「MAQUIA」5月号で連載中の『EMI SAYS...,』では、読者のお悩みや質問に鈴木えみがお答え。今月は、新しい季節に向けて「第一印象」について聞きました。

出会いの春に第一印象をよくするには? 鈴木えみが好感度アップの秘訣をアドバイス!_1

えみはどう考えて、どう思う?
EMI SAYS...,

みなさんから届いた質問やお悩みに、えみが真正面から向き合う人気連載。再び巡り来る新たな出会いの季節に、人間関係に関するアドバイスをひとつ。


Q.初対面で第一印象を
よくする方法は?
A.目が合ったら微笑むこと。
そして、話を弾ませること。
メイクや服装も、印象の大事な要素に。 

出会いの春に第一印象をよくするには? 鈴木えみが好感度アップの秘訣をアドバイス!_2

ニコッて笑ってくれたら安心する。
逆に視線マウンティングは苦手です(笑)
誰かと知り合うとき、その場限りなのか今後もずっと関係が続くのか、お仕事や公的な場なのかプライベートなのか、相手やシーンによって対応が変わってくるものだと思うんです。だから、その都度フレキシブルに変化するのは関係を円滑にするために当然で、八方美人だとは思いません。ただ、『共通して第一印象がよく感じるのは?』って考えてみたら、初めましての場面で目が合ったときにニコッと笑いかけてくれる人なんですよね。なんか『よかったぁ~』って安心しちゃう。逆にちょっと嫌な感じでスッと目線をはずされたり、視線でマウンティングされると、『嫌いです‼(笑)』ってやっぱり思ってしまうかも。


人見知りをされるとこちらも人見知りになってしまうので、むしろ私の場合は先に話しかけちゃうことも多くて。よく母から「なんでえみはエレベーターの中とかで知らない人に話しかけるの⁉」って言われるけど、同じ空間にいるのに会話をしない方が違和感を感じてしまうんですよね。だから娘にも、「自分から先に挨拶したもん勝ちだよ!」っていつも伝えるようにしています。


初めましてで何を話していいか分からないという人もいると思いますが、自分との共通点は何かしら絶対にあるもの。まずしっかり観察してみて下さい。そして、話を弾ませる心がけも大切。私はどんな場所であってもその場が楽しい時間になって欲しいから、話を振ったり盛り上げたり、マスクで表情が伝わり辛いからこそ、なるべく目で笑うようにもしています。それだけじゃなく、服装やヘアメイクもやっぱり重要! 私にとってこの2つは名刺代わりであり、さらには、どう見られたいかにまで影響するものだと思っていて。だから品や女性らしさは常に意識するように心がけています。

出会いの春に第一印象をよくするには? 鈴木えみが好感度アップの秘訣をアドバイス!_3

出会いの春に第一印象をよくするには? 鈴木えみが好感度アップの秘訣をアドバイス!_4

MAQUIA 5月号
撮影/大辻隆広〈go relax E more〉 ヘア&メイク/佐川理佳 スタイリスト・プロップ/中野ゆりか〈LOVABLE〉 モデル/鈴木えみ(マキアミューズ) 
構成・文/森山和子 企画/吉田百合(MAQUIA)

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share