人からは見えない部分だけれど、実は見た目も気持ちもぐっと上げて整えてくれるのが、下着という存在。肌のいちばん近くで体に寄り添う、最新下着事情をご紹介。

下着 キレイ ランジェリースタイリスト 浅井明子

整える・育てる・やさしく包む

私を美しくする「下着」のはなし

下着の力を借りて
自分の気分とキレイを高めよう

自分に合った下着でいつだって心地よく

美容家

山本未奈子さん

「出産後はカップつきキャミソールに頼った時期もありますが、基本的には自分に合った下着をつけています。見えない部分も整えておきたいし、ラインがすっきりして気分も上がります! フィット感がいいものを選べば、疲れることもなく快適ですよ」

肌で素材を味わって360°素敵な自分に

ランジェリースタイリスト

浅井明子さん

「どんなボディラインになりたいか、どんな下着をつけたら気持ちが上がるのか、考えながら下着を吟味してみて。快適さや格好よさに敏感になると、体はどんどん整っていきます。コスメと同じように、下着も季節や服のイメージによって使い分けて、キレイを格上げしましょう」

「下着」でキレイが咲く理由
快適なブラ習慣で評判の浅井明子さんに、下着にこだわるべき理由をききました。

姿勢が整い、服がすっきり着られる
胸が上がり、脇すっきり。
おしゃれが決まるボディに
「ボリュームに関係なく、加齢と共に胸は下がってきます。ブラにはそんなバストを引き上げるだけでなく、背中や腕周りがすっきり見える効果も。バストトップが上がるのですっきりした印象になりますし、デコルテがふっくら整うと顔立ちまで違って見えます」(浅井さん・以下同)

ブラジャー ¥12100/リアンジェ神宮前店(チェスニービューティー)

マキアビューティズの佐藤さんが着用したのは、ワイヤー入りだけれど締めつけ感が強すぎないもの。「ふだんはワイヤーなし派。ワイヤーブラでも苦しくなくてキレイに見えて嬉しい!」。肩紐もベルトも安定感のあるほどよい太さで美胸に。ブラジャー ¥12100/リアンジェ神宮前店(チェスニービューティー)

下着を正しくつけた場合の見え方

カップつきキャミの場合
カップつきキャミだとバストトップの位置が左右に広がって低めに。脇やお腹ももたついた印象。

下着を正しくつけた場合
胸の位置がキュッと上がり、脇もすっきり。メリハリが出てウエストもくびれすらり美姿勢に見える。

自分らしさが追求できる
なりたいイメージに合わせ
デザインも技術も多様化
「“補整下着=体を押し込めるもの”と思っていたら大間違い! 今は、ボディラインを楽しめるやさしい補整ものから、つけていることを忘れそうなラクな着心地のものまでバリエ豊か。さまざまな体型や好みに応じたものがあるので、自分に似合う一枚を見つけて」

田中みな実×PEACH JOHNファーストガードル ¥5478/ピーチ・ジョン

パンツやタイトスカートをキレイにはきたい時にぴったりな、苦しくないガードル。田中みな実×PEACH JOHNファーストガードル ¥5478/ピーチ・ジョン

あのヴィクトリアズ・シークレットも、年齢や体型にとらわれない下着のあり方を提案。

あのヴィクトリアズ・シークレットも、年齢や体型にとらわれない下着のあり方を提案。着心地のよさが最優先に。(画像はInstagram@victoriassecretより転載)

「私に合う」が見つかる
技術の粋を尽くし
女性の悩みに寄り添う
「ランジェリーのマーケットはここ5年ほどでがらりと変化。さまざまな体型に合ったものが生まれていて、たとえばかゆみや汗、生理時の不快感などを軽減する素材やデザインが考案され、選択肢が豊富に。お手入れもぐっと簡単になってきており、自分のライフスタイルや体型悩み、肌悩みに合ったものが必ずあるはずです」

分離型吸水サニタリーショーツ スタンダード ¥3080、吸水パッド ¥1320/ayame(タカギ)

着脱可能なパッドと、持ち運ぶための防水ケース付き。分離型吸水サニタリーショーツ スタンダード ¥3080、吸水パッド ¥1320/ayame(タカギ)

基本のつけ方
「アンダーベルトを上の位置につけている人が意外と多いので、最後に下げるのがコツ」

腕を通してホックを留める

1 腕を通してホックを留める
前かがみになる必要はなく、立った状態で肩紐をかけてホックを留め装着。

カップに胸を入れ込む

2 カップに胸を入れ込む
ワイヤーの縁を片手で支え、逆側の手を上から差し入れ、胸を入れ込む。

肩紐を後ろに送る

3 肩紐を後ろに送る
肩紐は肩のところで指を差し入れ、前から後ろにすべらせてフィットさせる。

ベルトを下げて快適に

4 ベルトを下げて快適に
背中側でアンダーベルトを下げる。ベルトが肩甲骨にのると苦しいので注意。

MAQUIA 6月号
撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉(モデル) 高村瑞穂(物) ヘア&メイク/イワタユイナ ランジェリースタイリスト/浅井明子 モデル/高田里穂 佐藤さき(マキアビューティズ) イラスト/saaya 取材・文/高見沢里子 構成/村岡真知子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2022年9月21日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。11月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share