柔らかでみずみずしい潤い感のあるお肌は、ふんわりとした女の子らしさをを演出します! 今回は、そんなうるふわ肌を完成させるベースメイクのつくりかたを「MAQUIA」3月号からお届けします。

Image title


Items

Image title

繊細なパールで明るいツヤを与えるライラック色の下地。シアーグロウ リキッド 25㎖SPF25・PA++¥6000/SUQQU(3月4日限定発売)

Image title

b 美白ケア&ハイライト効果あり。DW10 クチュール ホワイト コンパクト SPF20・PA+++ 全4色¥7400/パルファム  ジバンシイ(2月5日発売) 

Image title

c 凹凸にもぴたり、ななめフラットが優秀。#196 フラット トップ ファンデーション ブラシ ¥5900/M・A・C

Image title

d 繊細なパールのハイライターとチークはどちらも使い勝手バツグン。ブラッシュデュオ 5125 ¥4400/NARS JAPAN(限定発売) 

Image title

e きめ細かい仕上がりを約束。クリームからパウダリーまでマルチに使える一本。#190 ファンデーション ブラシ ¥5700/M・A・C


下地

1 あらかじめグローな下地でツヤを強化

Image title

ツヤ感高めのaの下地を顔に5点置きして指で塗り広げる。


2 下地の塗りムラ予防に“ひと手間”は忘れずに

Image title

とくに小鼻周りなど、たまりやすい部分はていねいに。


3 フェイスラインはツヤなしが自然!

Image title

点線の内側だけに下地をのせ、フェイスラインは自然にボカす。


【次ページをチェック】ブラシの活用がポイント!ファンデとハイライトの塗り方≫≫

ファンデーション

4 パウダリーはブラシで磨いてツヤを出す

Image title

cのブラシにbをとり、顔の内から外に放射状に磨きづけ。


5 崩れやすいパーツはブラシをひと工夫

Image title

小鼻周りや口元などはブラシの先を使い、きちんと密着させて。


ハイライト

6 ハイライトを駆使してツヤを強調

Image title

dの左のハイライトをeにとり、頬骨に沿ってのせていく。


7 目頭のくぼみはピュア感アップの鍵

Image title

目頭側の凹みにもdの左で光を補うと、ピュアな印象がアップ。


8 まぶたの凸部分にも光を足してツヤ出し

Image title

dの左のハイライトを指にとり、まぶたの凸部分にオン。


9 顎先にも光を足せば顔立ちにメリハリが

Image title

8と同じように、指でdの左を顎先にポンポンとのせる。


【次ページをチェック】粉っぽさを感じさせないチークと仕上げのポイントを教えます≫≫

チーク

10 パールのツヤありチークをブラシづけ

Image title

dの右を頬の中央から外に、スナップをきかせるようにつける。


仕上げ

11 顔のフレーム部分は手の平でなじませて

Image title

3の下地を省いた箇所との境目を手の平でなじませ、終了。


粉っぽさを感じない清楚なツヤ感が完成

Image title

うるおった肌を粉で磨き、光の帯を足すことで内側から発光したような美肌に!


「MAQUIA」3月号

撮影/彦坂栄治〈まきうらオフィス〉(モデル) 河野 望(物)ヘア&メイク/岡田いずみ〈KiKi inc.〉 スタイリスト/辻村真理 モデル/スミス 楓 構成・文/畑中美香 企画/芹澤美希(MAQUIA)


【MAQUIA3月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年7月20日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。9月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share