「MAQUIA」3月号では、がんばらなくてもきれいになれるケア法を水井真理子さんが伝授。「効果が出ないからヤル気がおきない…」という声に対する水井さんの回答をチェック!

Image title

がんばらないくらいがちょうどいい
水井真理子の言い訳スキンケア

Image title

言い訳
だって効果が出ないからヤル気がおきない…

「たるみはマッサージを併用。シミは24時間美白を継続」
例えば、たるみなら美容液前にマッサージもプラスしてみる。お風呂で汗をかきながらケアするのもおすすめ。シミも難敵ですが、あきらめないで。スポッツ美白や美白ファンデなど総動員で24時間徹底してみて。ケア法を見直して続けることに意義があります。


Image title

鼻の付け根をプッシュしほぐす。
頬骨下がポイント、ここを柔らかに。
4本の指を頬骨下にひっかけクイッ
小鼻横〜耳前まで頬骨下をプッシュ。

Image title

顎〜耳下まで輪郭をつかんでプッシュ。
かみ合わせ部分をプッシュしほぐす。
肌全体を内から外に向かって引き上げ。


Image title

A 部分的な色むらやシミにアプローチするロールオン。エステダム ホワイト ロールオン セロムN 9ml ¥6000/NAOS JAPAN B ファンデーションを塗りながら、本格的に美白ケア。SPF30・PA+++。HAKU薬用美白美容液ファンデ (医薬部外品) 全4色 30g 各¥4800(編集部調べ)/資生堂



MAQUIA 3月号

撮影/フルフォード 海(モデル) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/yumi〈Three PEACE〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/佐藤さき(マキアビューティズ) 取材・文/山崎敦子 構成/山下弓子(MAQUIA)

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share