一年の半分が過ぎ、今日から7月。


本来ならば、東京五輪が開催されるはずだった今月、今頃日本中がどんなワクワクに溢れていたのだろう……


想像すると寂しくなりますが、スポーツ業界に関わる者として微力ながら、スポーツの価値をより知ってもらうための準備期間が一年延びたということで、今できることをどんどんやっちゃおう!キャンペーン中のyukinaです。



というわけで、まだまだ梅雨が続いていますが、この時期のお悩みの一つが髪型問題



湿気や汗によるベタつき、うねりなどのせいで、ヘアスタイルがキマラナイ。



在宅ワークを続けている方も多いと思いますが、特に出かけるわけでもないのに、髪をきちんとセットするために時間をさくのもなんだかなぁ……って感じですよね。


しかも、せっかくキレイにまとめても、どうせ湿気や汗ですぐに元通りになってしまうという、なんたる無駄な手間ひま!!



基本的に、仕事や家事の邪魔になるのでオールバックのポニーテールにしていることが多いですが、それさえも面倒くさい!という時には、「最初から髪を湿らせてボサボサにしてしまおう」作戦



使うのは、


「ヘアオイル」「バームタイプのヘアワックス」

「湿気やうねりには逆らわなくてOK!」梅雨時のヘアスタイリングのコツ_1

◆モロッカンオイルトリートメント


◆ジョバンニ シャイニーヘアワックス(チェリーブロッサム)



①夜に髪を乾かす前、モロッカンオイルを馴染ませてからドライヤーで乾かすと、サラッサラの髪のベースが整います。


乾かした後にも、毛先にさらにオイルを重ね付けしてから寝ると、起きた時に摩擦によるパサつきが軽減されてしっとりまとまりの良い状態になります。



②朝、余裕があればざっと毛先を軽く外ハネにして、バームタイプのヘアワックスをパール大くらい、手のひらでしっかり溶けるように馴染ませてから、毛先からバサバサッと髪を振るように全体に馴染ませます。撫でるようにつけるとぺったりしてしまうので注意!


前髪や顔まわりなどの毛束をつねるようなイメージで束感をつくりながら整えたら完成。



「湿気やうねりには逆らわなくてOK!」梅雨時のヘアスタイリングのコツ_2

私の髪は量が多くコシがあるので、セットしてもすぐ戻ってしまうのですが、オイル成分は揮発しないし、肩に沿って勝手に外ハネになるので、軽く下地だけつくっておけば髪の流れのニュアンスは一日中キープできます。



エアリーなヘアスタイルよりも、ちょっと重みのあるスタイリングのほうがトレンドな今だからこそ、最初からウェットな質感で重く仕上げておけばそれ以上の崩れはないので、おすすめです♪

share