「MAQUIA」6月号では、無理なく自分に合ったケア法で美ボディを手に入れている女性たちにインタビュー。飯豊まりえさんの美脚のヒミツとは?

自分を知って、自分に合ったやり方で。

健やか美女たちの「このカラダが私。」

自分の体質や性格を知った上で、自分に合ったケア法を会得している人こそ、無理なく自分らいし美ボディを手に入れている。ボディメイキングのヒントがたくさんつまったインタビューをお届け。

飯豊まりえのすらり美脚

“続ける”ケアで自信の持てるボディを育てる


飯豊まりえのすらり美脚

「脚の形は、自分の努力で手に入れたと自負するパーツです。昔は太ももが横に張っていたし、今でもむくんだり、ラインが崩れたなどの気になることは日々の変化として常にある。それを『仕方ない』じゃなくて『だったら納得いくようにケアしてみよう』っていうのが私の流儀。待ち時間に脚をほぐしたり、ジムで筋肉をキープしたり、寝る前のマッサージを習慣化したり。納得のいく状態をキープできていると、自分に自信が持てるようになるし、ポジティブな気持ちにも。時間やお金をたくさんかける、ということではないんです。自分ができることを“続ける”ということが大切だと思っていて。ストレッチをするなら動画を見て真似したり、歩き方や座り方を意識してみたり。日常生活で取り入れられることってたくさんありますから。それから、良く食べ、良く寝ることも重要なポイント。やっぱり寝ないとむくみは取れないしリセットできない。少しのアクションで体も心もポジティブに。それが理想の体を維持する決め手です」

とにかくむくみ&冷えをケア
「第二の心臓とも言われる脚は常に温めています。全身のめぐりを円滑にしてくれる重要なパーツ。寝ている間も窮屈に感じない、レッグウォーマーを愛用しています」

シルクレッグウォーマー ベージュ ¥22000/イオンドクター

脚の冷えやむくみをリリースしてくれるシルク素材のレッグウォーマー。シルクレッグウォーマー ベージュ ¥22000/イオンドクター

飯豊まりえ

この脚は、努力で手に入れたって、胸を張って言えますーー飯豊まりえ

美味しく食べて食べすぎたら運動! 心身共に健やかに
「免疫が弱まるし、肌がカサつくので体型維持のための食事制限はしません。しっかり食べてしっかり運動する方が健康的だし、増えても戻しやすい体になります」

飯豊まりえの美脚

毎日30分のマッサージが日課
「クリームとオイルを混ぜてたっぷりと脚に塗り、セルフケアするのが日々のルーティーン。足裏から太ももに流すよう手早く簡単に。老廃物はその日のうちにケアをするのが、いつでも自信を持って出せる脚をキープする秘訣です」

Profile
いいとよ まりえ●'98年1月5日生まれ、千葉県出身。雑誌『MORE』『Oggi』などでモデルを務めるかたわら、ドラマ、バラエティなどにも多数出演。



MAQUIA 6月号
撮影/三宮幹史〈TRIVAL〉 ヘア&メイク/加勢 翼 スタイリスト/徳永貴士 取材・文/浦安真利子 真島絵麻里 通山奈津子 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。

MAQUIA2020年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share