中)2種類のビタミンCと4種類の植物由来成分が、多角的にアプローチ。保湿&拭き取りの2WAYで使える。オバジC リファインローション 150mL ¥3850/ロート製薬

(右)毛穴をターゲットにしたビタミンCブランドから発売。オイル層+アクア層の二層に、働きの異なるビタミンC誘導体などの美容成分を配合。V.C. セラムインローション 100mL ¥3630/dr365

【9位】純欲メイク

中国系のインフルエンサーから広まったとされる「純欲メイク」。純=少女っぽいピュアさ、欲=大人っぽい色気の両方を兼ね備えたメイクのことで、TikTokなどのSNSでも真似する人が続出!  目や頬などのパーツは丸く愛らしく、肌にはツヤと透明感が絶対条件で、キラキラのラメやハイライト、青み系カラーを使うのもポイント。

■投票者のコメント



「純欲メイクというネーミングも印象的でした」

「今までにない独特の色気がステキで、ぜひ取り入れたい!」

YouTubeでメイクの過程や使用コスメを見るだけでも楽しい」




マキアインフルエンサーも純欲メイクに挑戦!

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_3

マキアインフルエンサーkarinさん

純欲メイクの作り方は、YouTubeのメイク動画やTwitterなどでも広く紹介されている。プチプラ&韓国コスメが使われることも多いが、マキアインフルエンサーのKarinさんは自身が敏感肌であることから、コスメキッチン取り扱いブランドのみで純欲メイクに挑戦。ピュアな目元に欠かせない涙袋の偽造テク、あざと可愛いリップや鼻先チークなど、純欲メイクのポイントを紹介している。

【8位】骨格タイプ別〇〇

「骨格タイプ別コーディネート」にはじまり、「骨格タイプ別メイク」、「骨格タイプ別ヘアスタイル」など、美容分野にも広がってきた、骨格を基軸にしたパーソナル診断。自分の骨格タイプを知ることで、似合うメイクやヘアスタイルがわかり、自分らしい美しさを引き出すことができる。簡単なチェック項目で自分のタイプを知ることができる手軽さも、多くの人を虜にした理由のひとつ。

■投票者のコメント



似合うメイクやファッションが、骨格から導き出せるなんてスゴイ」

MAQUIAのイベントで骨格診断をしていただいてから、洋服選びが楽になりました」

「骨格をはじめ、自分のパーソナルカラーや顔タイプなど、個性に合わせたメイクをする機会が増えました」




骨格を制する者がダイエットも制す!

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_4

マキア2022年9月号「骨格タイプ別ぴったりボディメイク」

骨格のタイプは、骨格ナチュラル、骨格ウェーブ、骨格ストレートの3タイプ。脂肪の付きやすい部分は骨格のタイプによって違うので、それに合ったエクササイズ&ストレッチをするのが効率的だという、斬新な切り口のダイエット方法をマキア本誌でも提案。マキアのインスタライブやリアルイベントでは、骨格タイプ別メイク講座も開催された。

【7位】美容液ファンデ

乾燥やエイジングが気になる肌に向けた美容成分入りのファンデ―ションは以前から人気を博していたが、ここ数年はユーザーの需要が微妙に変化。マスク生活による肌のゆらぎや乾燥をケアしつつ、薄く軽やかに肌に溶け込む、まさに美容液のようなファンデーションがフォーカスされるように。生活様式の変化やマスク荒れなどの影響で一度はファンデーション離れしたものの、美容液ファンデで美肌に返り咲いたという人も多いのでは。

■投票者のコメント



「マスクでメイクがヨレたり、こすれて肌が荒れるようになり、美容液ファンデをリサーチすることが増えました」

「美容液ファンデをいくつか購入。マスク荒れも少しずつ快方に向かっています」

「今まではお肌に負担がかかるイメージだったファンデーションの見方が変わり、積極的に使うように」




リッチな美容成分×薄く軽やかな仕上がりのバランス感がNEW

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_5

(左)ラグジュアリーなスキンケアクリームの機能性や至福のテクスチャーをそのまま継承。ハリと光に満ちた仕上がりへ。ル・フォンドゥタンn SPF25・PA++ 30g 全7色 各¥33000/クレ・ド・ポー ボーテ

(中)「持ち運べるスキンケア」という発想で開発。肌に触れた瞬間、潤いが弾けるようにみずみずしくフィットする。B.A セラムクッションファンデーション SPF20・PA++ 全5色 各¥14850/ポーラ

(右)たっぷりの美容成分と自然な明るさをもたらす24金を閉じ込めた贅沢な処方。ふっくら潤いに満ちた肌が続く。アプソリュ タン サブリムエッセンス クリーム 35mL 全2色 各¥18150/ランコム

【6位】崩れないファンデ

マスクに付かない、蒸れ崩れしない、マスクを外してもヨレたりテカったりしていない…。そんな高度な要求を叶える、「崩れないファンデ」の当たり年だった今年。マスク生活が美容面に与えるデメリットは計り知れないものの、マスク着用が常態化したからこそ、崩れないファンデが著しく進化したのは、思いがけない怪我の功名。今やほとんどの人が求める「崩れにくさ」は、来年以降も重要視されていくはず。

■投票者のコメント



 「多くのメーカーから崩れないファンデが出ていて、目移りしちゃう」

「崩れないファンデに加え、口紅などもマスクプルーフの製品がさらに増えた印象」

マスク着用が緩和されたことによって、ますます崩れないファンデの重要性が高まったと思います」




今、求められているのは、マスクプルーフな耐久力!

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_6

(左)美しい素肌になり代わるような、精巧なカバー力とフィット感。カネボウ ライブリースキンウェア SPF5・PA++(オークルDはSPF5・PA+、オークルEはSPF7・PA++) 30g 全8色 各¥11000/カネボウインターナショナルDiv.

(中)ピタッと薄くのび、毛穴の目立たない仕上がりに。美容液成分も配合。ドラマティッククッションジェリー SPF50+・PA++++ 全3色 各¥4620(編集部調べ)/マキアージュ

(右)均一な薄膜状に密着。素肌を生かした“透き通る感”とカバー力の両立も見事。ロングラスティング クリームファンデーション SPF21・PA++ 32g 全9色 各¥8800/Amplitude

【5位】ナイアシンアミド

数年前にシワ改善効果が認められ、一躍、話題になった「ナイアシンアミド」。美白効果と肌荒れ改善効果の認証も受けている多機能な成分で、肌への刺激が少ないのも特徴。ここ数年はプチプラブランドもナイアシンアミドを積極的に採用し、いっきにユーザーが増加! 美容ビギナーから本格的なエイジングケアを求める人まで、あらゆる層の御用達成分に。

■投票者のコメント



乾燥対策にナイアシンアミド配合のスキンケアを愛用」

「ナイアシンアミド配合のコスメが増えて、これまでよりも安価にエイジング対策できるようになったのが嬉しい」

「ナイアシンアミド、リポソームなど、成分名からスキンケアを選ぶことも増えました」




シワ、美白、肌荒れも! 狙った目的にズバリ働く精鋭揃い

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_7

(左)1プッシュで、ナイアシンアミドをはじめとする3つの成分を取り入れられる、画期的な形状。シワ、シミ、たるみをしっかりケアする。レネルジー HCF トリプルセラム 50mL ¥23100/ランコム

(中)シワ改善&美白に有効なWナイアシンを配合。表情の動きの繰り返しで刻まれる、折りジワの定着を阻止する。リンクル ブライトセラム(医薬部外品)30g ¥4950/オルビス

(右)敏感にゆらいだ肌も優しく労わりながら、美白&シワの攻めのケアも同時進行。カナデル プレミアバリアフィックス(医薬部外品)58g ¥4180/プレミアアンチエイジング

【4位】毛穴ケア

マスクによる蒸れや摩擦、毛穴ゾーンを取り巻く環境の劇的な変化によって、ますます複雑化してきた毛穴の悩み。それに対応すべく、今年は大手化粧品メーカーから毛穴に関する新知見が多く発表され、「隠れ角栓」、「糖化汗」という新たな毛穴の敵の存在も明らかに。革新的なスキンケアも続々と登場し、これまでの毛穴ケアの常識もアップデートされた。

■投票者のコメント



毛穴ケアに特化したスキンケアや美容ツールがたくさん出てきた気がします」

「毛穴ケアからビタミンC、レチノール、ナイアシンアミドの成分に行き着きました

「私以外にも毛穴に悩んでいる人が多くいることを改めて実感。毛穴ケアについて、より深く知る機会が増えたのもありがたい」




毛穴はなくならないから、先手&後手のケアで“管理”を!

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_8

マキア2022年6月号「先手と後手の毛穴管理テク」

毛穴ケアといえば、皮膚科医の友利 新先生。自身も過剰な皮脂や毛穴に悩んだ経験を持ち、ドクターとしての正しい知識とリアルな目線を持ち合わせたアドバイスは、信頼感に満ちている。毛穴をなくすことは不可能だが、的確に管理すれば目立たなくなるとして、毛穴のタイプ別に先手ケア&後手ケアを伝授したマキア本誌での企画は、多くの人の毛穴悩みを解決に導いた。

【3位】レチノール

シワ改善効果が認められている「レチノール」。肌のターンオーバーを促す効果も高く、ここ数年のしぶといニキビ悩みの解決策としてもラブコールが! 5位にランクインした「ナイアシンアミド」と同じく、プチプラコスメでもレチノールを配合した製品が増え、間口が拡大。また、最近はレチノールと同様の効果が得られる植物由来成分、「バクチオール」の注目度もアップ。「次世代レチノール」、「ビーガンレチノール」とも呼ばれ、刺激に弱い肌の人でもトライしやすいというメリットも。

■投票者のコメント



攻めのケアとして、レチノール入りの化粧品を購入」

「SNSなどでレチノールの商品を目にする機会が増え、自分でもいろいろな製品を調べるようになりました」

レチノール貯金という言葉を聞いて以来、毎日のケアに欠かさず取り入れています」




特有の刺激感が少ない製品が安心

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_9

(左)話題の成分、レチノールとシカをダブル配合。低刺激処方で、敏感肌を含む全タイプの肌に毎日使える。レチノール シカ リペア セラム 30mL ¥3960/イニスフリー

(中)植物由来成分のバクチオールが、レチノールと同様の効果を発揮。積極的なエイジングケアと美肌菌の育成を同時に叶える。セーラム リペア 30mL ¥9240/KINS

(右)濃密なパックのような使用感ながら、ベタつきを残さずに定着。コスパも抜群で、惜しみなく使える。サナ なめらか本舗 リンクルナイトクリーム 50g ¥1100/常盤薬品工業

【2位】マスク老け

マスク生活が3年目に突入した今年も完全なマスク解除は実現せず、「マスク老け」がますます深刻化。マスクで覆われて油断した下半顔のたるみやほうれい線、中顔面の間延び感を気にする人は、増え続けるばかり。それに対処すべく、パワフルな引き締め系スキンケアやボリュームダウンした肌をパンプアップするような製品も登場。早くマスクから解放されたいけど、マスク老けをリセットできるまで隠しておきたいという複雑な状況は、来年に持ち越さず解決を急ぎたい。

■投票者のコメント



「マスクを外すことが増えてきたので、即効性のある下半顔ケアを検索」

「マスクで隠れるからと日焼け止めを怠っていたせいか、シミが出現

口周りの筋肉をあまり使わなくなったことがマスク老けの原因と聞いて、意識的に筋肉を動かしています」




様々な下半顔ケアで、マスク老けをストップ!

  • 美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_10_1

    マキア2022年8月号
    「口元老けにストップ!」

  • 美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_10_2

    マキア2022年12月号
    「映える下半顔のための必修ビューティ」

口元や下半顔を中心に起こるマスク老けは、筋肉が緊張感をなくして緩むことがいちばんの原因。エクササイズなどのセルフケア、最新のパワー系スキンケアや解消メイクテクまで、幅広いアプローチをマキア本誌でも紹介。ややニッチではあるが、唇の痩せ、唾液の分泌低下などによる口腔系の環境悪化もマスク老けの一種と捉え、あらゆる側面から下半顔ケアを掘り下げ。

【1位】Yakult(ヤクルト)1000

今年のマキア美容流行語大賞、第1位に輝いたのは「Yakult(ヤクルト)1000」。全国発売開始は2021年だが、2022年に入ってさらに人気が急騰。ストレス緩和や睡眠の質を向上させる機能が注目され、社会現象にもなったほど。現代人が抱える、睡眠に対する不満やストレスの深刻度がうかがえる。長らく品薄状態が続いているが、増産の情報もあり、まだ入手できていない人も来年こそは期待できそう!

■投票者のコメント



「Yakult1000を飲みはじめてから、睡眠の質も便通も良くなったことで、肌の透明感がアップ。腸活の大切さを知った」

「睡眠負債が人を老けさせていると思うので、Yakult1000で睡眠の質の向上を目指しています」

「突如として現れ、人気になったものの、まだ手にすることができていない……」




高い機能性の秘訣は、乳酸菌の量と密度

美容流行語大賞2022ランキング発表!! 話題沸騰のあの飲料が1位に_11

生きて腸に届く乳酸菌 シロタ株が1本(100ml)に1000億個入った乳製品乳酸菌飲料。同商品には、一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレスを和らげる機能や、睡眠の質の向上の機能がある。さらに、乳酸菌 シロタ株には、腸内環境を改善する機能があることが報告されている。機能性表示食品。Yakult(ヤクルト)1000 100ml ¥140/ヤクルト本社

編集長が振り返る2022年の美容トレンド

マキアオンライン編集長

伊藤かおり

「ランクインしたどれもが、私自身も購入に奔走したり、検索したり、ハマったりしたものばかり。とくにYakult1000は、ストレスと睡眠という誰もが抱える悩みに直球で、社会現象にもなりました。昨年から引き続き関心の高い、マスク下の治安や美容成分に加えて、パーソナルカラーに次いでバズり中の骨格診断は、メイクやスキンケアにも応用できるということで、美容好きの皆さんにとってはますます大切な指針になりそうです」

題字デザイン/なる 取材・文/摩文仁こずえ 企画/髙橋里佳(MAQUIA ONLINE)

※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。
※投票期間:2022年10月28日〜11月3日 投票数:330

share