すっかり過ごしやすくなってきましたが、お肌にはまだまだ大敵がいっぱい。強い紫外線はもちろん、冷房による乾燥、外気温と室内の急激な温度変化、猛暑による睡眠不足……こうした過酷な環境を乗り越えた肌は、疲れきっています。

Image title

夏の疲れが蓄積されて、肌はすっかり「夏枯れ」状態に! トータルビューティアドバイザー 水井真理子さんに、夏枯れ肌のリセット法を教えていただきました。今の時期から肌の状態を見極めてお手入れをスタートさせることで、夏のダメー ジに負けないプルプルの肌をキープしましょう。


涼しくなって肌の不調に気づくのでは遅すぎる!
疲れ切った“夏枯れ肌”をリペアする最強コスメ


夏の間は皮脂や汗でベタベタしてついつい保湿ケアを怠ってしまった、乾燥とかくすみとか、今は特に感じないけれど……という人も多いかもしれません。夏の間は、汗と肌の潤いを混同してしまって、ついついスキンケアを短縮してしまいがちです。

ですが、夏の強い紫外線は肌に確実なダメージを与え、角層がスカスカになって乾燥したり、内側ではメラニンが大暴走したり……と、肌の中ではさまざまなトラブルが起きています。それに気づくのは、秋になって、汗が引いたとき。でも、そのときにはトラブルはかなり進行していて、肌はすっかり夏枯れ状態に。

なによりも老化を加速させるのが、保湿不足です! 紫外線ダメージでターンオーバーが乱れ、角層が重層化し、ゴワつきや乾燥した、潤いがキープできない段ボール肌状態にならないために、今まだ暑いうちから、普段よりも時間をかけて、たっぷりきっちりスキンケアをしましょう。


【次ページをチェック!】夏枯れ肌に使いたい! おすすめ美容液をご紹介します!

美容液を塗るときは、両手のひらで肌を優しく押さえて保湿成分を肌になじませるハンドプレスが必須です。このひと手間だけで、ずいぶんと肌への浸透がよくなり、潤いを肌に閉じ込めることができます。

疲れ切った肌を根本から立て直す、おすすめ美容液はこちら。紫外線によって失われてしまうハリや潤いを細胞レベルから取り戻しましょう!


ハリや潤い不足に徹底アプローチ!

美容のプロおすすめの美容液


Image title

左から
●アベイユ ロイヤル マイクロ アクティヴ セロム 30ml ¥16,500(税抜き)/ゲラン
真皮と表皮の双方にアプローチすることで今見えているエイジングサインだけでなく、早期予防効果を持ち合わせた新しい美容液。肌は弾むハリとなめらかさに満ち、使うほどにリフトアップされたかのように、すっきり引き締まった印象に。

●資生堂 アルティミューン パワライジング コンセントレート 50ml ¥12,000(税抜き)/資生堂インターナショナル
乾燥などの外的要因によるさまざまなダメージに負けない、強い美しさをめざす美容液。乾燥による小じわが目立たない、なめらかなハリ感によって、生命感に満ち溢れる印象に導きます。澄んだグリーンフローラルのフレッシュな香り。

●P.C. ナイト リハーブ 30ml ¥22,000(税抜き)/ヘレナ ルビンスタイン
植物の始原細胞を高濃度で配合した美容液。スキンケアの最後に使い、それまでに重ねてきたスキンケアを肌に押し込む役割をします。肌コンディションを整え、ハリのある輝く肌へ導きます。


次の記事では、「日中保湿ケア」を伝授します!


撮影/坂本よう子 文/中島和美


<<関連記事はこちら>>

美のプロたちに聞く、夏の終わりの正しいスキンケア方法【シミケア編】>>


エイジングケアの要はUV対策にアリ! 若々しい肌をキープするコツは?>>

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share