「MAQUIA」10月号では、オンライン美人に見えるメイクや表情を徹底研究。YouTuberとしても活躍する丸山 礼さんの実演つきで、NG&正解テクをお見せします!

丸山 礼さん実演「画面越しの時代」に贈る
オンラインでの美人メイク・美人角度まとめ

肉眼ではステキに見えても画面越しだとなぜ残念顔に!? 美容系YouTubeも人気のタレントの丸山 礼さんと一緒に、オンライン美人のツボを徹底的に探ります。

角度・表情編


自然光は逆光のが盛れる?
逆光→顔が影になって怖い
順光→一番きれい!
逆光=後光が差してる菩薩系女子になれる!? と思いきや、実際はなんだか怖いホラー顔に。前側から光が当たる順光のほうが、ほうれい線やシワも目立たず、肌も表情も明るく見える!

窓のほうを向くのが正解

下からのあおり角度で顔がしもぶくれに
→輪郭すっきり角度は
“遠め・位置上げ”がポイント

至近距離で画面を見下ろすのは絶対×。でも上目使いになるほど角度を上げると狙いすぎてて恥ずかしい。「ティッシュの箱とかで位置を上げ適度に離れるのが正解」(丸山さん)

普段の距離では二重あごに

角度ちょい上、距離は70cm〜

ダウンライトって画面越しだと怖い…?
暖色系ダウンライト
→ほうれい線や目の下の影が目立つ

蛍光灯や専用ライト
→肌のアラが飛び、美肌効果絶大!

リアルではムーディな暖色系ダウンライトだけど、画面映りは白くて明るい蛍光灯のほうがきれい。顔の影やくすみが払拭され、欠点レスな肌に。「リングライトなどの専用ライト、想像以上に効果抜群ですよ」(丸山さん)

暖色系ダウンライトと蛍光灯・専用ライトの比較

リングライト 200-DGCAM019 ¥2709/サンワダイレクト(通販サイト限定品)

高輝度のLEDを搭載。瞳もキラリ☆ リングライト 200-DGCAM019 ¥2709/サンワダイレクト(通販サイト限定品)


つい画面から離れたくなる
→遠近法で細く見せたいのはわかる!
でも、遠すぎて表情わからん!
「顔が豆粒くらい小さくなるほど画面から離れていた人がいて、表情がわからずあいづちのタイミングも難しくて、コミュニケーション取りづらかったっす」(丸山さん)

ここにいるよ〜

仏頂面を避けようと、無駄にニヤニヤ
→やりすぎ注意
無意識のうちに仏頂面や無表情になることに気がついた人は、今度は必要以上にニヤニヤ笑顔を振りまきがち。努力は認めるけど、いかにもすぎる作り笑いも不評です......。

仏頂面を避けようと、無駄にニヤニヤ

MAQUIA 10月号
撮影/土佐麻理子(モデル) ヘア&メイク/北原 果〈KiKi inc.〉 スタイリスト/福永いずみ 取材・文/摩文仁こずえ 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA2020年9月19日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share