RMKから早くも秋の新作コレクションが登場。「歌麿の美人画」から着想を得たという“UKIYO Modern”は、鮮やかで大胆な“大人の赤”をフィーチャー。見ているだけでワクワクする、赤で統一された美しい世界観に釘付け!

A 江戸桜 トランスルーセントBB 全2色30g 各¥4,500
B 江戸茜 トランスルーセント グロス 全1色 ¥2,800
C キセル Wライナー 全5種 各¥4,000
D タイムレス マットエフェクト リップラッカー 全3色 各¥3,500
E ウキヨモダン アイシャドウパレット 全3種 各¥5,800
F ウキヨモダン ブラッシュ 全2色 各3,200
  すべて8月1日数量限定発売
G 江戸桜 トランスルーセントBB 全2色 各¥4,500 
  9月1日数量限定発売

RMKのクリエイティブ ディレクターのKAORIさん曰く、今回のコレクションの裏テーマは「美人妖怪のファンタジーワールド」なのだとか。江戸時代の美人画を現代風にアレンジしたような、オシャレなイラストがステキです。

▼WEBエディター 
NAKAMURAが試しました!


あずき色、赤、グレイッシュな紫、スモーキーな緑の4色がセットされた「ウキヨモダン アイシャドウパレット」01。リッチなオイルを抱え込んだ粒子の細かいパウダーが肌に溶け込んで、ほんのりツヤめいた目元を演出します。

見た目は少し派手めですが、肌に溶け込むようなじんでピタッとフィット。濃淡も思いのままにコントロールできます。
例えば、まぶた全体にあずき色をのせ、紫で深みを出しながらポイントで緑を使ったらステキなんじゃないかと妄想中。右上の赤は、目の際や目の下にラインとして使うと、色っぽく仕上がりそう。


02 フレッシュなオレンジ×シックなモーブ、03 鮮やかなレッド×くすんだレッド、04 深みのあるレッド×ブラウン

ふんわりと軽やかに発色するアイライナーとクリーミーな質感のリップライナーがひとつになった「キセルWライナー」。さまざまなニュアンスの赤リップに意外性のあるアイシャドウを組み合わせることで、粋なモダンメイクを実現します。
名前はライナーとなっていますが、どちらもするするとのびる柔らかな質感なので、まぶたや唇全体に使えます。



RMKから初めて登場するBBは、ピンク系の01とコーラルの02の2種類。写真はナチュラルなコーラルです(SPF15・PA+)。毛穴や凸凹、クマなど気になる悩みを程よくカバーしながら、肌そのものの質感を残した仕上がりに。もともとキレイな肌に、さっとおしろいを纏ったような“透け感のある美人肌”みたいなイメージです♡
 
ご紹介したRMKの新作はすべて数量限定発売です。気になった人はお早めに〜。

●お問い合わせ先 0120-988-271

※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

NAKAMURA

マキアオンラインエディター

NAKAMURA

#マンデーカラースウォッチと#金曜日の肌投資コスメを担当。お腹まわりのぷよぷよが気になり、ついに部屋の奥に追いやられていた腹筋ローラーを引っ張り出しました。夏までにどれだけ引き締まるか、自分に期待!

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share