ラフなムードなのに色っぽさが隠せない、おしゃれ度高めのレイヤーボブスタイル。こなれ感のポイントは長めに設定したシースルーバングと、首元のナチュラルな外ハネカール。アンニュイに揺れる毛束で目力をUPさせつつ、くびれシルエットでスタイルに抜け感を与えています。明るめのカラーで透明感をプラスして、ひと味違うクールセクシーな魅力を放ってみて。

シースルーバング×レイヤーの抜け感ボブ肩上レングスのボブベースで、前髪はノーズラインに設定。顔型に合わせて中間部からレイヤーを入れ、軽やかな質感を作ります。パーマは20〜28mmロッドで毛先を平巻きにし、エアウェーブをオン。ふんわりとした手触りと再現性の高さが自慢の人気メニューです。カラーは10トーンのスモーキーベージュをメインに使い、ブリーチでハイライトをプラス。スタイルに立体感が備わるとともに、透明感も大幅UP! 褪色時も「プリン」に見えにくく、おしゃれ感を長くキープできます。
シースルーバング×レイヤーの抜け感ボブ根元中心に温風を当てて乾かし、ふんわりとしたベースを作ります。乾いたらバーム系のスタイリング剤を使い、全体の毛先からしっかりと揉み込んで。最後に手に残ったスタイリング剤を前髪になじませ、束感を作ってできあがり。動きが足りない時は32mmアイロンを使い、襟足や耳上の毛束を外ハネにするとgood。さらにトップを上に引き出して根元まで内巻きにすると、ワンランク上の仕上がりが楽しめます。コーデに合わせて長めの前髪をセンターパートにしたり、サイドに流して表情を変えても素敵。耳かけやラフな一つ結びにして、スッキリ顔に仕上げるのもオススメです。


スタイリスト/近藤拓人(MINX原宿店) モデル/広瀬栞南 文/永田未来(ichigo)

MINX原宿店 http://www.minx-net.co.jp/salon/harajuku/

MAQUIA2020年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share