「少しずつ進行するエイジングには誰しも逆らえないものですが、自分の肌状態を知ることですべきことがわかり、未来の肌が変わります」と語る水井真理子さん。今取り入れるべきケアや使うべきものは何かを、水井さんが丁寧にお見立て!

40代 スキンケア

教えていただいたのは
水井真理子さん

トータルビューティアドバイザー

水井真理子さん

豊富な美容知識で肌、体、食のトータル面から効果実感の高いケアを提案。肌を見るだけでその人の生活習慣やお手入れ法を見抜き、的確で優しいアドバイスをしてくれる。

ちょっとした意識でキレイは再び回りだす
水井真理子さんの肌占いで
40代から上向くスキンケア

自分の肌を理解し、対策を組みましょう
「40代になると、毛穴やシミなどの部分的な悩みに加え、複合的な“形状変化”が現れるようになります。まぶたが重くなったり、シワやほうれい線が長く濃くなったり、フェイスラインがぼやけたり……。特にこの世代は仕事や家庭、子育てに忙しく、自分のことを後回しにしている人が多数。また、たくさんのスキンケア製品に触れてきたからこそ、どれがベストなのか分からず、迷子になる人も多いように見受けられます。何をすればいいのか迷ったら、まずはこれまでの生活習慣やお手入れを振り返り、軌道修正を。最適なケアを取り入れることで、ポジティブで明るい毎日と美肌が待っていますよ」(水井さん)

相談者
中西麻里衣さん

マキアビューティズ

中西麻里衣さん

40歳。混合肌。11歳・10歳・4歳の3児の母。目まわりの悩みが深刻化。

[ お悩み ]20代から目の下のクマが悩み。最近では目尻のシワや影が顕著に現れてきたのでそろそろ美容医療に頼るべき?
「40代に突入して目まわりのトラブルが目立つようになりました。鏡を見るたびに落ち込むことが増え、セルフケアに限界を感じるように。美容医療の力を借りたいと思いながらも、まだ自分でのケアを諦めたくありません」

中西さんの肌ヒストリー


〈 17歳 〉
宝塚音楽学校に入学しメイク開始。1人暮らし&多忙を極めていたため、手抜きスキンケア。
〈 18〜26歳 〉
舞台化粧+日常のメイク。日によっては1日に何回もメイクすることがあり肌を酷使。舞台メイクの下地にはニベアの青缶、メイク落としには蜂乳クリーム石けんを使い、肌を労るように努力。
〈 26歳 〉
結婚。マキアに出合う。美容知識が増え、肌を大切にするように。妊娠中はリッチなコスメで肌がかぶれたことも
〈 30歳〜 〉
導入美容液やフェイスマスクも使い始める。「肌を擦りすぎない」「メイクはきちんと落とす」「保湿」の3つを心がけているがエイジングサインが消えない。

<水井さんのお見立て>
美容医療に劣らない先進技術を搭載した
スキンケアを試してみて。 アイゾーンには
ふっくらハリのある目元を叶える美容液を。

水井さん「コスメの力信じて」

記事が続きます

本気のエイジングケアを投入するタイミング
中西 肌そのものというより、20代から目の下のクマに悩んでいて、最近では生理前から生理中は徹夜したかのように真っ黒。それに加えて目尻のシワも増え、美容医療の選択肢もチラつくように。
水井 それは目が大きいがゆえの悩みでもありますね。目まわりの影には、リバイタルの目元美容液(A)がおすすめ。これは、その後に使う化粧水の水分に反応してヒアルロン酸がふくらんで、クマやシワの印象を和らげてくれるんです。
中西 すごく良さそう〜。
水井 中西さんの肌はどんな化粧水でも合ってしまうタイプね。
中西 そうなんです。なので、そこまでこだわりはなく、気に入ったアイテムをリピ買いしてます。
水井 それも素敵なことですが、そろそろ本格的なエイジングケアを始める頃合い。アスタリフトの化粧水(B)は肌の全層に潤いとハリを与えてくれるので、今の肌を底上げ。さらにSK-IIのクリーム(C)は目に見えない炎症にアプローチし、肌トラブルの起きにくい状態へと調節してくれます。
中西 これからは年齢に応じて、コスメをきちんと更新します!

水井さん「“美しい”を更新しましょ」

肌力を高める
+αテクニック

美容医療がチラつく40代に! その前に試したい、肌を上向きにするスキンケアとは?_4

ハンドプレスで成分を閉じ込める
化粧水やクリームは手のひらで肌を包み込むように優しく塗布。手の位置を下から上へと少しずつずらしながらなじませる。

記事が続きます
美容医療がチラつく40代に! その前に試したい、肌を上向きにするスキンケアとは?_5

脱力した指先でタッピング
中指と薬指に美容液を取り、手の力を抜いて肌にそっと当てる。軽く触れる程度のタッチで目まわりをトントンとマッサージ。

おすすめは先進技術搭載アイテム

リバイタル 
アイゾーンブースター

美容医療がチラつく40代に! その前に試したい、肌を上向きにするスキンケアとは?_6

洗顔後の肌に使用してふっくらと
「角層深くまでヒアルロン酸で満たし、目まわりの影を軽減する画期的なアイケア」(水井さん、以下同)まさに“塗るヒアルロン酸”。15ml ¥11000/資生堂

記事が続きます

アスタリフト 
アドバンスドローション

美容医療がチラつく40代に! その前に試したい、肌を上向きにするスキンケアとは?_7

角層・表皮・真皮にアプローチ
「全方位であらゆる肌悩みをケア。エイジングに立ち向かう万能ローション」ナノ化したワセリンが素早く浸透。130ml ¥4180/富士フイルム

スキンパワー 
アドバンスト クリーム

美容医療がチラつく40代に! その前に試したい、肌を上向きにするスキンケアとは?_8

“エイジングの火種”に先回りしてケア
「既存のエイジングサインだけでなく、未来も見据えてケアが可能」複合的なエイジング悩みに包括的に働きかけるクリーム。50g ¥17050(編集部調べ)/SK-II

記事が続きます

ターニングポイント肌を立て直すための改善ポイント

(1)目元用美容液で本格的なアイケアを
「目まわりの影が気になるなら、早めに目元用美容液を取り入れるのが賢明。肌全体よりも部分的に悩みがある場合は、専用コスメを取り入れて集中ケアするのが最善の道」


(2)年齢や目的に合ったアイテム選びを
「パッと見はどんなに肌状態がよくても、エイジングの影は忍び寄っています。今だけでなく、未来の美しさを求めて、年齢や目的に応じたエイジングケアアイテムを活用して」


(3)生活習慣を見直して冷えない体づくりを
「目の下のクマは冷えはもちろん、寝不足や目の使い過ぎによる血行不良も要因のひとつ。体を温める食材を摂ったり、下半身を重点的に温めるなど体の代謝を高める意識を」

MAQUIA 3月号
撮影/藤澤由加(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/永田紫織〈Nous Inc.〉 スタイリスト/滝沢真奈 取材・文/佐藤 梓 構成/奈良彩花(MAQUIA)
(水井さん)ロングカーディガン ¥13480/リグリーム イヤリング ¥35200、ネックレス ¥22000(ウノシエル)/フォーティーン ショールーム
(中西さん)ブラウス ¥14500/リグリーム ピアス ¥14300/リキッド

※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA Plus TOPへ
MAQUIA書影

MAQUIA2024年2月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。4月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share