夏気分を盛り上げるサマードレス。普段のメイクだと違和感があったり、夏っぽさが表現できないというお悩みの声も。そこで、今月はサマードレスと相性のいいあれこれを提案。夏本番を迎える前にマスターして!

神崎恵 夏メイク サマードレス

神崎 恵の恋させる瞬間 美容劇場
きゅん♡を誘う女になる

教えていただいたのは…

1975年生まれ。美容家であり、3人の息子をもつ母。美容誌をはじめ、各女性誌で連載をもつ他、コスメブランドのアドバイザーを務め、 女性を美しく導く製品の開発、プロデュースを行っている。書籍の累計発行部数は170万部を超え、神崎ファン待望の初の料理本『神崎 恵のおうちごはんーさあ、なに食べる?』(扶桑社)が発売に。3人の息子たちに作っている、全126レシピが話題に。

Scene サマードレスに似合う夏メイク

神崎 恵さんが教える、サマードレスに似合う夏メイク。打開ポイントは「肌」に尽きる!_2

重い色は使わず、軽やかに!余裕を感じさせる艶肌ベース

サマードレスが似合う季節、今年ももうすぐ。大人になるたびに、さらりと気負わずドレスを纏うことができたら、どんなにかっこいいだろうと思うのに、体も隠したい、顔も塗り隠したい部分が増え、結果「頑張って着ています」感が出てしまうのが難しい。軽やかなサマードレス、簡単なようで難易度が高いのがこのアイテム。それは、ドレスという特別感がありながらも、完成型は軽さがあり、そこに着ている本人の「余裕」が見えなければならないから。特別なものを着る時には、顔も靴も全て特別にしなければならない。多分、そんな決まりはなかったはずなのに、なぜかそう思い込み、従ってきてしまった時間が長い分、「さらっとドレスを着る」は本当に、難しいな、と感じてしまう。


打開ポイントは、肌。「これに尽きる!」と言っていいほど、肌は影響力がある。例えば、着物に洗い上がりの顔。パジャマにしっかりメイク。が、なんだかしっくりこないように、肌は着るものとの関わり合いが深く、仕上がりの印象に強く作用する。まず、私たちが「軽やかにサマードレスを着る」なら、そのドレスが持つムードと同じ空気感を、顔に纏うことが大きなポイントになってくる。あの生地の薄さと軽さ、開放感を肌で再現する、そんなイメージ。


ここでの問題は、薄く仕上げる=肌のアラが隠せないじゃん! というところ。だから、今回はベースメイクの基本をちょっと変えてクリアする。使いたいのは、ハイスペックなコンシーラー。抜群のカバー力を持ち、ファンデーションのように塗り広げることも可能。加えて極薄に広がるから、肌の呼吸が聞こえるかもと思うほど、まるで素肌のような仕上がり。日焼け止めと下地の後は、このコンシーラーを欲しいところだけに広げ、なじませることで、カバーした部分も塗っていない部分も、「1枚の素肌」として仕上がる。それに加えて「シミもムラもない美しい素肌」に。サマードレスに、多分一番似合う肌はこれ。そして、サマードレスを纏ったひとが惚れ惚れするほどキレイに見える肌がこれ。ここに、ほんのり上気した艶を頬に重ねる。もちろんこれも「まるで自分の艶、自分の色」に見せるバランス力が重要になってくる。やりすぎず、塗りすぎず、程よくブレーキをかけながらも、効率よく美しさを作り出す。


さらりとドレスを着こなすひと……美しいな、と感じます。

MAKEUP

神崎 恵さんが教える、サマードレスに似合う夏メイク。打開ポイントは「肌」に尽きる!_3

厚塗り&ベタ塗り厳禁! 作り込まないヘルシー艶肌
2色のコンシーラーを使い分けて顔全体に立体感を仕込み、艶と輝きが美しいリキッドチークでヘルシー肌へ昇華。肌のキレイさを主役にしたいから、目元や唇に濃い色は重ねず、素肌っぽさをキープして。

神崎 恵さんが教える、サマードレスに似合う夏メイク。打開ポイントは「肌」に尽きる!_4

aTゾーン、目の下、目尻など、肌のアラが気になる部分にのせ、丁寧になじませる。オールアワーズ コンシーラー LN1、bダークカラーのコンシーラーは輪郭の引き締めに。耳手前からあご先へ2本線を描き、外側へ塗り広げて。同 MN7 各¥5940/イヴ・サンローラン・ボーテ c頬骨に沿ってチークを点置き。下側へ半円を描くように指で広げる。ディオールスキン フォーエヴァー グロウ マキシマイザー ピーチー ¥5940/パルファン・クリスチャン・ディオール

HAIR

神崎 恵さんが教える、サマードレスに似合う夏メイク。打開ポイントは「肌」に尽きる!_5

海あがりのイメージ。風を感じる無造作アップヘア
髪全体に波状のニュアンスカールをつけ、顔周りの毛束を少しだけ残して、それ以外を後頭部でひとまとめに。顔周りに残した毛束はヘアアイロンで巻いて、しっかりとカールをつける。

FASHION

神崎 恵さんが教える、サマードレスに似合う夏メイク。打開ポイントは「肌」に尽きる!_6

シーンを選ばない肌見せブラックワンピ
大人がサマードレスを1着選ぶなら、カラーワンピよりシンプルなブラックドレスを。このほうが場所を選ばず、着回ししやすいはず。さらに、アクセサリーをじゃらじゃら足すと、頑張ってます感が出るので、肌を主役にするイメージで装飾も軽めを意識。

神崎 恵さんが教える、サマードレスに似合う夏メイク。打開ポイントは「肌」に尽きる!_7

MAQUIA 7月号
モデル・メイク・文/神崎 恵 撮影/魵澤和之〈まきうらオフィス〉 ヘア/shuco〈3rd〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 構成・文/若菜遊子(MAQUIA)
ドレス ¥26180/ザ・ウォール ショールーム(ゴスペル) ピアス ¥8800/ロニ シューズ/スタイリスト私物
※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2024年5月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。マキア7月号の大特集は「顔もボディもまるごと磨いて 夏を迎える準備はOK?」。通常版・増刊の表紙は小芝風花さん、プレミアム版の表紙は京本大我(SixTONES)さんです。

ネット書店での購入

share