「MAQUIA」2月号では、春の新作コスメを使ったメイクを千吉良恵子さんが提案。注目の美女・三吉彩花さんが、ドラマティックな春顔にトライします。

【三吉彩花×千吉良恵子】アースカラーを質感ミックスで新鮮に_1

色は、バランスは、どうなる?
注目美女×人気アーティストが競演
春の新色でつくる最新フェイス6

TREND: アースカラーを質感ミックスで新鮮に


三吉彩花×千吉良恵子

三吉彩花さんのメイクアップ

新しい季節にはアースカラーを取り入れたいって直感的に感じていて。しかも、力の抜けた、でも強さを内に秘めたムードが気分だな、って。目元、頬、唇には、テクスチャーの異なるアースカラーを計算してまとわせています。メイク感や統一感はちゃんとあるのに、肩肘張った雰囲気がないでしょう? パーツによって変えたマット&パール質感がその秘密なんです。
―――BY CHIGIRA

Aルナソル アイカラーレーション EX09 ¥6200/カネボウ化粧品(3/19限定発売) Bザ ベージュライブラリー ブラッシュデュオ 02 ¥4000/RMK Division(1/4発売) Cルージュ ディオール 100 ¥4500/パルファン・クリスチャン・ディオール(1/15発売)

A 植物からインスパイアされた4色で奥行きのある仕上がりに。ルナソル アイカラーレーション EX09 ¥6200/カネボウ化粧品(3/19限定発売) B 肌になじみながら光を集める偏光パール入り。ツヤと立体感がひとはけで。ザ ベージュライブラリー ブラッシュデュオ 02 ¥4000/RMK Division(1/4発売) C まとった途端にモダンなムードが立ちのぼるマットなヌードカラー。ルージュ ディオール 100 ¥4500/パルファン・クリスチャン・ディオール(1/15発売)

HOW TO MAKEUP

HOW TO MAKEUP
EYE:A3を上まぶた広めに。しっかり色を感じるようのせ、アイラインレスでも目力アップ。下まぶたにはA4を。上下ともチップを使いラフになりすぎないように。CHEEK:B2は目尻側にハイライトとして、B12と少し重なるように半円形をイメージしてのせていく。LIP:唇の丸みを強調するようにCを塗る。

難易度高めに感じる色使いも絶妙な配置&グラデでオシャレに

難易度高めに感じる色使いも
絶妙な配置&グラデでオシャレに
―――BY AYAKA MIYOSHI


PROFILE
みよし あやか●雑誌『Seventeen』専属モデルとして約7年活躍。現在は雑誌『25ans』をはじめ多数の媒体でモデルとして活動。また、女優としても活躍中で現在Netflix『今際の国のアリス』が全世界独占配信中。

MAQUIA 2月号
撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉(モデル) Kevin Chan(物) ヘア&メイク/千吉良恵子〈cheek one〉 スタイリスト/鈴木美智恵 モデル/三吉彩花 取材・文/浦安真利子 企画/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share