そろそろ乾燥が気になる頃。ひどくなる前に早めの対策を! 「MAQUIA」12月号では、美容家・小林ひろ美さんが今から備えておきたい乾燥対策についてレクチャー。Image title

脳×肌×体で追い風美容
小林ひろ美のキレイはかけ算

脳・肌・体の三方向から攻める美容こそ、キレイを手に入れる最短かつ最善の策! 今回は、落ち込んだ肌や心をレスキューするテクを伝授。


美容家
小林ひろ美さん

Image title

生活の中で見るもの触れるものを、楽しみながらできる美容へと変換。ミーハー心を持ちながら本当に効くものを見つける目利き。 


\読者からのお悩み/
「そろそろ乾燥が気になる頃。毎回、ひどい
 乾燥に陥るので、早めに対策を立てたい」


\answer/
 「備えあれば憂いなし
今から潤い補強を!」

「乾燥はあらゆる肌老化の根源。まだ冬本番じゃないけれど、先回りして今から補強しておくのは賢い選択ですね。ただ、いきなりどかんと重いコクのあるケアにしてしまうと、ベタついたり、化粧崩れを起こしたり……。いつものお手入れに、少し工夫をこらして潤い補強するだけで十分です。今から備えれば、ど~んと不調に陥らず乗り切れるはずですよ」


肌SWITCH
デイリーケアの潤い度を
少しだけアップグレート
「いきなり重いクリームを投入するのではなく、いつものスキンケアに潤い強化アイテムをプラス。例えば、お手入れのファーストステップとなる化粧水だけ、保湿力が感じられるジェル系やとろみのあるものに切り替える。または、美容液や乳液にオイルを一滴たらす。オイルは肌奥まで届きやすく、巡りを上げる効果が高いので、すぐさま肌が元気に」

Image title

1 手持ちの美容液やクリームに、オイルを一滴たらし、手のひらで混ぜる。

Image title

2 手のひらで顔を包むように、じっくりなじませる。乾燥部分は重ね塗り。

Image title

(右)夏の名残のくすみやシミケアもしながら、たっぷり潤い補給するジェル化粧水。HAKU メラノディープモイスチャー(医薬部外品) 100ℊ ¥4500(編集部調べ)/資生堂 (左)とろんとして潤いリッチ。モイスティシモ ローション 125㎖ ¥4500/ポーラ


【次のページをチェック】いつでも“保湿脳”で全身ケア! 》》

脳SWITCH
いつでも“保湿脳”にしておく
「乾燥対策は、脳から。ちょっとしたあき時間に、顔中を指の腹でぽんぽんパッティングして潤いの巡りを良くしたり、カフェでホットドリンクを飲む際に湯気を肌にあてたり。いつでもどこでもぱっと潤いチャージできる思考にしておきましょう。また、心が渇いてきたなと感じたら、ペットや植物、写真など可愛い&きれいなものを愛でると効果的!」

Image title


体SWITCH
ボディはお風呂保湿、
髪は睡眠保湿で乗り切る
「ボディもスキンケアと一緒で、ちょっとした潤い強化を。すみずみまでボディクリームを塗るのが面倒という人は、保湿効果の高い入浴剤を使うか、洗面器に乳液を混ぜてお風呂を出る際にかけるのがおすすめです。また乾燥する髪には、毛先に手持ちのオイルやヘアエッセンスを揉み込んだ上から、パーカなどのフードをかぶって眠ると、翌朝しっとり」

Image title

(右)毛先専用。毛先のもつれをとき、なめらかな髪に。ダメージレメディー シリーズ スプリット エンド リペア 29ℊ ¥3800/アヴェダ (左)シャンプー前のプレトリートメントや日中の保護オイルとしても活躍。ユイル レオノール グレユ 95㎖¥5200/レオノール グレユ ジャパン

Image title

美容液成分が肌を包み込み、じっくりと潤いを浸透。ジー・ファクター スパセラム 150㎖( 1 回使い切り)¥3139/アンファー

Image title1 毛先を両手で挟むようにして、ヘアオイルやエッセンスを揉み込む。

Image title

2 ヘアオイルなどがついてもいいパーカをかぶり、そのまま就寝。



MAQUIA12月号

撮影/山下みどり ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 取材・文/中島 彩(MAQUIA) 構成/吉田百合(MAQUIA)


【MAQUIA12月号☆好評発売中】


MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share