過ごしやすい秋の季節になってきましたね。
そんな今の季節「洗顔後に乾燥しやすい」「なんだか肌がカサつく」「肌が乾燥しやすい」と感じることありませんか?


この違和感、「秋の乾燥肌サイン」



これを放置してしまうと、乾燥が加速し敏感状態になりスキンケアをつけたときにピリピリする、粉がふく、皮がめくれる、シワっぽくなるといったことに...。


「あれ?」と感じたらスキンケアの仕方を見直してみましょう。 

■秋の乾燥肌は夏のアレが原因!?

季節の変わり目になると肌の不調を感じる、秋になると毎年肌が不安定と感じるのには様々な原因が考えられます。その原因は?



・真夏の紫外線ダメージ
紫外線といえば「外」や「レジャー」というイメージがあると思いますが、紫外線はガラスを通過したり、建物の壁も反射するため、室内で過ごしていても浴びていることも。
 
・エアコンや扇風機の風ダメージ
湿気もあり、気温も年々高くなっているんじゃないかと感じるほど暑い夏。
エアコンや扇風機などで室温を調整しなければ、暑さによって体調を崩しやすくなるため必要不可欠ですね。
その一方で、長時間、長期間のあいだ「風」にさらされることによって肌の表面、内側の水分が奪われやすくなります。
夏のあいだは汗や皮脂でそこまで気にならなかったものの、秋になると乾燥を感じるのは夏のエアコンや扇風機などの風による影響かも。
 
・気温の低下、空気の乾燥
季節の変化とともに気温、湿度も変化するため、夏に比べて秋冬は空気が乾燥しやすくなることで、肌の水分が奪われやすくなり乾燥感を感じます。
 
・スキンケアの量や仕方が年中一緒
スキンケアは肌のコンディションを整えるためのもの。
季節の特徴に合わせて、スキンケアの量や仕方も変化させるのが良いでしょう。
 


こういった外的ダメージや季節に応じたケアができていないと肌不調を感じやすくなります。

■秋の乾燥肌を防ぐスキンケア法&良いと評判の「オルビスユー ローション」レビュー

「洗顔後に乾燥しやすい」「なんだか肌がカサつく」「肌が乾燥しやすい」と感じる「秋の乾燥肌」はどうやってスキンケアするのが良いの?という方のためにエステティシャンである筆者がスキンケア法をご紹介します。
 
今回、口コミや愛用者も多い(筆者も3本目!)「オルビスユー ローション」を使用しますが、お家にあるアイテムを代用するのでもOKです。

オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

1.洗顔 

洗顔

洗顔

肌に付着している皮脂や汚れを洗顔で落とします。
洗顔は泡を立てて、泡を潰さないように優しく広げるように洗いましょう。
 

2.化粧水を肌になじませる 

化粧水

化粧水

500円玉大ほどの量を手にとり、肌に広げます。
 

オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

3.蒸しタオルで温パック

温パック

温パック

フェイスタオル一枚とラップを用意します。
フェイスタオルを縦半分に折り、さらに半分に折り、クルッと巻きます。
水で濡らして絞り、ラップに包んでレンジで約40〜50秒温めます。
一枚目のラップは口の下に当ててフェイスラインを包むように、二枚目のラップは頬からおでこにのせるように置きます。
 
温めたフェイスタオルを少し冷まして、熱さを確認しながら鼻と口を避けながら約2分のせます。

★肌の表面と内側が乾燥していると、角質が硬くなっていてスキンケアの浸透が悪く感じたり、冷えによってくすみが目立ちやすくなるため、化粧水を一度なじませた後、顔を温めて保湿することで角質を柔らかくほぐし、のちのスキンケアの浸透を高めます。

4.化粧水をもう一度浸透させる 

オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

フェイスタオル、ラップを外します。
もう一度、化粧水を手に取り(500円玉ほどの量)、手のひらを顔に密着させて、顔を包み込むようにハンドプレスします。

5.乳液、クリーム 

乳液、クリーム

乳液、クリーム

乳液は100円玉ほどの量を手に取り、手のひらを顔に密着させて、顔を包みこむようにハンドプレスをします。
 
クリームは小指の第一関節半分くらいの量を手に取り、両頬、おでこ、鼻、あごにのせて、顔全体に広げたあと、ハンドプレスしながら重ねます。
 

オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

ビフォーは肌が少しカサついていたり、ガサつき、くすみがありましたが、アフターを見ると血色が良くなっています。


角質をほぐしながら化粧水がぐんぐん吸い込んでしみ渡るような感覚と、スキンケア後は肌が潤って、ふっくらもちもちしています。

オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

「オルビスユー ローション」のテクスチャーは、とろみのあるタイプで、肌に広げるとなめらかでトロトロ感が気持ちいいです。



オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

とろみがあるタイプといえばベタッとしたり、なじませた後もペタペタするような感じの印象ですが、「オルビスユー ローション」は肌になじませてしばらくするとスーッとしみ込むような”とろぱしゃ”感で、ベタつく感じは残らず、何度も重ねづけしたくなるような心地良さ。


オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

左:オルビスユー ローションを塗ったあと/右:何も塗っていない


見比べても、余計なベタつきやテカリ感が残っていません。


とろけるようなみずみずしさ&瞬時にうるおいを補って肌の内側からしっとり保湿する感じなので「ベタつくのは苦手だけど、うるおい、保湿力はしっかり欲しい」という人にはとても良いと思いました!
 

オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

「オルビスユー ローション」の使用感、使い心地の良い理由は、とろみのあるテクスチャー(とろみ膜)には美容成分が抱え込まれていて、肌になじませた瞬間にぱしゃっと弾けるように美容成分が浸透し、浸透しながらとろみ膜が再形成することでうるおいヴェールを纏ったようなしっとり感を作ることができるから。
 こういったことから、肌に浸透した後のみずみずしさ、しっとりした質感を保てます。


オルビスユー ローション

オルビスユー ローション

カサつきや潤いが足りないなど秋の乾燥肌が気になる人、今の化粧水では保湿力が物足りない気がする、ベタつくのは苦手だけど潤い感が欲しいという方は「秋の乾燥肌を防ぐスキンケアの方法」を取り入れたり「オルビスユー ローション」を試してみてくださいね♡
 
 
提供:MAQUIA ONLINE編集部
 

チーム★マキア/スキンケア

Ayumi

1年目/混合肌/イエローベース

エステティシャンおすすめコスメと美容法を伝授

自身の肌コンプレックスから美容業界へ進み14年目。メイクやスキンケアコスメが好きで、どういった特徴があるか、どんな肌タイプにおすすめかなどを見極めるのが大好き。その人の肌にあった美容法をマキアブロガーを通じて発信していきます。

share