こんにちは、MAQUIA公式ブロガーのなつです♬



ブログの更新が少し久しぶりになってしまいました💦
InstagramやTwitterを見て下さっている方にはご報告したのですが、現在妊娠7か月になりました。



妊娠中は何をするにも制限が多いですが、その中でも出来る美容や健康について、最近は色々と試行錯誤中なので少しずつ記録できればと思っています。



今日は、妊婦さんなら特に気になる妊娠中の体重管理について書いていこうと思います。


妊娠中の方も、今後妊娠を考えている方も少しでも気になると思った方はお読みいただけると嬉しいです♬



最初にお断りしておきますが…、
8か月の後期からググっと増えると聞いていますし、そもそも何が正解かは分かりませんし、
私自身模範的な食生活を送れているわけではないと思いますが、妊娠中の方やこれから妊娠を考えている方にとって少しでも参考になるところがあれば上手に取り入れていただければ嬉しいです♬



赤ちゃんと自身の健康が一番なので、まずはお医者さんの言うことが第一という前提で読んで頂ければと思います。

体重増加の経過について

そもそも、妊娠中にどのくらい体重が増えてもいいのかという点は元々の体型によって異なります。



よく言われる目安が、下記のとおりです。
BMI18.5未満→ 9~12キロ
BMI18.5~25.0→ 10~13キロ
BMI25.0以上→ 個別対応
※出典:こども青少年局 令和3年4月発行(数値は区のマタニティ―スクールで栄養士さんから修正されたものを記載しています)



最近は体重が増えなさすぎの妊婦さんが多いそうで、低体重児が増えているらしく一時期より体重制限が緩くなったそうです。
わたしはBMIが19~20程度だったので、10キロくらいまでなら増えてもいいかな、と目安に考えています。



いま7か月で、+4~5キロ程度増えました。ここからはますます増えやすくなるそうなので気を引き締めたいと思っています。
(特に里帰りをするのでそのときが怖い…笑)

【マタニティ美容①】妊娠中の体重管理・食事について_1

ちょっと急激に増えたので、最近は少し食事を見直しました。。💦


具体的な食事はのちほど…



体重が増えること自体はそれほど怖くなく、産後頑張って戻せばいいやと思っているのですが、
食生活が乱れて体重が増えすぎることで
・妊娠糖尿病
・妊娠高血圧症候群
・赤ちゃんが大きくなりすぎて難産に



などの可能性があり、赤ちゃんや母体へのリスクが高まるようなので、しっかり気を付けないとなと思っています。

つわり期について

わたしは「軽くはなかった」という感じだったと思います。
ピークは2,3週間だったのと、水分は摂れたので重い人に比べたらマシだったとは思います。



でも辛かった…笑
特に働きながらは本当にツライ…



この時期はあまり栄養のことは考えず、食べられるものを食べていました。
フルーツと、あとなぜか辛いものが結構食べたくなりました。



すぐに気持ち悪くなって吐いてしまっていましたが…(´;ω;`)
いわゆる「食べづわり」と「吐きづわり」の両方があった感じだったので、体重はあまり変わらなかったです。
大好きだった甘いものが受け付けなくなりました。



性別ジンクスによると「甘いものを食べたくなると女の子」というものがあるそうなので、私は男の子だったので一応当たっていましたが根拠はないそうです。笑

最近の食事

体重管理は、食事>運動が大原則。
妊娠しているかどうかにかかわらず、体重の管理には食事がとにかく大事です。



運動で消費されるカロリーは微々たるもの。お尻を引き上げたい、などのボディメイクには運動や筋トレが必要になってきますが、基本は食事だと思っています。



最近の食事を載せますね。
つわりが明けてからは特に苦手になってしまったものはないので、妊娠前と同じような食生活をなるべくしています。

【マタニティ美容①】妊娠中の体重管理・食事について_2

★朝の定番:お米・納豆・お味噌汁・ヨーグルト

【マタニティ美容①】妊娠中の体重管理・食事について_3

★とある日の昼:ミネストローネ・ふかし芋・ほうれん草・トマト・豚しゃぶ

【マタニティ美容①】妊娠中の体重管理・食事について_4

間食:デーツ(鉄分が豊富)・ホットココア(ラカント&低脂肪乳)

プロテインの日も多いです。

【マタニティ美容①】妊娠中の体重管理・食事について_5

★とある日の夜:中華焼きそば(麺はもやしで代用)・キムチ鍋・冷奴

汁物のボリュームが結構あったので、この日は麺はやめ、もやしにしました。

ダイエット中は夜の糖質は控えていましたが、いまは食べる日も多いです。

この三食+間食くらいが個人的に理想としている食事です。


実際は毎日こんな食事ができているわけではないです…今のうちに食を楽しみたいですしね♫というかあまり出かけたりもできないので食が楽しみ…



毎朝体重を測って、増え気味だなと思ったらこのようなクリーンな食事で調整するように意識しています!



食材でいうと、ほうれん草は葉酸も鉄分も豊富な優秀食材なので、スーパーで安くなっていたら必ず買ったり、冷凍ほうれん草をスープに入れたりしています。



・タンパク質しっかり確保
・水分と食物繊維しっかり(妊娠中はめちゃめちゃ便秘になりやすいそう。私は今のところ平気です)



この2点に関しては、ダイエット中も妊娠中も変わらず大事だと思います!

サプリメントについて

【マタニティ美容①】妊娠中の体重管理・食事について_6

この3種類を飲んでいます。


①Lypo-C 

朝イチの空腹時に飲んでいます。下記のような理由により、ビタミンCをしっかり摂取することが推奨されているみたいです♬この効果なのかわからないですが、結構元気に動けています。
 
・妊娠中は女性ホルモンの分泌量の変化により、肉体的にも精神的にもストレスを感じやすく、ビタミンCが消費されやすいとのこと
・妊娠中は免疫力が低下しやすいこと
・妊娠中は肌トラブル、シミなどが起きやすいとのこと
(出典:Lypo-C公式サイト 「妊娠から出産、授乳、そしてビタミンC。」
 
②当帰芍薬散
これは妊娠前からずっと飲んでいて、冷えや体力低下を防ぐ効果があると言われています。
生理や妊娠中などの不調を訴える若い女性から、更年期障害で悩む中年の女性まで、様々な年齢の女性に寄り添い、人生をサポートする漢方薬です。
(出典:クラシエ公式サイト
 
妊娠前に漢方薬局で処方され、妊娠初期にドクターに聞いたところ、「流産防止に処方することもあるから飲み続けていいよ」と言われたのでそのまま続けています。
 
③葉酸・鉄分サプリ
1日1粒でよいところが気に入っています。鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収が高まると言われているので、朝、リポCを飲んで朝食を食べたあとに飲んでいます。
 
 

運動について

特別なことはしていなくて、とにかく「1日8000歩」を目標にちょこちょこ動くようにしています。マタニティスイミングなども考えたのですが近くになく、あと最近は寒いので手軽にできるウォーキングに落ち着きました。

【マタニティ美容①】妊娠中の体重管理・食事について_7

左上の数値が歩数。ひと目でわかるので、8000歩に足りないと、「あ、少しだけウォーキングしてこようかな」とか「少し遠目のスーパーに行こう」など意識できます。

******************************



いかがでしたか?



試行錯誤中ですが、赤ちゃんと自分の健康、そして余分な脂肪をつけないために食事面や体重管理で意識していることでした。



次回は、お肌のケアを中心としたマタニティ美容についてお伝えできればと思っています♫最後まで読んでくださりありがとうございました!

チーム★マキア/インナービューティ

なつ

2年目/混合肌/イエローベース

OL兼ブライダルモデル!幸福感溢れる花嫁姿を追求

いつでもウェディングドレスを着られる自分をモットーに、肌管理と体型管理に注力。一時的な無理なダイエットや美容法ではなく、一生続けられる食事・運動・美容法をお届け!

share