「MAQUIA」8月号では、独自の美意識をもつ4名に、ステイホーム期間を経て改めて考えた美容への思いを取材。今回はYouTubeチャンネルも人気の、丸山 礼さんの美への熱い思いをお届け!

誰のためでもない自分の心地よさのために
やっぱり私、美容が好き!

家時間を過ごす機会が増え、日々のメイクやケアへの向き合い方を見つめ直した人も多いはず。そこで独自の美意識を持つ4名に、美容に対する今の思いを改めて語ってもらいました。 

丸山 礼さん
1997年4月1日生まれ。北海道出身。2016年にお笑いタレントとしてデビュー。鋭い観察眼が光るモノマネで一躍お茶の間の人気者に。YouTubeの『丸山礼チャンネル』ではメイクや着こなしに関する動画も発信し、視聴者から共感を得ている。


ステイホーム中は
美容熱が高まって爆発しそうでした!
「ステイホームの期間はお手入れが全然できなかったので、美容熱が高まりすぎて爆発寸前に(笑)。明けたらパーマをかけて、脱毛やネイルもして......とワクワクしながら過ごしてましたね。自分が本当は何がしたいのか考える時間もできたし、そのためには何が必要なのかを突き詰めるいい機会だったんじゃないかなって思ってます」


美容の目覚めは上京してから。
周りのキレイな人に刺激を受けたんです
「学生時代はあまり美容を意識していなかったけど、東京に来たらキレイな人がたくさんいてビックリ。私も髪や爪、匂いなど末端までキレイに整えてもっと可愛くなろう、と刺激を受けました。今は周りのお姉さんたちが教えてくれる情報をありがたく頂戴しながら、全力で美容に励み中!」


おうち時間は肌断食や
宅トレに挑戦してみました
「人に会わない時期にしかできないことをしようと思ってトライしたのが肌断食。ニキビはよくなったけれど、肌がカサカサになりすぎて1日でやめました(笑)。自粛中は痩身マシンのハイフを打ちに行けなかったので、代わりとして100均でカッサを購入。テレビの見すぎでカチカチになった肩や溜まった老廃物をゴリゴリほぐしてました」

令和版の『ビリーズブートキャンプ』にも挑戦

「令和版の『ビリーズブートキャンプ』にも挑戦。隊員に動きが緩いおっとりさんがいて、多様性を感じました(笑)」。YouTube『丸山礼チャンネル』


美容もお笑いも“オーガニック自分”主義
「私たちの世代って、芸人でも自虐しないし自分を大切にする“自然由来”な人が多い気がします。私自身も人をイジッたり無理に痩せようとしたりせず、“オーガニックな自分でいたい”って思っているんです。今はYouTubeやSNSを通じても発信できる時代だから、いろんなやり方で新しいお笑いや“自分は自分でいい”っていう価値観を提案していけたらいいな」


お手入れは基本プロ任せ。
眉サロンに行ってから
アカ抜けたって言われます
「やる気は人一倍あるものの、自力でダイエットやお手入れするのはニガテ。プロの力を信頼して、ケアはお任せしてます。ネイル、小顔矯正、ハーブピーリング、その他にも色々通っているけれど、お金が大変なのでどれも2カ月に一度程度です。中でも劇的な変化を感じたのが眉サロン。それまで自然な方が可愛いと思ってたんですが、ボーボーだった眉を整えたことでアカ抜けたねってよく言われるようになりました」

liberte リベルテ

liberte リベルテ
●東京都新宿区歌舞伎町1-2-3 レオ新宿ビル602
☎03(6228)0180
営業 13:00〜24:00 不定休 
アイブロウケア ¥4320(税込)



MAQUIA 8月号
撮影/髙木健史〈SIGNO〉 ヘア&メイク/KUBOKI〈Three PEACE〉 スタイリスト/コギソマナ〈io〉 取材・文/真島絵麻里 構成/火箱奈央(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA2020年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share