なつみるくです。2020年第一弾のブログは『カラーメイク』

カラーメイクといえば、バーガンディやオレンジ、ピンク…

初心者に使いやすいのは、人間に元からある血色感=赤味のある色かと思います。


私はメイク上手ではないのですが、カラーメイクのマンネリ化を感じていました。

そこで!

マキアのみんなのベスコスにも選出されていたアイテムで、マンネリを打破!

Image title

UZU

(左)EYE OPENING LINER KAHKI

(右)MOTE MASCARA KAHKI


アイライナーがベスコス入りしていたもので、発売当初から愛用していました!

そこで今回はマスカラもカーキをチョイスして、UZUのカーキメイク



まず、アイライナーの特徴を。

Image title

大和匠筆™の描きやすさはテクいらず!!

水・皮脂・湿気に強くて、クオリティも最高。

柄も手にフィットして持ちやすく、ベスコス入りも納得のアイテムです。

Image title

色はカーキと言っても、薄い墨汁のような透明感。

緑が主張しすぎずに、どんなメイクにも合う万能な発色。

ブラックは強すぎるし、ブラウンは鉄板、ボルドーもいいけど…

と色んな悩みから解放されて行きつく先にいるようなカラーです。


マスカラの特徴は…

Image title

最高純度のエンドミネラル™で、ケアまで可能なマスカラ。

こちらも水・皮脂・湿度に強く、ウォータープルーフです。

Image title

アイライナーに比べて、ザ・カーキといわんばかりのくすみグリーン。

ダークながらも自然光だとしっかりと発色します。

くすみカラーですが、まつげはツヤ感もある上品な仕上がりに。



実際のメイク画像が、こちらです。

Image title

室内の窓際で撮影して、このくらいの発色になります。

ダークさのあるカラーなのでまつ毛の存在が消されることなく、写真映りも◎

カラコンもカーキ系でまとめると、統一感が増しておしゃれな印象に!


アイシャドウをカーキにするのは、私には難しいなと思っていたのでこの2つだけ。

合わせるアイシャドウもブラウンはもちろん、ピンクもオレンジもいけちゃいます。

そう考えるとカーキの可能性は無限大…すっごく取り入れやすいと思います♡






Instagramではたくさんのコスメ情報を更新中です♡

Image title


MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share