「MAQUIA」5月号では、1パーツを変えるだけで確実に可愛くなれるメイクテクを掲載中。今回は、色っぽリップ&グラデ塗り&マットリップの簡単テクを紹介します。

Image title

濃&薄ピンクのグラデ塗り

派手ピンクは薄ピンクを仕込んだ中央だけにのせると、グラデ風でこなれ感UP。

ITEM

Image title

リップスティック(右)華やかでモダンな印象のフューシャピンク。305、(左)シアーな発色で肌になじむ軽やかなキャンディピンク。105 各¥3000(セット価格)/ポール & ジョー ボーテ


HOW TO

Image title

1 薄いピンクを、唇全体に直塗りする。

2 濃いピンクを唇の中央にハート形を描くようにブラシで重ねる。


グロスは「叩いて」ぷるり!

Image title

色っぽい肉厚唇はグロスの塗り方にワザあり。叩いてのせればフチにグロスが溜まらず、中央でフィット。

ITEM

Image title

べたつかず軽やか。ディオール アディクト グロス 363 ¥3400/パルファン・クリスチャン・ディオール


HOW TO

Image title

唇のフチから中央にグロスを寄せるイメージで、グロスをとんとんと叩きながらなじませていく。これで自然と唇中央に厚みが出る。


【次のページをチェック!】マットリップを上品に使いこなす方法は?》》

マットリップをうる唇にON

Image title

マットリップはオシャレだけど縦ジワが目立ちやすい。保湿した唇に指で軽くのせて上品に。

ITEM

Image title

フレッシュでモダンな印象を宿すマットな赤ベージュ。リップスティック 9401 ¥3200/NARS JAPAN


HOW TO

Image title

リップクリームを唇全体に塗り、しっかり保湿しておく。指先にリップをとり、指でスルスルと滑らせるように塗り重ねる。


MAQUIA5月号

撮影/神戸健太郎(P110~P111) 岩谷優一〈vale.〉(P112~P119) ヘア&メイク/George スタイリスト/松島 茜〈io〉(P110~P111) 金山礼子(P112~P119) モデル/森 絵梨佳 仲間リサ 泉 はる(ノンノモデル) 取材・文/平沢朋子 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA5月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share