突然なのですが、大人になってから3回目の歯列矯正を現在進行形で行っています。



ステイホームが当たり前になり、マスク必須の生活。



不要不急な用事がない限り外に出る事がなくなったこともあり、ここ一年強ほどは歯科矯正を始める人が増えた気がします。


突然のカミングアウトなのですが私、小児歯科矯正(床矯正装置、ワイヤー矯正)、マウスピース矯正の3種類を経験済み。




特別出っ歯でもすきっ歯でもガタガタでもなかったのですが、上顎と比較して下顎が小さすぎるので噛み合わせが悪く、永久歯に生え変わるタイミングて勧められたのが矯正の始まりでした。




外科的な手術を用いない歯科矯正の定番内容はほぼ経験しているので、思い返しながら書いていきます。

【歯科矯正中】矯正するまでの理由や費用についてざっくりまとめました!_1



ちなみにですが、今回歯科矯正を始めた理由は主に3つ。




①矯正戻りで下の歯のガタツキが一眼で分かるようなった



②両顎の顎関節で口を大きく開けれなかった



③笑った時にガミーになる口元だった





特に②は私生活に支障が出ていて、③は昔からコンプレックスでした。

上記3点を改善するべく抜歯の有無どちらも考慮した上でいくつか専門医のいる歯科を周り、表ワイヤー・裏ワイヤー•マウスピースと各院で一通りの検査をしました。




※今回の歯科矯正を始めるに当たって実際に受けた歯形取りから撮影含めた病院での精密検査はどこも4〜50,000円程度。

【歯科矯正中】矯正するまでの理由や費用についてざっくりまとめました!_2



見積もりを簡単に出しますが、




表側ワイヤー矯正
装置代:400,000〜700,000円
保定装置代:50,000円前後



裏側ワイヤー矯正
装置代:1,100,000〜1,300,000円
保定装置代:50,000円前後
 
ハーフリンガル矯正(裏表混合)
装置代:850,000〜1,000,000円



インビザライン(全歯)
マウスピース代:850,000〜1,000,000円
保定装置:40,000〜60,000円



インビザラインGo(前8本の矯正)
マウスピース代:350,000〜500,000円
保定装置:40,000〜60,000円




ワイヤー矯正のみ調整費含むで全て込み価格で、マウスピースは月1に5,000〜7,000円メンテナンス費が追加でかかります。



私の場合三度目の歯列矯正と言うこともあり、ベースが完成している分大きく動く必要がない+大きく動かすのがとても難しい。とのことでインビザラインGo一択でした。




ちなみに動かす距離が短いので装置開始から3か月で矯正終わるよーと言われたものの、余裕で8か月経っています(流石にクレーム入れました)




技術があってもテキトーなことを言う歯医者も実際いたので期間や追加の値段に関してはしっかり確認してくださいね。

【歯科矯正中】矯正するまでの理由や費用についてざっくりまとめました!_3

【歯科矯正中】矯正するまでの理由や費用についてざっくりまとめました!_4

精密検査はワイヤー矯正ですと粘度みたいなものを口にぶち込まれて一定期間放置されるのでかなり苦しいのですが、インビザラインはペンのような器具で歯をなぞるだけなのでかなり楽。




小学4年生〜小学6年の春まで床矯正装置。赤い樹脂の入れ歯のような矯正で全く痛くないです。



小学6春に上の歯だけワイヤーに切り替え中学1年生の夏前まで付けていました。
ワイヤーは痛すぎて卵豆腐生活してました。




未成年の矯正は床矯正上下+ワイヤー上+メンテナンス込みで40万弱程度と親から聞いています。





矯正装置そのものは13歳で外れましたが、時間が経つと戻るんですよね歯って。



頬杖だったり、噛み締めだったり、日常動作で少しずつ骨が動いていつの間にか歯がガタついいのが正に私です。

【歯科矯正中】矯正するまでの理由や費用についてざっくりまとめました!_5

マウスピース矯正ですが、こちらは全く痛みはありません。どちらかと言えば動かして時は痒いが近い。



実際今矯正をしていて、やってよかったと思うのは



①口が開くようになった



②何故かガミーが大幅に改善した



③歯間が広がりフロスがしやすくなった




手入れは大変ですが現段階でやってよかったと思ってます。




ただやっぱり病院選びは大切ですね。





なんだかまとまりがないですが、これから矯正を検討してる方の参考きなれば嬉しいです。





麻衣子

チーム★マキア/スキンケア

麻衣子

4年目/乾燥肌/ブルーベース

土台命!メイクよりも素肌を整える事に全力

福岡から発信。「土地柄pm2.5に花粉に黄砂に年中とにかく荒れやすい気候の中で生きている」という危機感のもと、素肌磨きに重点を置く。

share