2023年のブライトニング市場を牽引する新作コスメを、友利 新先生&石井美保さんの目利きコンビがそれぞれの視点でジャッジ! これを読めば、今年買うべき、自分が求めるブライトニング&UVがわかるはず。

友利新 石井美保 2023 ブライトニング UV

理論派 友利 新・感性派 石井美保が本音でジャッジ
新作ブライトニング & UV、ここがスゴい!

<理論派>最新テクノロジーに注目

皮膚科医の視点から、最新コスメを鋭く見極める。人気のアイテムや話題の美容成分を紹介するYouTubeチャンネルは、登録者数75万人超え。

毎年想像を超えてくる各社の研究・技術力に拍手!
「職業柄、肌トラブルの原因解明や新規成分が肌にどう働くのかなど、開発者による製品解説に心を掴まれます。特に今年のブライトニング製品は、シミやくすみの根本原因を突き止め、そこに働くものがたくさん。まだまだアップデートの余地があったの!? と本当に驚かされました。UVアイテムもただ日焼けしないだけではなく、紫外線を浴びた先のトラブルを鎮静するものが登場。止まらぬ進化に、ますます目が離せません

<感性派>直感を信じて使用実感を追求

まつ毛エクステ・ネイル・エステサロン「Riche」代表。「こすらない洗顔」や「肌アイロン」の美容法を提唱し、レタッチ要らずの美肌の持ち主。

試し抜いて相性の良い美白&UVを見極め。今年は使い続けたい秀作揃い
「私がブライトニングやUVケアに求めるのは、第一に心地よさ。使い続けたいかどうかがアイテム選びの鍵に。また、ブライトニングだったら一度で感じられる手応えも大切な判断材料。毎年たくさんの新作に触れているだけに、肌にのせた瞬間に自分に合うかどうか、結果が期待できるかがわかるようになりました。今年は使ってすぐにトキメキを感じるものが多く、美白へのモチベーションが高まっています!

メラノサイトの根源攻めでブライトニングの定義が変わった!

石井 今年のブライトニング美容液は、ひとつ先の新しいステージに突入した感じがしない?
友利 するする! これまではメラニンが伝達されるプロセスに働くものが多かったけど、今期はその根源であるメラノサイトに注目したものが多く発表されたのが印象的。
石井 メラノサイト自体の働きを阻害すれば、シミやくすみのそもそもの要因が生まれないっていうことだよね。
友利 その通り。メラノサイトへのシグナルを遮断してしまえば、メラニンの受け渡し自体が起こらないからね。
石井 それって最強じゃない?
友利 画期的だったのはONE BY KOSÉ(A)。紫外線を感知すると、メラノサイト同士で共鳴しあって、メラニンの産生力をより高めてしまうということを解明。そこで、メラノサイトの共鳴を遮断する成分を探し出し、シミの数や濃さを減らしてくれる美容液が生まれたの。
石井 アスタリフトの美容液(B)もメラノサイトに働くものだったよね?
友利 そう。これまでは真皮にしか存在しないと考えられていた、髪の色素の元となるメラノサイト幹細胞が、実は表皮にも存在することを突き止めたの。幹細胞という名の通り、メラノサイトを生み出す細胞なんだけど、その活性を抑えることでメラノサイトが増えるのを抑えてくれるという頼もしい1本。
石井 私が気になったのは、コスメデコルテのホワイトロジスト(C)。メラノサイトから縦に分化したメラニン細胞は、そのままターンオーバーにのって表面に代謝されていくけど、横に分化すると代謝されずにずっと居座り、くすみやシミの原因になるという研究結果に驚愕!
友利 ブライトニング製品の開発は、メラニン生成のメカニズムの解明でどんどん進化するから、まさに各メーカーの研究技術の賜物だよね。 

シミの根源にアプローチ

これまではシミができる過程にアプローチするものが多かったが、今期は基底層のシミ根源に働く美容液が続々登場!

シミの根源にアプローチ

A シミの発生源を3Dで解析し、メラノサイトの共鳴を発見。[医薬部外品] 40ml ¥5830(編集部調べ)/コーセー(2月16日発売) B メラノサイトが幹細胞から分化するのを抑制。炎症因子の発生も抑える。[医薬部外品] 40ml ¥7150/富士フイルム(3月1日発売) C コウジ酸が肌全体の透明感にも働き、点と面の両方から攻める。[医薬部外品] 40ml ¥16500

炎症ケアがブライトニングに定着。
黒・黄だけでなく赤ぐすみにも対応

友利 美保さん、最近これまで以上に肌の透明感が高まってる気がするんだけど、ケア方法や使う製品変えた?
石井 新ちゃん、鋭い(笑)。実は最近、ブライトニングに赤みケアをプラスしたの。というのも、月1でクリニックのレーザー治療を受けているんだけど、なかなかくすみが抜けなくて。そうしたら先生から赤みに効くレーザーを勧められて、試してみたら劇的な効果が!
友利 なるほど。くすみの原因ってメラニンによる黒色化や糖化による黄ばみだけだと思われているけど、実は赤みもくすみノイズの要因。
石井 赤みは炎症だから、美白とはあまり関係ないと思っていたんだけど、炎症とくすみって実は密接に繋がってるのよね。
友利 炎症がメラノサイトを刺激して、メラニンスイッチが入ってしまうということが科学的に解明されて、今期は特に、炎症鎮静効果のあるブライトニングアイテムがすごく多かった。
石井 メラニン生成の引き金をブロックしてくれるのは、本当に頼もしい!
友利 欲張りなマキア読者には、さらにシワをケアするデュオのシートマスク(A)、シミを集中ケアするシャネル(B)、肌荒れも鎮めるファンケル(C)がおすすめ。ブライトニング美容液ってひと言で括るにはもったいない多機能ぶり。
石井 あと、炎症による赤みに効いたのはポーラのドリンク(D)! 赤みがスッと引くから、ひと箱すぐ飲み終わっちゃった。
友利 ポーラは血中のTARCという炎症物質に注目しているんだけど、これはアトピー性皮膚炎の赤みの原因とも言われている物質。TARCの産生量を抑えて、赤みのない透明感を目指そうという理論なんだけど、化粧品会社がTARCに着目するのは珍しいし、革新的。
石井 美白コスメの研究も医療級に進んでるんだね。

炎症ケアでくすみレス

肌内部の炎症がメラニン排出を活性化させることが解明され、炎症ケアから美白を狙うアイテムにも注目が集まった。

炎症ケアでくすみレス

A ナイアシンアミドのほか、抗炎症作用の高いトラネキサム酸を配合。[医薬部外品] 19ml×4枚入 ¥2750/プレミアアンチエイジング(3月22日限定発売) B レモンバームエキスが炎症を鎮静。そばかすやたるみ毛穴にもアプローチ。[医薬部外品] 20ml ¥22000(2月10日発売) C グリチルリチン酸ジカリウムで肌荒れしにくい肌に。[医薬部外品] 18ml ¥3300(2月16日発売) D 血液中のTARCの増殖を防ぐ。30ml×10本 ¥6264(2月1日発売)

\ MAQUIA 3月号をチェック /

「MAQUIA 3月号」試し読みはこちら

MAQUIA3月号
撮影/岩谷優一〈vale.〉(人物) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/鈴木京子(友利先生) Ruri〈air〉(石井さん) スタイリスト/槇 佳菜絵(友利先生) 青木宏予(石井さん) 坂下シホ(物) 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2023年1月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share