真っ赤とか赤茶系のリップも大好きなんだけど、最近はほんのり血色感があるベージュ系リップがマイブーム。マスクで顔が隠れちゃうからっていうのもあって、リップが目立つより、顔全体に溶け込むような雰囲気もいいな〜と思っています。

上品なマットリップがマスク生活にマスト【伊藤千晃のBijyo Diary】_1

右/ランコム ラプソリュ ルージュ IM 226
左/トム フォード リップ カラー マット 307

ポイントはどちらもマットリップっていうこと。普通のリップより断然マスク移りしにくくなりますよ〜。「どうせマスクで隠れちゃうし」なんて思うけど、それでもリップをちゃんと塗っていると気持ちが全然違う。マスクを取る機会も多いから、そうなったときになにも塗ってないのもどうかな。と思うし、ね♡

【伊藤千晃のBijyo Diary】ブログ一覧はこちら >>

モデル・アーティスト

伊藤千晃

1987年1月10日生まれ。愛知県出身。2018年9月にソロとしてアーティスト活動を本格始動。 2019年11月には1stアルバム「Be」をリリース。美容誌でモデルとして活躍しながらライフスタイルブランド「KIKI AND DAYS」のブランドディレクションを行うなど幅広く活躍中。ジュニア野菜ソムリエの資格も取得し、美容・ファッションに関する豊富な知識で同世代の女性からの支持も高い。

share