類稀なる美容コンシャスな国として知られる日本。「MAQUIA」4月号から、あの名品の開発秘話をご紹介。「日本で認められると世界で売れる」と言われているため、日本人の動向が商品開発に活かされていた!

Image title

世界中がニッポン人の美意識にラブコール♥
ここがスゴイよ! Jビューティ


実はあの名品も、そうだった
ニッポン向けコスメ


Image title

エスティ ローダー
パーフェクショニスト プロ ブライト セラム
「美容皮膚科医などプロの発想と先進技術で、全顔をブライトニングし、表情までも明るく発光するようなムラのない肌へ導きます。アジア地域で日本が先行で発売しました」(PR 鳥居真佐美さん)。50ml ¥14500


Image title

ランコム
ジェニフィック アドバンスト N
「スキンケアを重ねていく日本女性に合わせて、軽やかに肌になじむテクスチャー、使用後すぐのふっくら感にこだわっています」(PR 高橋スーザンさん)。30ml ¥10000


Image title

クラランス
V コントア セラム
「当時大人気だったリフトマンスール(現ボディ フィット)のフェイス用が欲しいという日本女性のニーズに応えるために研究が始まり、2019年には5代目が発売」(PR 三宅由香さん)。50g ¥9100


Image title

クリニーク
クラリファイングローション
「他人種と比較した際、日本人は刺激を感じやすい傾向のため、エクスフォリエーション効果と使用時の感触のバランスに注力しました」(PR 泉名麻衣子さん)。全6種(日本処方は1〜4番) 200ml 各¥3500



MAQUIA 4月号

撮影/橋口恵佑 取材・文/藤井優美〈dis-moi〉 構成/吉田百合(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

2020年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。7月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share