情報社会においてストレスを完全に回避するのは難しいもの。「MAQUIA」11月号では、そんなストレスを上手にリリースする方法を特集。今すぐできる、五感を意識した簡単テクを紹介します。
Image title


今すぐできる
五感を駆使して、ボジティブ脳に
ストレスリリースのすすめ


お話を伺ったのは

博士(人間科学)

山口 創先生

桜美林大学教授。臨床発達心理士。体とのつながりから心をとらえる身体心理学が専門。著書に『脳からストレスが消える「肌セラピー」』など。

抱きしめる・笑う・泣く・嗅ぐ…五感を駆使してポジティブ脳になるストレスリリースのすすめ_1_1

ストレスリリース法3

抱きしめる

スキンシップでストレスを緩和

 じつは5分ほどのスキンシップで「しあわせホルモン」と呼ばれる天然のストレス緩和物質・オキシトシンの分泌が可能に!

「分泌のしやすさには個人差がありますが、分泌量自体はスキンシップによって誰でも増やせます。オキシトシンはストレス緩和だけでなく、自律神経のバランスを整えたり、血流促進や入眠作用、老化した細胞を若返らせる働きもあります」(山口先生)

抱きしめる・笑う・泣く・嗅ぐ…五感を駆使してポジティブ脳になるストレスリリースのすすめ_1_2

ストレスリリース法4

笑う・泣く

涙でストレスホルモンを排出!

 なんと口角を上げるだけで、脳は「楽しい」と勘違いして免疫活性が上がるそう。

「また、悲しい時の涙にはストレスホルモンのコルチゾールが含まれているので、涙を流すことで直接排出されるデトックス効果が。思い切り泣いた後に口角を上げるとより効果的です」(山口先生)


Image title

口角を上げる=笑顔=楽しいと脳が認識し、ポジティブな気持ちに。メイク中や仕事中など、気づいたら口角を上げる習慣をつけて。

抱きしめる・笑う・泣く・嗅ぐ…五感を駆使してポジティブ脳になるストレスリリースのすすめ_1_3

ストレスリリース法5

嗅ぐ

香りのチカラで脳にアプローチ

「嗅覚と触覚は、脳に与える影響が大きい本能的な感覚。アロママッサージのように“香り”と“触れる”を組み合わせることで相乗効果が。たとえばクラリセージはオキシトシンを分泌させる効果があり、ラベンダーはリラックス効果が明らかになっています」(山口先生)


(右)緊張を緩め、疲れから解放。ストレス フィックス シリーズ ラベンダー ロールオン アロマ 7mℓ¥3200/アヴェダ (左)クラリセージの全草から丁寧に抽出。クラリセージ・オーガニック 5mℓ¥4600/ニールズヤード レメディーズ

抱きしめる・笑う・泣く・嗅ぐ…五感を駆使してポジティブ脳になるストレスリリースのすすめ_1_4
抱きしめる・笑う・泣く・嗅ぐ…五感を駆使してポジティブ脳になるストレスリリースのすすめ_1_5
抱きしめる・笑う・泣く・嗅ぐ…五感を駆使してポジティブ脳になるストレスリリースのすすめ_1_6


MAQUIA11月号

撮影/資人導〈vale.〉(モデル)  ヘア&メイク/榛沢麻衣 スタイリスト/立石和代 モデル/加治ひとみ イラスト/miya 構成・文/国分美由紀 企画/髙橋美智子(MAQUIA)


【MAQUIA11月号☆好評発売中】

MAQUIA書影

MAQUIA2021年1月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。3月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share