「MAQUIA」3月号では、乱れた自律神経整えるストレッチ法をレクチャー。朝起きたばかりの体と頭を活動モードに切り替える自律神経ストレッチで、1日を快適にスタート!

Image title

がんばり過ぎ、生活の変化、ストレス過多が原因に?

自律神経の乱れは
\毎日の/
ストレッチでリセットできる!

生活リズムが変化する大型休暇の後や、季節や年度の変わり目は、特に自律神経が乱れやすいタイミング。1日のタイムスケジュールに合わせた自律神経ストレッチを行えば、内側から体が整えられ、心も晴れやかに。


体も心も健やかに快適に過ごせる

自律神経ストレッチ

24時間、自律神経のバランスをチューニング。美のコストパフォーマンスも上がる!


<朝>

活動のための交感神経にスイッチ

寝起きは体も頭も鈍っている状態なので、朝は交感神経をオンにして活動モードに切り替えることが目的。全身を伸ばして血流を巡らせ、呼吸をスムーズに整えると、無理なくバランスアップ。明るくポジティブな1日がスタート!

\動画をCheck/


Image title

左右3回

活動モードに切り替える 全身ストレッチ

睡眠中に凝り固まった筋肉を伸ばし、血流も促進。

1 足を肩幅に開き、腕は上へ。手首はロック(=手首をクロスして固定)、手のひらを軽く立てるようにして固定する。2・3 体を真横に倒しながら口から息を吐く。その後に体を中央に戻し、上に伸び上がりながら鼻から息を吸う。ゆっくり左右3セット繰り返し。


Image title

3回

全身のエネルギーが満タンに! 血流アップ深呼吸

肩甲骨を意識するのがコツ。呼吸が深くスムーズに。

1 肩甲骨を広げて胸郭を縮めるように意識して体を丸め、両手の甲からひじを合わせる。

2 息を大きく吐きながら腕を後ろへ。肩甲骨を背中の中央に寄せ、胸を広げるようにする。


Image title

手の位置を替えて各8回

朝からスッキリ排便習慣 腸管を刺激して腰回し

手で圧を掛けながら回すことで、効率的に腸を動かす。

1 両手で大腸の曲がり角部分に圧を掛ける。まずは左手で肋骨の下、右手で腰骨の上をギュッと押さえる。

2 手を緩めず、そのまま腰回し。左回し&右回し、交互に8回。腸が刺激されるのを感じて。

3 左右の手の位置を入れ替え、同様に腰を回す。肛門を締めると、骨盤底筋群にも◎。



MAQUIA 3月号

撮影/城 健太〈vale.〉(モデル) ヘア&メイク/清水美知 スタイリスト/立石和代 モデル/佐藤さき(マキアビューティズ) 取材・文/摩文仁こずえ 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA3月号は1月22日(水)発売!】


2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share