シースルーバングと襟足のくびれ感をトレンドマークに、耳かけで少しクールに仕上げたミニボブヘア。トップに入れたレイヤーの効果で、短めレングスでもふんわり女っぽいのが自慢。顔まわりの長さを残しているから、スタイリングで簡単にイメチェンも可能です。オトナ女子が取り入れやすい、控えめな外ハネヘアにぜひトライ。

Image title

リップラインでカットした短めのボブベースで、表面にレイヤーで動きをプラス。裾は切りっぱなし風にして、パツンとした質感をキープします。前髪は目に被る位置でごく薄めにカット。シースルーな質感で女っぽさを引き上げて。カラーは7トーンのベリーショコラをメインに使い、表面中心に細かくハイライトをイン。秋らしい深みのある髪色を楽しみつつ、旬な透明感も手に入るおすすめのデザインです。

Image title

根元中心に温風を当ててドライ。乾いたら26㎜アイロンを使い、全体の毛先を軽く外ハネに巻きます。表面は毛束を持ち上げてワンカール内巻きに。この一手間でふっくら立体的な仕上がりになるから、ぜひ試して。前髪はアイロンで少し強めにカールをつけて、目元に奥行きをプラス。マジックカーラーで巻いてもOKです。スタイリング剤は軽めのオイルを使い、手によくのばしてから手ぐしでなじませて。コツはまず内側からなじませ、だんだん外側に広げていくこと。これでつけ過ぎをセーブでき、お好みの質感に仕上がります。最後に手に残ったオイルで前髪に束感をつけてできあがり。気分を変えたい日は、前髪をピタッと分けてグリースやシアバターでタイトにしても素敵。モード&レトロなおしゃれルックが楽しめます。


スタイリスト/中園香峰(NEUTRAL produced by GARDEN) モデル/渡辺 瞳 文/永田未来(ichigo)

NEUTRAL produced by GARDEN    http://neutral-garden.jp/

MAQUIA書影

MAQUIA2021年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share