「MAQUIA」11月号のスペシャルインタビューは石原さとみさん。大胆に髪をカットし、さらなる輝きを手に入れた彼女に、日頃実践しているスキンケア法と、そのこだわりを聞きました。

石原さとみさんのスキンケアのこだわりって? 「自分の肌を知る」ことが美肌の近道_1

石原さとみ
私を強くする「美容のチカラ」

about SKIN CARE
肌の状態がいいと、人との距離も近くなる。


Q肌トラブルが出たらどうする?
とことん原因究明!
「肌荒れしても落ち込んだりせず、すぐに原因を探るタイプ。食生活を見直したり、皮膚科に行ったり早めに寝てみたりと、原因がわかればやるべき行動も見えてくるんです。女性の場合はホルモンバランスがあるからどうしても荒れやすい時期があるけれど、スキンケアへのモチベーションが下がることはないかな。むしろ今までの生活やケアを見直すいいタイミングだと思って、逆にいろいろと頑張っちゃいます!」


Q30代になって、変わったことは?
アイクリームと美容液を愛し始めてます。
「年齢を重ねるにつれて徐々に“攻めのスキンケア”も取り入れるように。ドラマ中はトラブルが起きると困るので守りのケアが基本ですが、それ以外の時はかなり攻め! 中でもアイクリームと美容液の重要性を感じるようになりました」


Qスキンケアをするとき大事にしていることは?
手で顔に触れて、潤いや肌の状態を確かめる。
「スキンケアは全て手でなじませるのが私のこだわり。それ以外の時も、しょっちゅう顔に触れています。触れることで肌に何が必要なのかがわかるし、朝だったら“今どのくらい目が覚めているか”とか自分自身の状態も見えてくる。そうやってスキンケアを通して自分と向き合う時間を大切にしています」

USE ITEMS

USE ITEMS
目元は、3上のベースをアイホール全体に入れ、中央3色を混ぜて重ねる。一番下のカーキでまつ毛キワを埋め、下まつ毛キワも目頭と目尻を外して同様に。頬は4の一番下を骨格に沿ってシャープに入れ、下から2番目の青みピンクを頬真ん中に。唇はリップコンシーラーで地の色を整え、2をブラシで少しずつ付ける。眉は1でアウトラインを残すように描く。1 オーブ デザイニングアイブロウ BR802 ¥3300、2 同 タイムレスカラーリップ 01 ¥3520、3 同 ブラシひと塗りシャドウN 16 ¥4070、4 同 ブラシひと塗りチーク 01 ¥4290/花王

横顔も美しい石原さとみさん

Qスキンケアは気持ちにも作用する?
はい。例えば「いい香り」で気分を上げるって、大事。
「スキンケアって、いいことしかないですよね。肌が整って纏うものがレスになるほど、心も軽やかになる気がする。それに、いい香りのコスメを肌にのせるだけで人ってすごく素敵な気分になれるもの。私も最近いただいたコスメでそれを実感して、改めてお手入れすることのワクワク感を思い出しました」

斜め横顔の石原さとみさん

Qどうしたら肌がキレイになると思う?
まずは「自分の肌を知る」ことから。
「肌質を理解することはすごく大切。私は以前皮膚科で肌チェックをしてもらって、奥に潜むシミやソバカス、アレルギーなど徹底的に調べました。話題の美容法をがむしゃらに試したりするより、専門家に診てもらって必要なものを取り入れる方が結果的に近道だと思います」

SATOMI ISHIHARA

石原さとみ

1986年12月24日生まれ、東京都出身。第27回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞を経て、俳優デビュー。その後、映画、ドラマ、舞台など幅広い分野で数々の話題作に出演し、多くの賞を受賞。10月29日公開の映画『そして、バトンは渡された』では、初めての母親役にも挑戦している。

MAQUIA11月号
撮影/黒沼 諭〈aosora〉 ヘア&メイク/AYA〈ラ・ドンナ〉 スタイリスト/宮澤敬子〈WHITNEY〉 取材・文/真島絵麻里 構成/木下理恵(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年10月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。12月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share