1日のタイムスケジュールに合わせた自律神経ストレッチを行えば、内側から体が整えられ、心も晴れやかに。「MAQUIA」3月号でから、昼に行いたい自律神経ストレッチをお届けします。

Image title

がんばり過ぎ、生活の変化、ストレス過多が原因に?

自律神経の乱れは
\毎日の/
ストレッチでリセットできる!

生活リズムが変化する大型休暇の後や、季節や年度の変わり目は、特に自律神経が乱れやすいタイミング。1日のタイムスケジュールに合わせた自律神経ストレッチを行えば、内側から体が整えられ、心も晴れやかに。


体も心も健やかに快適に過ごせる

自律神経ストレッチ

24時間、自律神経のバランスをチューニング。美のコストパフォーマンスも上がる!


<昼>

緩急をつけながらエネルギッシュに

精力的に活動したい日中。ずっとアクセル全開では疲れてしまうし、逆にずっとダラダラやる気が出ないのも困りもの。ほどよく喝を入れつつ、たまにはリラックスする時間も設けて、交感神経と副交感神経をバランス良く高めて。

\動画をCheck/


Image title

左右10回

一瞬でやる気スイッチON 体ねじりジャンプ

気持ちをリフレッシュさせ、交感神経の働きも高める。

1 真上にジャンプして、体を右にねじりながら着地。体の力を抜き、腕は自然に揺らす。

今度は左に体をねじって着地。難しく考えず、左右交互に楽しくピョンピョンして。


Image title

左右各3回

夕方のむくみやダルさを一掃 バランス足首揺らし

滞った血流やむくみを改善。疲労を回復し、頭もクリアに。

足首を持ち、股関節から揺らすように前後にブラブラ。イスなどにつかまってもOK。


Image title

左右3回

イライラや眠気も吹き飛ぶ グーパー大回転

手先の小さな動き×体のダイナミックな回転を同時進行。

1 足を肩幅に開き、腕を上げて、手首は深く交差してロック。この体勢からスタート。

2 大きな円を描くように上半身をグルリと回し、同時に手を握ったり開いたり。なるべく遠くに手を伸ばすようにすると背中や肩周りがほぐれ、指先からしっかり血液が巡るように。



MAQUIA 3月号

撮影/城 健太〈vale.〉(モデル) ヘア&メイク/清水美知 スタイリスト/立石和代 モデル/佐藤さき(マキアビューティズ) 取材・文/摩文仁こずえ 構成/山下弓子(MAQUIA)


【MAQUIA3月号は1月22日(水)発売!】


2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share