「MAQUIA」6月号では、今注目される栄養素のひとつ・たんぱく質について徹底分析。「美肌」のためのたんぱく質の知識をプロが教えます!

ハリもうるおいも!「たんぱく質」なくして美肌はならず_1

筋肉や美肌だけじゃない! メンタルや免疫にも深く関係

たんぱく質がよくわかる100知識

教えてくれたのは...
上西一弘先生

女子栄養大学教授

上西一弘先生

スポーツ栄養学の観点から選手の体作りを研究。たんぱく質に関する著書多数。

岡部美代治さん

ビューティサイエンティスト

岡部美代治さん

化粧品の基礎から製品化までを研究してきた経験を基に、正しい美容情報を発信。

大島菊枝さん

管理栄養士

大島菊枝さん

東京農業大学卒。著書に『一生太らない食べ方習慣 朝ごはんはすごい』(ワニブックス)。

ハリもうるおいももたらす立役者
たんぱく質でもっと美肌に
たんぱく質は肌の材料になるだけでなく、コスメの成分としても活躍。たんぱく質なくして美肌はならず!

肌内部の様々なたんぱく質

 表皮 
肌の一番外側の薄い膜が表皮。細菌など異物からの防御や、体温維持、水分の蒸散防止などの役割がある。

 真皮 
表皮の奥の厚さのある層が真皮。血管から栄養が運ばれ、肌の質を保つたんぱく質を合成。

コラーゲン
肌の奥の真皮にフェンスのように張り巡らされていて、肌のハリを生み出す働きがある。

エラスチン
コラーゲン同士をつなぎとめるクリップのような役目があり、肌の弾力を生み出す。

角質層
表皮の角化細胞は角質層を形成し、ケラチンという線維状のたんぱく質を抱え込んでいる。

基底膜
表皮を支え、表皮と真皮をつないでいるのが基底膜。おもにコラーゲンで構成されている。

線維芽細胞
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを合成する美肌にとって重要な細胞。

ヒアルロン酸
肌の水分を保持し、うるおいをキープする成分。ヒアルロン酸を作る酵素はたんぱく質。

たんぱく質不足だと、
肌荒れ、肌の乾燥、
ハリの低下、たるみが起こる
「たんぱく質は肌を作る原料。不足すると、肌荒れや乾燥、ハリの低下、たるみなどが生じやすくなります。たんぱく質不足を改善しただけで肌が見違えるほどキレイになった例も」(上西先生)


コラーゲンたんぱく質
「美肌成分として有名なコラーゲンは、実はたんぱく質。肌の奥の真皮に張り巡らされ、ハリを保つ働きをしています。シワやたるみのない肌を維持するために重要な存在です」(上西先生)


エラスチンたんぱく質
「コラーゲンとともに肌のハリを保つ働きがあることで知られるエラスチンもたんぱく質。肌の真皮でコラーゲンをつなぎとめる役割があり、これによって肌の弾力が生まれます」(上西先生)


コラーゲン加齢とともに
変性、劣化していく
「真皮の線維芽細胞の働きは加齢とともに低下。コラーゲンが減っていくうえ、質も変性・劣化していくので、ハリを保てなくなり、シワやたるみが生じやすくなります」(上西先生)


コラーゲンの入れ替えには
意外と時間がかかる
「肌の表皮は28日程の周期で入れ替わりますが、真皮のコラーゲンが入れ替わる速度は1年以上とも数年単位とも言われ、非常に長くかかります。長くとどまって紫外線や糖化のダメージが蓄積していくので、良質のたんぱく質を摂ったり、紫外線や糖化を防ぐことが大切です」(岡部さん)


コラーゲンやエラスチン
紫外線・糖化でも劣化する
「紫外線はエネルギーが強くコラーゲンやエラスチンの劣化を最も進める原因。紫外線は活性酸素を発生させたり、糖化を進めるため、コラーゲンやエラスチンが変性して硬くなり弾力性が失われます。紫外線や糖化対策が重要」(岡部さん)

1スーパー UVカット ハイパフォーマンス デイクリーム SPF50+・PA++++ 50g¥11000/アルビオン 2アヤナス エッセンス コンセントレート 36g¥8250/ディセンシア

1 肌内部の抗酸化力を高め、紫外線への抵抗力をアップ。スーパー UVカット ハイパフォーマンス デイクリーム SPF50+・PA++++ 50g ¥11000/アルビオン 2 糖化物質のAGEsを分解させるシモツケソウエキス配合。アヤナス エッセンス コンセントレート 36g ¥8250/ディセンシア

コラーゲンやエラスチンの劣化
バランスのよい
たんぱく質の摂取で防げる

「コラーゲンやエラスチンの劣化を防ぐには、材料となるたんぱく質が不足しないように補うことです。アミノ酸をバランスよく含む良質のたんぱく質とともに、ほかの栄養素もしっかりよく摂れば予防に」(上西先生)


たんぱく質まとめ摂りNG
「たんぱく質は1回で吸収できる量が限られているので、1回の食事で1日分の量をまとめて摂るのはおすすめできません。不足しないように、3食に分けてこまめに補うほうが効率よく体で働きます」(大島さん)


ヒアルロン酸を作る酵素たんぱく質
「体で働く酵素はたんぱく質でできていて、ヒアルロン酸を作る酵素もたんぱく質。また、同じく肌の水分を保つセラミドを作る酵素もたんぱく質。肌のうるおいを保つのにたんぱく質は不可欠なのです」(岡部さん)


毛穴詰まりや白ニキビ、
くすみたんぱく質が原因
「毛穴を詰まらせる古い角層はケラチンというたんぱく質。代謝されず皮脂などとくっつくと角栓などの原因に。除去するには、たんぱく質を分解するパパイン酵素や、皮脂を溶かすリパーゼなどが含まれた洗顔料が効果的」(岡部さん)

1スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュN 0.4g×32個 ¥1980(編集部調べ)/カネボウ化粧品 2デイリーマイクロフォリエント 74g¥9020/ダーマロジカ 3チャントアチャーム パウダーウォッシュ 0.8g×34包 ¥2750/ネイチャーズウェイ 4フォトホワイトC 薬用ホワイトウォッシングEX 90g¥3080/ドクターシーラボ

1 たんぱく質分解酵素プロテアーゼやリパーゼで毛穴の汚れを除去。スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュN 0.4g×32個 ¥1980(編集部調べ)/カネボウ化粧品 2 米由来酵素やパパインを配合。デイリーマイクロフォリエント 74g ¥9020/ダーマロジカ 3 パパイン酵素で古い角質や角栓を優しく分解。チャントアチャーム パウダーウォッシュ 0.8g×34包 ¥2750/ネイチャーズウェイ 4 リパーゼとクレイで落とす洗顔フォーム。フォトホワイトC 薬用ホワイトウォッシングEX 90g ¥3080/ドクターシーラボ

摂ったたんぱく質
優先順位で届く
「摂ったたんぱく質はアミノ酸に分解され、そのとき体で一番必要としている部分に届けられます。肌に届くのは最後と言われますがそうとは限らず、そのときの優先順位によります」(上西先生)

今回は内臓に回そう!

食べたコラーゲン
すべて肌に届くとは限らない
「コラーゲンが多い食品を摂っても、体内でアミノ酸に分解されて必要な部分に届けられるので、コラーゲンの形のまま肌に届くわけでも、すべてが肌に届くわけでもありません。肌のためにはアミノ酸バランスのよい良質のたんぱく質を補うのがポイント」(岡部さん)


コラーゲン食品
美肌作りに役立つと
いう研究成果がある
「コラーゲンに含まれるペプチドは、小腸から吸収されるとその構造を保ったまま血管に入り、線維芽細胞に働きかけコラーゲン産生を促すという研究報告も。ペプチドの形で摂るのは有効と言えます」(岡部さん)

1ザ・コラーゲン〈ドリンク〉 50ml¥270(編集部調べ)/資生堂薬品 2 gg ヘスペリジン&コラーゲン 100ml×15本 ¥3240/江崎グリコ

1 低分子コラーゲンペプチドや、美容特許成分コケモモ+アムラ果実配合。ザ・コラーゲン〈ドリンク〉 50ml ¥270(編集部調べ)/資生堂薬品 2 魚由来低分子コラーゲンペプチドで肌の弾力低下を抑制。gg ヘスペリジン&コラーゲン 100ml×15本 ¥3240/江崎グリコ

MAQUIA 6月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉 ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/黒崎 彩〈Linx〉 モデル/佐々木莉佳子(アンジュルム) イラスト/熊野友紀子 取材・文/和田美穂 構成/山下弓子(MAQUIA) 撮影協力/UTUWA


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

MAQUIA書影

MAQUIA2021年6月22日発売号

集英社の美容雑誌「MAQUIA(マキア)」を無料で試し読みできます。8月号の特集や付録情報をチェックして、早速雑誌を購入しよう!

ネット書店での購入

share