ベースメイクでほうれい線を隠すとき、溝を全部埋めちゃってませんか? そのやり方、不自然さが目立つから絶対NGです!今回は「MAQUIA」4月号から、自然にほうれい線を隠すとっておきのメイクテクニックをお届けします。

Image title


見た目年齢を上げる嫌な影

ほうれい線


完璧主義派

“パーリィな光”でくっきり線をぼかして

「ほうれい線はすべてを消そうと躍起になってはいけない領域。線の溝は、全部埋めてしまうと不自然に見えるので、ほどよく埋める程度に留めましょう。大切なのは光感! 使うアイテムはレフ板効果が期待できる繊細なパール感のあるものを“一番下”に仕込むのがポイント」


A. ベースの段階から光感を味方につける

Image title

自然に仕上がるニュートラル色。キッカ ラディアント ヌード プレストパウダー 01 ¥4500、ケース¥1500、ブラシ ¥2000/カネボウ化粧品


B. 肌の色よりトーンを上げて明るく

Image title

ジェルにビーズを閉じ込めたメイクアップベース。肌の色を均一に整え自然な輝きを放つ。メテオリット バーズ 30㎖ ¥9300/ゲラン

Image title

1 Aのパーリィなベースを筆先にとり、ほうれい線に沿ってライン状にのせる。ベースはほうれい線からはみ出るように少し広げてもOK。

Image title

2 重ねるフェイスパウダーは肌の色よりも明るいのが原則。ファンデーションのあと、B1の部分に重ねるようにブラシでスーッとのせる。


【次のページをチェック】強い光で影を一気に飛ばす! ズボラさん向けテクニックはこちら>>>

ズボラ派

影を一気に飛ばすなら赤み系の“強い光”

「イージーにほうれい線を目立たなくするには強めの光感が必要。ファンデーションのあと、贅沢なパール感を備えたフェイスカラーをライン状にのせて。白だと逆に目立ってしまう可能性があるので赤みをブレンドして肌なじみよく」


C.ブレンドして色調整する

Image title

ホワイトとピンクの2色が収められたフェイスパウダー。きめ細かで肌なじみ抜群。ペルル エ ファンテジー ¥7500(限定)/シャネル


Image title

Cの2 色をブレンド。ブラシを縦に持ち、小鼻横からのびるほうれい線に沿って、上から下、下から上へと往復させるようにふわっと塗布。


MAQUIA4月号

撮影/当瀬真衣〈TRIVAL〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/小田切ヒロ〈LA DONNA〉 スタイリスト/福永いずみ モデル/スミス 楓 取材・文/靏田由香 構成/火箱奈央(MAQUIA)


【MAQUIA4月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share