こんにちは、さなこりん です!

皆さん「梅」は好きですか?
わたしは幼少期に梅農家の祖父母と
同居していたこともあり梅が大好きです。

近所の八百屋さんの店先でこの青々とした
実を見たら買わずにはいられず…♡
美容と健康にも良いと考え
梅シロップを作ることにしました!

ということで、
今回は大好きな梅の効果と、
ちょうど今が旬である青梅と
氷砂糖だけを使って自宅でつくる
「手作り梅シロップ」
レシピをご紹介していきますね!

【梅しごと】旬の青梅で手作り梅シロップ~クエン酸で疲労回復!~【おうち時間】_1

【梅シロップの作り方】



まず用意するのは
同じ重さの梅と氷砂糖
保存するための密閉可能な瓶
たったこれだけ!

わたしは1キロずつで作りました。

①青梅のへたを竹串等でひとつずつ取り除く。

 へたと梅の隙間の汚れもぐいっと掻き出します。
 へたはポロッと簡単に取れます◎

取り除けた様子がこちら。

【梅しごと】旬の青梅で手作り梅シロップ~クエン酸で疲労回復!~【おうち時間】_2

②へたを取った青梅を冷水で洗う


③青梅の水気をしっかりと拭き取る
 へたを取ったくぼみの部分もペーパーや
 つまようじ等でしっかりと水気を拭きます。

④熱湯やアルコールで消毒した瓶に
 梅と氷砂糖を交互に重ね敷き詰める
 わたしは最初に配分をミスしたのですが…
 一番上が氷砂糖の層になった方がベターです。

【梅しごと】旬の青梅で手作り梅シロップ~クエン酸で疲労回復!~【おうち時間】_3

⑤梅と氷砂糖が馴染んできたら、
 1日1回かき混ぜたり、瓶を揺する。

⑥砂糖の粒が完全になくれば完成!

 1ヶ月もあれば十分に漬け込みが完了◎

漬け込み開始初日の様子がこちら!

【梅しごと】旬の青梅で手作り梅シロップ~クエン酸で疲労回復!~【おうち時間】_4

まだ実が青々としていますが、
これが3日も経つとほとんどの梅が
黄色っぽい色に変化します!

【梅しごと】旬の青梅で手作り梅シロップ~クエン酸で疲労回復!~【おうち時間】_5

完成がとっても楽しみ!

一か月後にはこのシロップを活用した
ドリンクやフードについての記事も
書きたいと思っています。

そしてそして気になる
【梅の成分とその効果】
について。

そもそも梅のあの酸味は、
クエン酸リンゴ酸からくるものです。
酸味は胃液の分泌を促すので、
食欲増進にもつながります◎

また、クエン酸は疲労物質の
乳酸の生成を抑える働きがあるため
疲労回復の効果も期待できます!

梅干し等に加工することによって
カリウム、マグネシウム、ナトリウム
といったミネラル成分が豊富になります。

この3つのミネラルの働きを簡単にまとめると…

ナトリウム
カリウムとともに細胞の浸透圧バランスを保つ
神経伝達や消化管での水分吸収に関わる
とりすぎると体液や血液量を増やして血圧を上げる

カリウム
ナトリウムとともに細胞の浸透圧バランスを保つ
ナトリウムの排出を促して血圧を下げる
特に筋肉細胞に多く、筋肉の動きをよくする

マグネシウム
骨の形成・強化に関わる
動脈硬化、不整脈、心臓発作を防ぐ

約300種類もの酵素の働きを助ける

といったところです。

とっても身体に良さそうでしょう!

ちょうど今の時期に買える青梅。

そんなに大した手間もかからず、
漬け込むことが出来るので
梅シロップおすすめです♡

おうち時間の梅しごと、
皆さんぜひ挑戦してみてください!

***
最後まで読んでいただき
ありがとうございます◎

Instagramもぜひ見に来てください。
フォロー・コメントお待ちしております❤


***

【梅しごと】旬の青梅で手作り梅シロップ~クエン酸で疲労回復!~【おうち時間】_6

チーム★マキア/スキンケア

さなこりん

2年目/混合肌/イエローベース

ママだからこその時短美容をお届け

朝のメイクやスキンケアは時短重視、子供たちが寝た後は可能な限りじっくりとセルフケア。2児の子育て中のママでも無理なく続けられる美容を中心に発信していきます。

share